本当にお金に困ったとき確実に安心してお金借りれる方法はいくつある!?

MENU

本当にお金に困ったとき確実に安心してお金借りれる方法

急な物入りでお金が必要になってしまった場合にどのようにお金を用立てていくのがいいのでしょうか?

 

お金を借りるというのが最適な方法であるとは言えますが、借り方にもいくつかの方法が考えられますので、自分の状況に合わせた借りいれをしていくのが最良の方法ということになります。

 

このサイトではお金を用立てるための方法を紹介していきます。どの方法もそれぞれ、メリットとデメリットがありますから、それを良く理解した上でお金を借りることが必要になります。また、借りたお金は必ず返済をしなくてはなりません。そのためには計画的な借入をすることが必要です。

 

借りたお金を返せなくなってしまうといわゆる金融トラブルの状態になってしまって、最悪の場合には債務整理をすることになってしまいます。債務整理を行ってしまうと、ブラックリストに掲載されている状態になってしまいますので、その後の生活において大きな制約を受けてしまうことになります。

 

そんなことが無いように、必要なお金だけを借り入れるようにすることが肝要です。また、日々の生活においては無駄をなくして、お金にゆとりを生み出して、お金を借りることが必要ではないという状態を作りだすことも重要です。

 

一方でお金を借りる際にはどこから借りるかということも重要なポイントになってきます。自分の置かれている状態によって最良の借入先がきっと、かわってくることになりますので、このサイトを参考にしながら、どこから借り入れるのが良いのかを検討してみても良いでしょう。

 

いずれにせよ、借りた以上は責任を持って返済にあたるようにしたいものです。貸してくれた相手には絶対に迷惑をかけないという気持ちが非常に重要です。

 

お金を誰から借りる?

お金が必要になった時にお金を借りる際には実に様々な方法が存在しています。金融機関の窓口でお金を借りるという方法もありますが、一方で、ATMなどから借りるという方法も考えられます。また誰から借りるのかということも考えることが必要になってきます。

 

もちろん、どの方法が一番いいということを一概にいうことはできません。なぜならばそれぞれの方の置かれている状況によって、何を優先すべきかが変わってくるからなのです。

 

借りる場合にたとえば親や友人から借りるという方法が考えられます。これは比較的ストレスなくお金を借りることができますが、過去に借りたことがあって返済をきちんとしてないような場合には再びお金を借りるのが難しくなってしまうことも考えられます。

 

緊急の場合などは消費者金融からお金を借りるという方法も考えられます。この場合には即日で融資をしてもらえる可能性も出て来ますが、それなりの利息を返還時に払う必要もでてきますので、あまり多くの金額を借りるのは避けるようにした方が良いでしょう。

 

消費者金融は非常に便利な存在ではありますが、誰もが自動的にお金を借りることが出来るわけではありません。借入の際には審査がありますので、その審査にパスする必要があります。債務整理などをしていて、ブラックリストに載っている人の場合には審査にほぼ100%落ちてしまうことになります

 

一方で、総量規制の問題がありますので、収入の3分の1までしかお金を借りいれることが出来ないというルールもありますので、様々なルールの中で消費者金融からの借入をすることが必要になります。消費者金融の場合には、親や友人には知られずにお金を借りいれることも可能になります。

 

事前に準備が必要な借り方

銀行からお金を借りるということもできます、しかしながら銀行にも借入の際に審査がありますので、それにパスしないとお金を借りいれることが出来なくなってしまいます。しかも借入の際の審査は消費者金融のそれに比べてかなり厳しいという特徴があります。更には時間もかかりますので、ほとんどの場合において即日でお金を借りることはできないと考えておいて良いでしょう。

 

また、その銀行に口座を持っていない方の場合にはお金を借りることが出来ない場合もありますので、あらかじめ、借入を考えている時には、口座を開設しておくと良いでしょう。

 

 

また、銀行に提示しなくてはならない証明書の数も多いので、銀行からの借り入れを考えている場合には、あらかじめそれを用意しておくとスムーズに借りいれを進めていくことが出来るようになります。かなり厳格な借入の審査となりますので、遺漏無き様に提出書類をそろえておくと良いでしょう。

 

