あなたでも借りれるかも!?専業主婦がキャッシングするための条件をチェックリストで確認!

MENU

専業主婦がキャッシングするための条件をチェックリストで確認!

 

キャッシングを利用する方は、急な出費にどうしても、対応出来なかったという方が多いのですが、この場面に遭遇しやすいのが、専業主婦ではないでしょうか。家計のやりくりに日々、追われている専業主婦の方ですが、キャッシングを利用したいときには、どのようなことをすれば良いのでしょうか。

 

キャッシングを果たして、利用出来るのでしょうか。厳しくはありませんが、何かと問題があります。

 

専業主婦がキャッシングできる条件とは?

急な出費に対し、お金を工面しなければいけなくなったとき、キャッシングなどを利用し、一時的にお金を借りるわけですが、2010年に貸金業法が改正され、総量規制が導入されました。このことにより、専業主婦は、簡単にお金を借りることが出来なくなったのです。総量規制は、個人の借入可能額が年収の3分の1までに制限されることです。

 

例えば、年収300万円の方は、100万円以下でしか、借入出来なくなったのです。この総量規制が導入されたことにより、大手消費者金融の多数が、借入する本人に収入が無い方に対し、申込を断るという事態にまで発展してしまったのです。そのため、専業主婦は、無収入ですから、借入をすることが不可能なのです。

 

しかし、専業主婦でも、キャッシングが出来る条件があります。配偶者貸付と銀行ローンです。この2種類の条件であれば、キャッシングを行うことが出来ます。

 

配偶者貸付が可能な方は、配偶者に安定した収入があるかどうかが判断されます。専業主婦でも、安定した収入のあるパートやアルバイトを始めるだけで、借入出来る枠が広がりますので、配偶者の収入が安定していない場合には、早急に仕事を始めるという方法も存在します。

 

自分に収入があるかないかで利用出来る幅が広がるのです。配偶者貸付を利用し、キャッシングを行うのでれば、まず、配偶者貸付に対する知識を持たなければなりません。配偶者貸付は、専業主婦のために設けられた総量規制の救済システムです。

 

夫婦の年収を合算し、その金額の3分の1までなら、借入が可能になるシステムです。しかし、この配偶者システムを利用するためには、3つの条件が付随しないといけません。

 

  • 1つ目は、年収額を合算する二人が確実に夫婦であるかどうかということです。
  • 2つ目は、配偶者に安定した収入があることです。
  • 3つ目は、絶対に必要なものです。これは、配偶者の同意書です。

 

この3点が揃えば、配偶者貸付を利用し、キャッシングを利用出来ることになるのです。配偶者に安定した収入があるのであれば、銀行ローンもおすすめです。銀行ローンは、総量規制の対象外であるため、審査さえ、通過すれば、専業主婦だとしても、キャッシングによってお金を借りることが可能となります。

 

しかし、無収入であれば、審査通過は難しいというのが現状です。しかし、多数の銀行ローンのキャッシングは専業主婦の方でも、利用出来ますので、キャッシングを利用するのであれば、検討する価値はあります。

 

年収は個人ではなく夫婦で計算できる

配偶者貸付とは、総量規制の対象外であり、配偶者と合算した年収の3分の1の貸付というシステムです。総量規制により、無収入である専業主婦は、借入をすることが不可能になりましたが、配偶者貸付により、借入出来るようになったのです。例外が認められたということになります。銀行からの融資であれば、総量規制の対象外ですから、配偶者貸付を利用せずに借入を行うことができます。

 

配偶者貸付で借入する例を挙げてみましょう。

夫が年収600万円、借入0円、妻が年収0円、借入0円の場合、夫の年収である600万円の3分の1である200万円まで借入することが可能です。しかし、もし、妻が200万円の借金をした場合、夫はお金を借りることが出来ません。

 

もうひとつ例を挙げてみます。

夫が年収500万円、借入50万円、妻が年収0円、借入0円の場合、夫の年収である500万円の3分の1である166万円まで借入できますが、夫に50万円の借入が既にあるため、その分を引いた116万円まで借りることが出来ます。消費者金融からの借入が、1社から50万円、複数から100万円になる場合は、収入証明書が必要となります。

