プロミスからお金を借りる

MENU

プロミスからお金を借りる

消費者金融からお金を借りる時に、返済時には利息を加えて返済する必要があります。その為、借りた金額よりも返済をする金額のほうが高額になるというのが一般的でした。しかし、一部の消費者金融では、条件は設けられてはいるものの、無利息でお金を借りることが出来るという所もあります。

 

申し込みをしてから、実際に融資を受けるまでの時間も短いため、すぐにお金が必要という人も安心して利用することが出来ます。すぐにお金を返すアテがあるという人やお金がすぐに必要という場合には、無利息で借りることが出来るプロミスのカードローンの利用を検討してみても良いかもしれません。

 

他の消費者金融を利用するよりも、お得に利用することが出来るでしょう。大手消費者金融ですので、安心感があるという点も魅力的です。

 

プロミスはサービス名

「プロミス」というと、そのような会社があるかのように思われますが、実は、会社名ではなくSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の提供するサービス名なのです。また、プロミスを提供する会社はSMBCコンシューマーファイナンスは三井住友フィナンシャルグループでもあります。大手銀行であり、三井住友銀行を中心をする会社の子会社であると聞くと、安心して利用することが出来ると感じる人も少なくはありません。

 

また、子会社になることにより、親会社である三井住友銀行のローン契約機を利用して、申し込みなどをすることが出来るようになり、利便性も向上しました。このような銀行を中心としたグループの傘下にある消費者金融のカードローンのことを、銀行系カードローンといいます。プロミスもこの銀行系カードローンに含まれます。

 

プロミスを提供するSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の前身は大阪に1962年に設立された関西金融株式会社というところです。

 

設立から7年後の1969年には大阪から東京に進出し、発足されたのが東京プロミスです。そして、2004年には三井住友フィナンシャルグループがプロミスへと出資したことで、筆頭株主となり、プロミスは三井住友フィナンシャルグループの消費者金融となりました。

 

その後、2014年には三井住友フィナンシャルグループの完全子会社となり、会社名も現在のSMBCコンシューマーファイナンス株式会社に変更されています。

 

三井住友フィナンシャルグループと提携したことにより、他の消費者金融では行うことが難しいような低金利での資金調達を拡大することが出来るようになり、その結果、低金利カードローンを提供している消費者金融として、人気を集めています。

 

銀行系消費者金融のメリットとしては、低金利で資金調達をすることが出来るため、カードローンの金利が低い傾向にあることやグループのローン契約機を利用することが出来るため、便利に利用することが出来るということでしょう。

 

プロミスの借入条件・利用方法

カードローンを利用してお金を借りるという場合には、誰もが審査を受けることが出来るというわけではありません。一定の条件を満たしていない場合には、申し込みをしても審査を受けるということは出来ませんし、当然のことながら、お金を借りるということも出来ません。

 

プロミスの申込み条件として設けられていることは、まず、年齢制限があります。プロミスへは申込時の年齢が満20歳以上69歳以下の人しか申し込みをすることは出来ません。つまり、未成年者や70歳以上の高齢者は申し込みをすることが出来ないという事になります。

 

そして、安定した収入を得ているということも条件となっています。安定した収入があれば、パートやアルバイトとして働いている人でも申し込みをすることが出来ますし、学生でも20歳を超えているという場合には申し込みをすることが出来ます。

 

なお、安定した収入については、収入が年金のみという場合には、年齢が69歳以下であれば、申し込みをし、審査を受けることは出来ますが、審査を通過することが出来る可能性は低いと言わざるを得ません。年金の受給額や年齢によっては、審査を通過することが出来る可能性があるため、申し込みをしてみても良いかもしれません。

 

お金を借りるのに、担保や保証人を用意する必要はありません。

 

申込方法は

  1. インターネット
  2. 郵送
  3. 電話
  4. 店頭窓口
  5. 自動契約機

などが用意されていますので、申込者の都合に合わせて選択することが出来ます。

 

なお、借り入れ・返済については、口座振込みや口座振替、ATMを利用する方法、店頭窓口で行う方法などがあります。コンビニなどに設置されている提携ATMを利用することも出来ますが、プロミスもしくは三井住友銀行ATM以外のATMを利用した場合には、所定の手数料を支払う必要があります。三井住友銀行ATMは多くの場所に設置されていますので、手数料を支払いたくないという場合には、三井住友銀行のATMを利用することをおすすめします。

 

プロミスは無利息期間と融資速度がとにかく早い!