また、銀行に提供する個人情報には誤りが無いようにすることも大切です。誤った情報を銀行の方に提示してしまうと、銀行からの信用が下がってしまうことにもなりかねませんので注意が必要です。銀行の審査においては在籍確認の手続きが行われますので、勤務先などの情報も正しく銀行に伝えておくことが必要です。

 

在籍確認の手続きは銀行の方から、申請者の勤務先に連絡が入ることになりますが、その際に連絡がとれなかったり、虚偽の内容が銀行の方に伝わっているとそれによって、審査に落ちてしまうことも考えられますので、注意をした方がいいでしょう。銀行からの借入は金利が安いというメリットはあるのですが、時間がかかりますので、緊急事態の場合には他の方法を考えてみたほうがいいでしょう。

 

審査が必要だけどすぐに借りられる方法

大至急お金が必要という場合には、金融機関からの借入をするのではなくて、他の方法を考えたほうが良いでしょう。消費者金融を利用する場合には最短でその日のうちにお金を借りることが可能になりますが、借りいれの際には審査がありますので、その審査に絶対にパスするという保証がありません。金融機関のwebサイトなどに公開されている採択率も100%とはなっていませんので、申請すれば必ずお金が借りられるという訳でもありません。

 

審査にOKとなれば、最短でその日のうちにお金を借りることが出来るようになると考えておいて良いでしょう。ですから、確実にお金を短時間で借り入れることを考えるとすると他の方法も視野に入れておいた方が良いでしょう。たとえば、申請をされた方がすでにクレジットカードをお持ちでしたら、そのカードのクレジット枠を用いてお金を借りいれる方法が考えられます。クレジットカードにはそれぞれクレジットの枠がきめられていますので、その枠内であれば自由にお金を借りいれることが可能になります。

 

クレジットカードの中には、お金の借りいれが出来ないタイプのものもありますので、あらかじめ契約内容を確認しておくといいでしょう。クレジットカードを使ってATMからお金を借りることが出来るようになりますのでとても便利です。更には、審査は必要ありませんので、いつでもお金を借りいれることが出来るようになります。

 

もちろん、クレジットカードを使ってこのような形でお金を借りた場合には、返済際に利息を付けて返す必要がでてきますので、クレジットカードを使っての借入は非常に便利なものではありますが、借入は計画的に行うことがとても重要です。返済できなくなってしまうと、カードの使用停止などの処分を受けてしまうことも考えられます。

 

銀行よりも簡単に借りられる方法

銀行からのお金の借入には厳しい審査が待っていますので、かなり時間がかかってしまいます。銀行に比べて、消費者金融であれば、短時間で審査が終わってお金を借りることが出来るようになります。金利のくらべると消費者金融の方が銀行よりも高いと言われていますが、小額の借入であれば返済する利息もそれほど銀行とは変わらないものになります。

 

銀行からの借入は問題ないけれども、消費者金融からお金の借りるのには抵抗がある方もいるようですが、実際の所はどちらも正規の金融機関ですので、法律に触れたことをしている訳ではありませんの、抵抗を感じる必要はない物なのです。お金を借りることは法律に違反したことではありませんので、借りたお金をきちんと期日までに利息を付けて返済すれば何の問題もないのです。

 

ですから、恥ずかしいと思うことは全くありません。むしろ消費者金融の方が一面では銀行よりも便利な場合も多くなっています。(即日での借り入れの場合には、消費者金融の方が便利です。)

 

しかしながら、消費者金融のようなふりをして、違法な貸し付けをしてくる闇金が存在していますので、そこからお金を借りることは絶対にしてはいけません。どう考えても返すことが出来ないような高利での貸付ですので、トラブルになってしまいます。また、もしも返済にトラブルが起きてしまうと違法な取り立ても闇金は行ってしまいますので、身も心もずたずたにされてしまいますので、注意が必要です。

 

もしも間違って、闇金からお金を借りてしまったら、すぐにでも法律の専門家に相談をして、対応を取っていくことが必要になります。まちがっても、闇金にお金を払ってはいけません。違法な貸し付けですので、お金を払う必要は全くありません。

 