 

専業主婦の方は、無収入であるため、キャッシングを利用することはほぼ、出来ませんが、配偶者との年収を合算するという配偶者貸付を利用すれば、専業主婦の方でも、キャッシングを利用することが可能となるのです。

 

個人の年収ではなく、夫婦として、年収を合算することが出来れば、可能なのです。

 

しかし、実際、配偶者受付のメリットは、夫婦間の年収を合算すると、お金を借りることが出来るということだけであって、大きなメリットではありません。理由は、配偶者に対してキャッシングしていることを内緒に出来るわけではないからです。その事実を鑑みてみると、個人で借りた方が、波風は立たないでしょう。

 

銀行ローンのキャッシングを利用するべきです。それから、配偶者受付に対応している会社自体が少ないことも問題として残ります。大手のキャッシングサービスでは、契約者に安定した収入があることを条件としていますから、契約はしてくれないのです。よって、配偶者貸付に対応してくれているキャッシングサービスだったとしても、審査は厳しいというわけです。

 

銀行カードローンであれば、自分の名義で申込出来ますし、そもそも、無収入であっても、借入出来る可能性はあります。その場合でも、配偶者の同意が必要になることは、記憶に留めておくべきです。

 

夫に安定収入があるのが大前提

専業主婦の方がキャッシングを行う場合、無収入でありますから、キャッシングを利用出来る可能性は低いのですが、配偶者貸付のように配偶者、つまり、夫に収入があれば、借入することに関しては、有利となります。

 

ここで確認しておきたいことがひとつ、存在します。専業主婦であっても、無収入であれば、信用度が存在しないということです。お金を貸す側としては、その貸したお金が戻ってこなければ、話になりませんから、当然、無収入であれば、お金は貸せないということになります。

 

専業主婦の方も無収入ですから、配偶者に収入があれば、貸したお金は、そこから捻出可能と考慮するのが、常ではないでしょうか。貸金業法では、無収入である専業主婦が借入を行う配偶者貸付には厳しい規制が掛かっていて、専業主婦が借入を行う場合、夫の同意書及び夫の収入確認が必要であること、そして、借入限度額は、夫婦収入合算において、夫の年収の3分の1以内の総量規制の範囲内という条件が定められています。

 

この事実は、やはり、専業主婦にお金を貸すときには、夫に収入が存在することを重要視していることが確認出来ます。判断材料に乏しい専業主婦の方は、審査でも厳しく判断されることが多々、あるのです。要するに、個人信用情報を活用されることになります。個人情報を活用することにより、お金を貸しても、問題が無いと判断されれば、審査通過となるわけですが、もし、クレジットカードの支払状況に問題が発生した場合、夫の給料が低いかもしれない、と詮索されるかもしれません。

 

銀行のカードローンにおけるキャッシングは、専業主婦の方でも利用出来ますが、それには、理由が存在します。専業主婦への評価は、夫の収入となります。要するに、個人への判断ではなく、世帯収入に着目するのです。その世帯に返済能力があるかどうかを見るわけです。収入証明書が必要なときもありますが、不要となる場合もあります。夫の氏名や勤務先、年収などを申告する必要性があるかもしれませんが、夫本人や夫の会社に連絡するというようなことはありません。

 

何故、銀行が専業主婦に返済能力があると認めてくれるかというと、専業主婦であることの存在感があります。専業主婦であるという事実は、働く必要が存在しないくらい、夫の収入が安定しているという証明となるのです。社会的にも、お金を貸す側としても、配偶者もしくは、夫に収入がある場合、社会的信用へとつながっていくのです。

 

安定収入がある主婦は有利!