プロミスと他の消費者金融の大きな違いとしては、30日間という無利息期間が設けられているということです。つまり、お金を借りてから30日間は金利ゼロでお金を借りることが出来るということです。通常は、消費者金融からお金を借りた場合、その期間が短くても借りたお金に利息をプラスして返済する必要があります。しかし、無利息期間中に完済することが出来れば、借りたお金を返すだけで済むのです。

 

そして、プロミスの特徴として、融資が早いということが挙げられます。実際にプロミスのカードローンを利用したことのある人の口コミなどを確認してみても、申し込みをしてから実際に融資を受けるまでの時間が短かったということは好評を得ていることの一つです。

 

プロミスの審査結果は最短で30分で分かり、融資を受けるまでは最短1時間という短さですので、急いでお金が必要という時にも非常に便利です。他の消費者金融でも短時間の審査を謳っているところはありますが、プロミスも融資スピードという点では他の消費者金融や銀行のカードローンに負けず劣らず、最速の部類に入るのではないでしょうか。

 

さらに、プロミスとの契約を完了した後には「瞬フリ」という会員専用のサービスがあります。

 

これを利用することにより、24時間いつでも最速10秒で指定した口座に振込をしてもらうことが出来ます。ただし、「瞬フリ」を利用するためには、三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行の口座を開設している必要があります

 

手数料無料で必要な時にすぐに振り込んでくれるため、利用する可能性があるという場合には、早めに口座を開設しておくと良いでしょう。

 

プロミスであれば、同居している家族にもカードローンを利用していることをバレずに済む、Webだけで全ての手続きを完了させることが出来るサービスがあります。書類が郵送されるという事はありませんし、カードローンを利用するための専用のカードもありませんので、家族にもバレる事はありません。

 

プロミスの唯一のデメリット

 

非常に便利で、デメリットなど無いように思われるプロミスですが、メリットがあればもちろんデメリットもあります。プロミスのデメリットとし挙げられるのが、他の消費者金融に比べると金利が高いということでしょう。

 

大手消費者金融の最低金利がモビットとアコムが3.0%であるのに対して、プロミスとアイフルは4.5%と若干高めに設定されています。しかし、上限金利を比べてみると、モビット・アコム・アイフルがいずれも18.0%であるのに対して、プロミスは17.8%と低く設定されています。その為、利用状況によって利息負担は変わってくると言えます。

 

最低金利が適用される時とはどのようなときなのでしょうか。これは、高額融資を受けた時と言えます。つまり、多くのお金を借りているという場合には、その分だけ金利は低く設定されるということです。

 

初めてプロミスを利用するという場合、最初から多くのお金が借りることは出来ません。収入がものすごく良いという場合でも、利用実績が無いという時には、多額の融資を受けることは難しいといえるでしょう。その為、これまでプロミスを利用したことがないという人の場合には、最低金利ではなく、最高金利が適用されることが多いと言って間違いはありません。

 

その為、最低金利が他の消費者金融に比べて高めに設定されているということについては、初めてプロミスを利用するという人や利用し始めて間もないという人はそれほどデメリットに感じることはないでしょう。むしろ、適用される可能性の高い最高金利が他のところよりも抑えられているため、同じ金額を借りたという場合には、返済金額が安く済むという人のほうが多いと思われます。

 

その為、最低金利だけを比較し、他の消費者金融を利用するということは決して得策であるとは言えません。最高金利やその他のサービス内容等も考慮した上で、どの消費者金融に申し込みをするのかを決めるということが、損をしないポイントであると言えます。

 

プロミスの申込は簡単!必要書類も写メでOK!

プロミスへの申込方法は、電話でも行うことも出来ますし、出掛けるのが面倒ではないという場合には、自動契約機や店頭窓口で行うことも出来ます。しかし、最も簡単で早く審査を終えたい、融資を受けたいというのであれば、Web完結申込がおすすめです。

 

Web完結申込は、その名の通り、全ての手続きをWeb上で済ませることが出来るという申込方法です。郵送物もカードもなく、手続きを完了させることが出来ます。

 

入力方法は、画面の指示に従って、必要事項を入力していくだけです。職業や年収などを入力したり、選択項目が用意されていますので、入力に時間がかかってしまうというイメージがありますが、実際には初めて申し込みをするという人でも10分程度で全ての入力を終える事が出来るでしょう。

 