面談をしてお金を借りる

本当にお金に困っているような場合には、このままだと生きていけるかどうかわからないという場合には金融機関の前に市役所に相談してお金を用立てることも可能です。市役所で社会福祉協議会の職員の方と面談を行って、お金を返すことが出来ると判断されれば、お金を借りることができます。

 

仕事をスタートすればお金を返すことが出来るようになりますので、それまでの間の費用としてお金を市役所から借りることが可能です。借入の目的は最低限の生活を送っていくようにすることが目的ですので、営利目的ではお金を借りることはできません。

 

生活に困っている方が、生活を立て直すためのお金と考えておくといいでしょう。連帯保証人がいれば、無利子で借りることができます。いない場合には利息を払う必要がでてきますが、その場合も一般の金融機関よりも安い利息となっています。

 

この制度を使う場合にはいくつかの条件がありますので、それを満たしていないとお金を市役所から借りることが出来なくなります。制度の詳細については、問い合わせてみるといいでしょう。

 

生活保護との併用が可能かどうかも問い合わせておくと良いでしょう。その際にどのような書類などを用意しなくてはならないのか、一方でその自治体ならではの貸付けシステムの有無も確認しておくと良いでしょう。

 

しかしながら、この制度は非常に便利な制度ですが、借入に際しては面談などのプロセスが必要になりますので、手続きに時間がかかってしまうという難点がありますので、即日でお金が必要という場合には、消費者金融に相談をしてみるといいでしょう。初回の借入の場合には30日間は無利息でお金を借りることが出来る消費者金融もありますので、場合によっては市役所から借りるよりも便利かもしれません。

 

国からお金を借りる

どこからもお金を借りることが出来なく本当に困っているような場合には、日本人ですから国に相談してみると良いでしょう。いろいろな方法で国は国民の最低限の生活を保障してくれる制度をもっていますので、それを活用して自分の生活を立て直すことが可能になります。国から、お金を借りるのではなくて、どうにもならないような場合には生活保護を受けることも可能です。日本国内にいる限りは必ず守ってもらえますので、相談をすると良いでしょう。

 

例えば、働くことが困難な場合には就労の支援をすることも国の方でしてもらえます。国から借りたお金は、働いて給料が得られるようになったらその段階で返済をすればいいことになります。

 

お金に困って、金策をしたけれどもどこからもお金を借りることが出来ないような場合には、たとえば、犯罪を犯すようなことを考えるのはナンセンスです。

 

刑務所に入るようなことになってしまうと、自由を完全に奪われてしまうことになってしまいます。ですから、困った時には必ず国が助けてくれますので、それに頼る方がいいのです。また、お金を借りることが出来ないからといって、闇金からお金を借りるのもNGです。違法な金利でお金の貸し付けを行っていますので、ほとんどの場合において破たんをしますので、更に人生に対して悲観的になってしまいます。(闇金から間違ってお金を借りてしまった場合には、国ではなくて弁護士さんに救済を求めることが必要です。)

 

そんなことになってしまう前に国に相談をすれば、その人に合った解決策を提案してくれるようになるでしょう。日本人であるのですから、国の存在を忘れることなく困ったらすぐに助けを求めるようにするといいでしょう。案外と国は頼れる存在であるのかもしれませんね。

 

教育で必要なお金を借りる

勉強したいと思った時に、お金に困ってしまっているような場合には、国からお金を借りることが可能です。これは奨学金とは異なり保護者が国からお金を借りることが出来る制度です。更には、学校に入る前に借りることも可能です。年額で350万円までの借入が可能です。

 

教育の機会均等を目指した制度ですので、たとえばお金が無くて学校に行けない場合やご両親が障害を抱えていて、十分なサラリーを得ることが出来ていないときなどにこの制度を活用すれば、安心して学校に通うことが出来るようになります。

 

国の教育に関するローンは金利が低いという特徴があります。しかしながら、借入に際しては一定の基準を満たしていることが必要ですので、借りることが出来ない場合には他のタイプの私営の教育ローンを活用することも考えてみることが必要になります。また、奨学金も視野に入れておくことも必要です。奨学金は非常に低金利でお金を貸してくれる制度ではありますが、学校を卒業したら、次世代の人のために必ずお金を返済することも忘れてはなりません。

 

