三井住友銀行カードローン

MENU

三井住友銀行カードローンについて

「口座があっても口座がなくても申し込みができる」というCMでおなじみの三井住友銀行カードローンは、最短30分審査で即日融資にも対応しています。銀行内には自動契約機が設置されていますので、窓口が閉まったあとでも21時まで契約をすることができます

 

土日や祝日でも利用することができますので、即日融資に対応している金融機関の中でも融通の利く銀行と言えます。

 

三井住友銀行カードローンの保証業務は、消費者金融のSMBCコンシューマーファイナンスが担当しています。グループ会社ですので、銀行との連携もとれており、スピーディーな審査を行ってくれます。また、一般的に消費者金融が保証会社になっていると、銀行系カードローンでも審査通過率が高くなります。銀行は保証会社の保証さえあれば損することはありませんので、審査通過率の難易度は保証会社を見て決めることもできるでしょう。

 

三井住友銀行カードローンは預金口座がなくても利用可能

預金口座を作るには、店頭窓口で手続きをする必要があります。インターネットからの申し込みもできますが、その場合は数日かかってしまいますので、カードローンの契約はさらに遅くなるでしょう。三井住友銀行の場合は口座不要ですので、こうした手続きをする必要はありません。もちろん口座があれば便利ですが、なくても即日融資に対応しています。

 

三井住友銀行が土日や祝日、窓口業務終了後でも契約できるのは、ローン契約機が設置されているためです。三井住友グループであるプロミスの契約機も利用できます。他の銀行では審査が土日お休みしているところもありますが、三井住友は土日祝日関係なく審査業務を行っています。

 

ローン契約機にはカードを発行する機能がついており、その場で自分の名前が打ち込まれたカードが発行されます。このカードを利用すれば、ATMから契約した限度額内で自由に借りることができるのです。

 

三井住友銀行は郵便物の発行なし!

ローン契約にはもう1つメリットがあります。その場で契約書類が印刷されますので、自宅に郵送物が届く心配がないためです。とくに家族と暮らしている人の場合、家族には内緒でお金を借りたいという人も多いでしょう。家族にローンに関する書類を見られてしまう心配がないので、郵送物をなくしたい人もローン契約機を利用すると良いです。

 

ただし連絡先を自宅の電話番号にしておくと、家族が出てしまう可能性があります。連絡先は自分の携帯を指定しておきましょう。基本的に延滞をしない限り、契約後に三井住友銀行からカードローンの件で電話がかかってくることはないでしょう。

 

滞納すると郵送物が発送されることもありますので、郵送物を気にしている人は特に毎月の支払をしっかりこなし、催促の手紙や電話が自宅に来ないように注意しなくてはなりません。延滞なく利用していると金利が見直される可能性が出てくるというメリットもあります。

 

限度額300万円以内の申込みなら収入証明書は不要

三井住友銀行カードローンは300万円以下の限度額であれば、原則収入証明書は不要です。ただし申込者の条件によって、三井住友銀行、保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンスが必要と判断した場合は収入証明書が必要になることもあります。他社に多くの借金があったり、年齢や勤続年数に見合わない収入を申告していると必要になることがあります。

 

少額の限度額を希望している限りでは証明書の提出は求められない可能性が高いので、安心しておきましょう。最初の限度額が300万円以下でも、増額することになって300万円を超える場合は収入証明書が必要になります。

 

一度収入証明書が必要になると、一定期間ごとに最新の収入情報に更新しなくてはなりません。

 

収入が前回提出した書類よりも減ってしまうと、限度額が下がってしまうこともあります。その影響で金利が上がることもありますので、収入は下がらないように頑張りましょう。

 

利用限度額によって金利が変わる

三井住友銀行カードローンは限度額と信用力によって金利が決定されます。

 

100万円以下の場合は12%~14.5%、200万円以下では10%~12%、300万円以下では8%~10%、400万円以下では7%~8%、500万円以下では6%~7%、600万円以下では5%~6%、700万円以下では4.5%~5%、800万円以下では4%~4.5%です。

 

金利は変動金利ですので、金融情勢によって変化することがあります。限度額は増やすだけで金利の引き下げになりますので、特に借りる予定がなくて利用しない場合でも、増額すれば有利な条件で借りることができるようになるでしょう。

 

増額のたびに審査が必要になります。利用状況によっては減額されてしまうリスクもあります。増額申し込みをするタイミングは慎重に選ばなくてはなりません。特に転職したり引っ越しをすると、審査でのスコアが下がってしまいますので、転職や引っ越しをしたらしばらく増額申請はしないほうが良いです。

 

三井住友銀行はおまとめローンも利用可能

三井住友銀行カードローンは最大限度額800万円ですので、おまとめローンとして利用できるスペックがあります。金利も限度額が大きくなるにつれて下がります。特に50万円程度の少額融資を多数の会社から受けている場合、まとめるだけで利息を大きく減らすことができるでしょう。

 

少額融資の金利は18%など高利になることも多いので、銀行系カードローンにまとめるだけで金利は下がります。多数の会社から借りているほどまとめたときの効果は大きくなります。5社から300万円借りていた場合、バラバラでは10万円近く返済していても、まとめることで返済額が35000円にまで下がります。

 

毎月の負担を減らすこともできるのが、おまとめローンとして利用した時の利点の1つです。ただし返済期間が長くなることで、最終的な負担が大きくなることもあります。よくシミュレーションをして、まとめたあとの負担がどのようになるかも計算しておきましょう。

 

三井住友銀行カードローンの審査について

 

三井住友銀行カードローンに申し込んだ人の審査通過率は、銀行系カードローンとしては高くなります。それは消費者金融であるSMBCコンシューマーファイナンスの保証が受けられれば契約ができるためです。つまり銀行系カードローンでありながら、審査基準は消費者金融なのです。また、消費者金融のように総量規制がありませんので、すでに年収の3分の1近い借り入れがあった人でも、契約ができているという実績があります。

 

三井住友銀行はメガバンクだけあり、対応が非常に早く良い印象を持っている人が多数います。審査に落ちてしまった人の場合、申し込みがよくわからなかったという声があります。申し込み内容が信用情報と異なる場合は審査に落ちてしまう原因になります。これは三井住友銀行に限らず、他社のカードローンでも同様です。申込書に記入する内容はしっかり確認し、正確なものを記入しなくてはなりません。

 

三井住友銀行カードローンの体験談

三井住友銀行カードローンは口座がなくても申し込みができますが、口座を持っている人も多数申し込みをしています。住宅ローンと一緒にカードローンを申し込んだ人もいます。人によっては希望額よりも大幅に増額された限度額を提示された人もいます。

 

中小の消費者金融の場合、資本力がないため少額の融資には積極的でも、まとまった契約額にならないことがあります。三井住友銀行はメガバンクですので資本力もあり、まとまった金額での融資も通りやすいと言えます。

 

利用者の中には即日融資を希望していて時間ぎりぎりでも間に合ったり、多数のローンをまとめるのに利用した人がいます。借りる人によって状況は様々ですが、窮地を救ってもらったという経験をしている人が多いことから、三井住友銀行カードローンに良い印象を持っている人が多くいます。

 

審査に通るかどうかはその人の信用力次第です。普段から信用を失わないように、ローンを利用している人は支払いをしっかりし、お金の管理には十分気を付けていきましょう。