お金を貸す側としては、安定した収入がある方には、有利に事を進めてくれます。世の中全体でも、そういう風向きを感じることがあります。無収入であることは、信頼度が無いという風潮が強いのです。そのため、専業主婦の方でも、嫌な思いを感じることが多いと思われます。専業主婦がキャッシングを行う場合、配偶者貸付を利用することが多いのですが、この場合でも、安定した収入がある夫婦は有利となります。

 

そして、借入可能枠を増加させたい場合でも、この配偶者貸付を利用するわけですが、この配偶者貸付も、夫婦の年収を合算するので、安定した収入を有する夫婦が有利となるのです。配偶者貸付は、年収の3分の1までの金額が借入出来るのです。

 

つまり、個人であろうが、夫婦合算の収入であろうが、安定した収入であれば、借入額も高い金額に設定することもできますし、限度枠も増加させることが可能となるのです。専業主婦は、無収入でありますが、配偶者貸付は、夫婦のどちらかが無収入であっても、利用出来るのです。

 

そもそも、キャッシングを受けられる条件として、やはり、安定した収入が見込めることが求められますから、収入の有無が重要視されることとなるのです。キャッシングで借りることの出来る借入可能枠の上限は、年収で決まるわけですから、収入が多いことに越したことはありません。銀行カードローンによるキャッシングには、借入額が、年収の3分の1を超えても、問題はありませんが、必ずしも、3分の1を越えて、借りることが出来るというわけでもありません。

 

あくまで、そういった制限がないというだけであり、審査は厳しく行われるわけですから、総量規制対象外ということで、高額の借入が出来るという認識は、勘違いとも言えます。そういう意味では、年収が高い、そして、安定した年収がある方は、借りられる金額も高くなるという事実は存在します。

 

銀行カードローンのキャッシングは、そういう意味では、快適な利用をすることが出来るのです。安定した収入があれば、どのキャッシングを利用することが出来ます。安定した収入があるということは、貸す側からしても、安心して、お金を貸せるというメリットがあるのです。

 

ポイントとして、抑えておかなければならないことは、お金を借りることと、安定した収入は切っても、切り離せない関係性があるということです。夫婦合算で安定した収入があるということは、お金を借りるときであっても、有利な条件となるのです。

 

専業主婦でも必要!「審査で不利になる条件」とは?

専業主婦の方が、キャッシングを利用する際には、難関が待ち構えているわけですが、まず、審査を通過しなければならないことが求められます。真面目な専業主婦であっても、厳しい表現ですが、無職ということには変わりませんし、無収入であるということも否めません。そのため、お金を貸す側も、審査には厳しい基準を設けてきます。その審査において、専業主婦が不利になってしまう条件があります。

 

そのひとつとして、挙げられるのが、一度に複数の申込をすることです。いつ、どこのキャッシングを利用したか、そして、その審査結果がどうであったか、は、信用情報機関に個人情報として、登録されているわけですから、個人の詳細は、瞬時に判明するわけです。他にキャッシングの申込をしているのであれば、不信感を抱かせる要因になります。

 

複数のキャッシングに申し込むという事実は、多重債務に陥っている場合や、自転車操業状態を示唆しているわけですから、返済能力の有無が問われてしまいます。専業主婦であれば、更に疑問を抱かせることになります。

 

二つ目は、複数のキャッシングから既に借入をしていることです。信用情報機関に照合すれば、他社への借入件数、借入金額は判明します。他社への借入件数が多いのに、申込を申請するということは、他社が限度額の増額に応じていないと推測され、何かしらの問題を抱えているのではないか、と考慮されてしまいます。そのため、審査を通過する可能性はゼロに近くなります

 

借入件数は多くても、借入金額が少ないから大丈夫、と思われるのも、危険です。他社への借入件数が多いだけでも、審査は厳しくなる、と考慮すべきです。三つ目は、支払いの滞納があるということです。クレジットカードの支払い、携帯電話の分割払いなどが、毎月、しっかりと行われているかという情報も信用情報機関に登録されています。

 

このような支払いが、滞納されているということは、キャッシングにおける返済も滞納される可能性が高いと考慮されるのです。返済能力及び信用性の有無は、審査に大きな影響を及ぼします。滞納をしている場合は、それらを解決し、そして、キャッシングの申込をするように心掛けましょう。キャッシングもそうですが、お金を借りる際は、信用性が大切
なのです。

 

関連ページ