企業などの奨学金は給付型のものもありますので、それを受給できれば、返済の必要がなくなります。それぞれ、通われている学校の方に奨学金の制度については問い合わせてみると良いでしょう。申し込み方法などを教えてもらえます。

 

国以外のお住まいの地方自治体も教育ローンなどの制度を持っていることがありますので、問い合わせてみると良いでしょう。場合によっては国の教育ローンよりもいい条件でお金を借りることが出来るかもしれません。お子さんが金銭的な理由で、学びの機会を失わないように、親御さんは積極的に公的な教育ローンでその学びを応援してあげるようにしたいものですよね。

 

失業者がお金を借りる

仕事がなくなってしまうと、給与がなくなってしまうことになりますので、生活に困ることになります。こんな時にお金を国から借りることが出来る制度が用意されています。この制度を生活福祉資金貸付制度とよんでいます。

 

リストラにいつ逢うかわからない時代ですのでお金に困ってしまう可能性は誰にでも起こりうることなのです。しかしながら、収入が低い方には金融機関もお金を貸したがらないという傾向がありますので、融資をお願いしても断られてしまうことが多いものです。

 

そのような時には国に融資を相談すると良いでしょう。お金を貸しだしてくれます。この制度は高齢者の方や、体が不自由な方であってもご利用になれます。同時に国はその方にお金を貸すだけでなくて、仕事を紹介することもしていきます。現在経済的に困っている方の自立を助けることを国のレベルでサポートしていこうという考えに基づくものであるといえます。

 

生活に困っている人も、仕事について給与が確保されればその状態から脱却することも出来るようになります。国は困っている人を無制限に援助するのではなくて、一時的にお金を貸してサポートして、それをもとに自立していくことを促進することを考えていることになります。国からの借入は、保証人が要る場合には基本的に無利子となります。

 

実際にお金が必要な場合には、まずはこの制度の詳細について問い合わせてみると良いでしょう。実際にどのような手続きが必要なのか?更にはどのような書類を用意する必要があるのかを知ることが出来るようになるでしょう。国は、日本人が一般的な生活水準を維持できるようなサポート制度を用意してくれていますので、困った時には安心して国に頼ってみるのが最良の方法といえます。

 

頼れるのはやっぱり親!

お金を借りる際にまずは最大の理解者である親に相談してみるのも一つの方法です。親でしたら、子供が困っていたら必ず応援してくれるはずですし、助けてくれるものです。お金が必要と言えば、必ずお金を貸してくれるはずですので、相談してみると良いでしょう。もちろん、親からの借入れでは審査はありませんので、確実に貸してもらえることになると思います。

 

もちろん親からの借入では金利は必要ないのは言うまでもないと誰もが思っているかもしれませんが、高額のお金を借りる際には税金の問題もありますので、きちんと借用書を作って更には金利も決めての貸し借りがお勧めです。

 

もちろん金利は0であっても構いません。借用書は一定の形式が決められています。お金を借りる方が作成して、それをお金を貸す親の方が管理する形になります。形式が不明の場合には法律の専門家に相談してみてもいいでしょう。

 

多少の書類の手続きなどはありますが、親からお金を借りるのが一番ストレスが無いといえます。ですから、生活に本当に困っているのであれば、まずは親に相談してみるのがいいでしょう。実際にどのような手続きが公的に必要になってくるのかを調べておくと良いでしょう。

 

親に心配を掛けたくないという気持ちは理解できますが、お金に困っていて、高利貸しなどからお金を借りてしまうと更に親に迷惑をかけてしまうことになりますので、親に甘えて仕舞える時にはそれも決して悪いことではありません。

 

親の方もいつまでたっても子供から甘えられるのは決して悪い気持ちがするものではありません。事情を話して、親からのサポートを受けることが出来れば、精神的にも強くなれるはずですので、何でも忌憚なく困ったことがあれば相談をいつでもしてみるのが肝要です。

 

仲の良い友達にお願いする

親以外からお金を借りるということももちろん可能ではないでしょうか?親類であれば、身内が困っている状態のときは、多くの場合において助けてくれるものですので、頼れそうな親類がいるのであれば、頼ってみてもいいでしょう。しかしながら、親類からお金を借りる時には親からお金を借りるのと同じように、税金の問題がでてきますので、きちんとした借用書を作っておくことが求められるようになります。