申込をする際には、いくつかの書類を用意しておくとスムーズに手続きをすることが出来ます。必要書類としては、運転免許証やパスポートなどの本人確認書類、希望融資額が50万円を超えるという場合や希望融資額と申込時に他社から借りている金額の合計が100万円を超えるという場合には、源泉徴収票や確定申告書などの収入証明書類もあわせて必要となります。収入証明書類については、用意するのに時間がかかることもありますので、早めに用意をしておくようにしましょう。

 

申込はプロミスのホームページから行うことが出来ます。

 

新規申し込みという所を選び、申し込みをします。プロミスを初めて利用するという場合で、30日間の無利息期間サービスを受けたいという場合には、必ず書面の受取方法でWeb明細を確認という所を選択するようにします。

 

必要事項を入力したら、申し込み完了です。必要書類については、携帯電話やスマートフォンのカメラ機能を利用して撮影し、メールで送信するだけで完了し、審査が行われます。審査が完了すると、連絡が来ますので、返済方法やカードの発行の有無を選択し、契約を完了させます。

 

郵送物・カードの発行なしを希望する場合には、口座振替による返済・カードなしを選択すると良いでしょう。

 

プロミスのメリット・デメリット

プロミスのメリット

初めて利用するという人にとっては、借り入れ翌日から30日間は無利息で借りることが出来るという事や最高金利が他の消費者金融に比べると低く設定されているため、返済額を抑えることが出来るということが挙げられます。

 

また、審査に要する時間が短いため、申し込みをしてから融資を受けるまでの時間も短く、急いでいる時には利便性が高いということです。さらに、「瞬フリ」という振込キャッシングサービスを利用することにより、いつでも10秒程度で指定をした口座に振込をしてもらうことが出来ます。土日でも振込をしてもらうことが出来ますので、急いでお金が必要という時にも安心です。

 

消費者金融からお金を借りているということを、家族にも知られたくはないという場合、家族に知られる原因となる郵送物や専用のカードが無くても利用することが出来るWeb完結申込みを選択することが出来ます。郵送物が送られるということは一切ありませんので、不在時も安心です。また、勤務先に行われる電話による在籍確認についても、電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください

 

電話による在籍確認が会社名ではなく、個人名で行われるとは言っても、バレてしまう可能性はゼロではありません。(電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください)

 

一方のデメリットは?

最低金利が他の消費者金融に比べると高く設定されているということでしょう。また、プロミスだけではありませんが、消費者金融であることから、銀行のカードローンに比べると、金利は高く設定されています。

 

金利が高いとは言えども、それ以上に魅力的なことが多くあるのが、プロミスのカードローンであると言えるでしょう。特に初めて利用する人を対象とした無利息期間が設定されていることから、これまで消費者金融からお金を借りたことが無いという人にとっては、第一候補として考えても良い消費者金融であると言うことが出来ます。

 

まとめ

実は、無利息期間を設けている消費者金融はプロミスだけではありません。しかし、実際に借り入れをした翌日から無利息期間がスタートするのは、プロミスだけです。さらに、Web完結手続きについては、郵送物無しで手続きを終えることが出来ることから、家族に知られること無くお金を借りたいという人にはおすすめの申込方法であると言えます。

 

プロミスにもデメリットはあります。金利が高いというデメリットですが、消費者金融の中では極端に高いというものではありませんし、銀行のカードローンと比べて、金利が高いのは他の消費者金融にも当てはまることです。

 

銀行のカードローンについては、金利が低いというメリットはありますが、審査に時間がかかってしまったり、無利息期間が設けられていないなど、利用者にとって、利便性が必ずしも高いというわけではありません。

 

特に、審査に時間がかかってしまうことが多い銀行のカードローンは、すぐにお金が必要という時には大きなデメリットになるものです。プロミスは他の消費者金融よりも審査時間が短く、すぐにお金が必要という人には最適な消費者金融であると言えます。

 

消費者金融や銀行からお金を借りるという場合には、返済時のこともしっかりと考える必要があります。気軽に誰にも知られること無く借りることが出来るからと言って、必要以上にお金を借りることは、返済時に苦労する結果になりかねません。その為、無理のない範囲で利用をするようにしましょう。また、消費者金融からお金を借りるという時には、総量規制により年収の3分の1以下の金額しか借りることが出来ないということを念頭に置いておくことが大切です。

 

プロミスの無利息期間は30日間です。利息を支払いたくないというという場合には、この30日間の間に返済することが出来る程度の金額を借りるようにしましょう。なお、ATMを利用する場合には、提携ATMを利用した場合には、手数料が発生しますので、注意が必要です。