 

しかしながら、残念ながら頼るべき親類がいない場合にはどのようにするのがいいのでしょうか?借用書は一定の書式がありますので、必ず専門家に相談するなどして必要事項を記入するようにしておくべきでしょう。

 

金融機関に借りることを考える前に、親しい友人にお金の相談をしてみるのも悪い方法ではありません。もちろん借りたお金は返さないといけません。さもないと友人関係が破たんしてしまうことになります。友人だから何もしなくてもいいということはありません。この場合も正式な借用書を作っておくと良いでしょう。仮に返済においてトラブルになってしまったときには、借用書を作っておけば、法的な手段に出ることも可能です。

 

親しき仲にも礼儀ありですので、どんなに仲の良い友人であっても借用書は作成しておくべきです。また、友人からお金を借りる場合は、なぜお金が必要なのかをきちんと明確に伝えるべきです。そして、いつまでにお金を返すつもりであるということもきちんと相手に伝えてからお金を借りるようにすると良いでしょう。そのようにしておけば大きなトラブルになってしまうこともあまりありません。

 

返すことが必要であるということを借りる方が自覚することが一番重要です。友人に甘えてしまってはいけませんので、その点は心得ておくことが肝要です。

 

交際中のパートナーに借りる

お金を借りたいと思ったら、その金融機関の年齢制限をまずは調べてみると良いでしょう。基本的には20歳以上でないとお金を借りることはできませんが、上限も決まっています。例えば69歳以下の方が対象となっている金融機関の場合には70歳の方はどんなことがあってもお金を借りることが出来ません。

 

また借りたお金は返済しなくてはなりませんので、一定の安定した収入を持っていないとお金を借りることが出来ません。一定の安定した収入というのは必ずしも正社員である必要はありません。アルバイトやパートの方であっても継続して一定の給与が見込まれる時には、借入が可能になります。ですから20歳以上の方であれば、学生でも条件を満たせばお金を借りいれることが可能になります。

 

しかしながら、借入をする際には金融機関ごとに行われる審査が必要ですので、それに通らないとお金を借りることが出来ないルールになっています。年齢や給与の条件を満たしていても、ブラックリストに載っているような場合にはお金の借入をすることが出来ません。更には複数の借りいれをしているような場合にも審査に通りにくくなってしまいます。また、総量規制に牴触するような借入も不可能です。

 

審査に通るかどうか不安を感じる場合にはあらかじめ、短時間(10秒以内)で借り入れが可能がどうかの確認ができるサイトを持った金融機関からの借入を検討してみると良いでしょう。一度に複数の金融機関に借入の申し込みをしてしまうとそれが原因で審査に落ちてしまうこともありますので注意が必要です。

 

お金を借りる方法はたくさんあります!

消費者金融はお金を利用者に貸すことがメイン業務ですので、非常に便利にお金の借りいれをすることが可能です。場合によってはweb上で申し込みをして、自分の指定の口座にお金を振り込んでもらうことも可能です。またATMからお金を借りいれて再びATMからお金を返済することもかのうになります。最短で1時間以内にお金を借りることも可能になります。

 

急にお金が必要になった場合には迅速にお金を貸してくれる金融機関の存在はとてもありがたいものになります。また、審査を経ずともクレジットカードをお持ちでしたら、クレジットカードのキャッシング機能を使ってお金を借りることも可能です。ATMからいつでもお金を借りることが可能になります。

 

今や、お金は誰もが借りることが出来る時代ですが、ブラックリストにその情報が掲載されている方はほぼ100%お金を借りることが出来なくなってしまいます。もちろん一生ブラックリストにその情報が掲載されている訳ではありませんので、一定期間が過ぎればお金を借りいれることが可能になります。

 

また、生活保護を受けている方もお金を借りいれることが難しくなってしまいます。お金を借りてしまうと生活保護の費用を受け取れなくなってしまうこともあり得ますので注意が必要です。

 

また、無収入の方はお金を借りることができません。なぜならば借りたお金は必ず返済しなくてはならないからです。金融機関の方もどう考えてもお金を返済する能力を持っていない人に対してはリスクを冒してまでお金を貸すことはしないものです。

 

お金を貸し借りすることは法律で認められた行為ですので、金融機関からお金を借りるのが決してわるいことではありません。しかしながら、借りたお金はどんな場合においても利息を付けて返済する義務があります。利便性が増してきていますので、PCやスマホを使ってお金を借りいれることが出来るようになっています。更には海外にいてもお金を借りいれることも可能になっています。

 

現在は生活苦になる人がとても多いので、家を失ってしまうこともあります。どのような理由で家を失ってしまうことが多いのかというと、地震や火災、台風などの災害によって家に住めなくなってしまうということもありますし、自己破産をして持ち家を失ってしまうこともあるでしょう。中には賃貸住宅に住んでいる人もいるでしょうが、家賃を支払うことができずにホームレスになることも現在ではあるのです。このような理由で家を失ってしまえば、当然役場は税金を徴収することができなくなります。

 

そのため、市役所では住居がない人にも支援を行っているのです。ただし、市役所でお金を借りる場合であっても、返せる見込みがなければ貸してはくれないことが多いですし、しっかりと相談に乗ってくれない職員もいます。もちろん市役所でも住居入居費としてお金を借りられるようになっているのですが、職があればともかく、無職だと厳しいでしょう。農業を行っていた場合などは、農地も災害で使えなくなってしまうこともあります。

 

自宅でパソコンを使って仕事をしている人もいれば、内職などで生計を立てている人もいるので、このような人の場合には返せる見込みがありません。実はこのような人でもお金が借りられるような行政支援を行っているところも存在しているのです。それがTOKYOチャレンジネットなのですが、このような支援制度を利用する方法があるのを知っておくべきでしょう。これは東京都で行っている制度なのですが、他の県でも行われているところはあります。

 

市役所がダメなら、都道府県に相談してみるという方法があるので、諦めないようにしましょう。もちろん誰でも利用できるというわけではありません。きちんと支援を受けるための条件が設けられているのですが、TOKYOチャレンジネットに関しては、住居がないことと、東京都内に半年以上在住していることです。なぜなら東京都に税金を納めている人のための支援だからです。仕事についての相談にも乗ってもらえるので、とてもよい制度だと言えるでしょう。

 

市役所以外でも出来るお金に困ったときの対処法

市役所でお金を借りる方法以外にも、いろいろとお金を用立てることができるのですが、主な方法としては生活保護があります。しかし、本来であれば生活に困っている日本人を対象に行われている制度なのですが、本当に困っている人が生活保護を受けられないという事態になるケースもあるのです。

 

逆にそれほどお金に困っていない人が生活保護を不正受給して問題になっているケースもあるので、公平性に欠けると言えるでしょう。しかし、有効的な方法でもあるので、条件をよく確認して相談してみるべきです。

 

また、生活保護を受けながらでも、生活福祉支援制度を受けることができるのです。

 

これによって一時的にお金を得ることはできるので、本当に困ったときのみ利用してみてはいかがでしょうか。他にもクレジットカードの現金化を行う方法や、フリマアプリを利用する方法などもあるのですが、クレジットカードの現金化は、一般的な借金とそれほど変わりありません。そのため、返済する必要が出てきてしまうので、あまりおすすめできる方法だとは言えないでしょう。

 

フリマアプリも近年では現金の出品ができなくなっているので、金券など比較的高く売れる可能性が高い物を出品するなどの方法も可能です。しかし、メリットがある反面、デメリットも存在している方法なので、やはり先ほども少し触れたように、生活福祉支援制度などを利用するのがよいでしょう。

 

また、職業訓練受講給付金を利用する方法もあります。この方法であれば、スキルを身に付けて就職する場合にも有利になるので、おすすめできる方法になっています。

 

職を失ったばかり、退職したばかりでお金に困っているという場合であれば、失業保険を利用するのがよいでしょう。失業保険は返済する義務がないので、安心して利用することができるのですが、給付されるまでの期間が短いというのが欠点です。

 

また、退職したときの状況によって、給付されるまでの期間が長くなってしまうケースもありますし、給付される期間がさらに短くなってしまうこともあります。しかし、利用して損をすることはありません。