【電話連絡ナシ】モビットの申込みから審査までの流れご紹介!

MENU

モビットの申込みから審査について

急な出費があったり、生活費の足しにするために利用する機会が多いのがカードローンです。カードローンにもいろいろな種類があり、人によってどれにするかの基準は違います。

 

まず、大きく3種類のカードローンに分けることができます。

  1. 信販系
  2. 消費者金融系
  3. 銀行系

です。

 

いずれもメリットとデメリットがあります。借りる時に自分に合った条件のものを探すことが重要です。

 

 

借り入れの際に気になるのが金利です。しかし、金利を気にするよりも審査の通りやすさ、手続きの簡単さを重視しないと借り入れができません。審査される期間も重要です。できるだけ早い方が良いです。もしも審査に落ちてしまった場合、他社での申し込みをしなければいけないからです。

 

では、申込みが簡単で審査の早いローンカードはどこなのでしょうか。

 

モビットは三井住友銀行グループの会社だから安心!

一般的に、銀行系はメリットが多いと言われています。もともと、銀行系とは預貯金や各種ローンを取り扱う金融機関が発行するローンカードのことです。銀行が運営していることになるので、金利が急に高くなる心配がなく安心して利用でき、その銀行に口座を持っていれば審査が通りやすいなどメリットがあります。

 

多くのメリットが有る中でも、一番のメリットは金利が低いことです。金利は借り入れした金額に上乗せして支払わなければいけないものなので、低ければ低いほど負担が少なくなります。もしも複数の借り入れがあったなら、金利の低い銀行系ローンにまとめればいいと言うのは金利の低さのメリットがあるからなのです。その銀行系の中でもどこにすれば良いのか、数が多すぎて迷うところです。

 

そんな時は有名な銀行のローンにすると安心です。大手の銀行なら、詳しく説明してもらえる上にサポートがしっかりとしているのでなにかあった時や疑問点があっても即座に対応してもらえます。

 

よく耳にするモビットの特徴の一つとして、三井住友銀行グループの会社であることが挙げられます。三井住友銀行なら、地域に密着した大手の銀行なので安心してカードローンを組むことがでます。

 

住友グループの住友銀行と三井グループのさくら銀行が2001年に合併してできた銀行が三井住友銀行です。本店は東京都の丸の内にあり、北は北海道、南は沖縄まで店舗を拡大しています。駅前や繁華街に店舗が多いので、利用しやすくなっています。日本全国だけでなく、海外にも進出している大手の銀行です。子会社や関連会社も多く、金融業ではネット銀行として有名なジャパンネット銀行や信託銀行として人気上昇中の株式会社SMBC信託銀行などがあります。

 

 

これだけ金融業として活躍している大手の銀行はなかなか見掛けません。そんなモビットの大きなメリットはWEB完結申込サービスです。パソコンやスマホからの申込みで簡単に手続きができます。審査も早く、10秒で簡易審査結果表示になっているので借りたい時にすぐに利用できます。審査結果にもよりますが、最短即日で振込みをしてもらえるのもカードローンを作る上での大きなメリットです。

 

他の大手の銀行系でも安心して借り入れできますが、モビットのように審査や振り込みが早いところは安心して利用できます。

 

モビットの借入条件・利用方法

モビットは消費者金融に分類されます。

 

もちろん、借入条件がありますので誰でも申込みできるわけではありません。借入条件の申込み資格として年齢制限があります。20歳から69歳の方でしたら申込みができます。正社員として働いている人だけでなく、派遣社員、自営業、パートやアルバイトでも借り入れが可能です。安定した収入があると判断されれば大丈夫です。審査時間が10秒簡易審査なので、急いでいても安心して申込みができます。

 

借り入れする時に気になる借入可能金額ですが、800万円まで可能になっています。借り入れできる金額が他の金融業に比べて高額なこともモビットの特徴になっています。ほとんどのカードローンの借入可能額は500万円なので、モビットは高額借り入れが可能です。

 

モビットを利用する時に振り込みをいつしてもらえるかも気になる点です。申込みから審査までが早くても振込が遅ければ意味がありません。ほとんどの人が急を要しているからこそ、カードローンを利用するからです。しかし、心配することはありません。申込みが完了していて電話で連絡をすれば、すぐに審査をしてもらえます。審査に通ればコールセンターから電話がきますので、その場で会員登録をして借り入れができます。

 

早ければ即日融資を受けることもできます。曜日や時間にもよるので注意が必要です。曜日にもよりますが、14時50分までに振込手続が完了すれば問題なくその場で即日融資が受けられます。

 

金利は3.0パーセントから18.0パーセントと平均的な金利なので利用しやすいです。ただ、返済が遅れてしまうと遅延利率が20パーセント掛かるので、遅れずに返済することが大切です。

 

例えば、10万円を金利18パーセントで借り入れし6ヶ月で返済する場合ですと、毎月の返済額が17552円で6ヶ月返済するので合計105312円になります。金利が5312円ということになります。返済が遅れればそれ以上の金利が掛かってくるので注意しなければいけません。

 

利用方法はインターネットやモビットのローン申込機の他に郵送もあります。本人確認書類、収入証明書類、勤務先の証明書類などが必要になります。また、借り入れや返済にはATMや銀行口座が利用できます。返済期日を選ぶことができ、コンビニATMでも返済できるのでとても便利です。

 

モビットのメリットはなんといってもWEB完結申込

インターネットを使ってパソコンやスマホから申込みができる金融業は多くあります。モビットもその一つですが、他社との大きな違いがあります。それは、申込みの完結ができることです。更に、カードの発行が無いことも大きな特徴です。インターネットでの申込みが完了することと、カードの発行が無いことで振り込みの速さに大きな差が出るのです。早く融資をして欲しい人には大きなメリットになるので覚えておいて損はありません。

 

他社でも初めの申込みはインターネットを利用してパソコンやスマホからできます。問題はその後なのです。職場に掛かってくる在籍確認の電話、郵送でのカードの受け渡しがあるとその分融資してもらうのに時間が掛かってしまいます。

 

それだけではありません、職場の人や家族に知られてしまう可能性が出てきます。内緒でカードローンを作る人にとって、これは大きなデメリットになります。モビットのWEB完結申込を利用すれば、職場への電話も無くカードの郵送も無いので周りに知られること無くカードローンを利用することができます。

 

メリットの多いWEB完結申込ですが、利用条件があるので注意しなければいけません。

 

まず、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に普通貯金口座を持っていることです。これは必ず自分名義の口座である必要があります。家族名義などでは利用できません。次に、全国健康保険協会(協会けんぽ)の保険証や組合保険証を持っていることです。

組合保険証とは、企業の健康保険組合や共済組合が発行している保険証のことです。

自営業の人は国民健康保険証なので利用することができません。同じく、船員保険証の人も利用できません。

 

厳しい条件かもしれませんが、会社への在籍確認やカード発行を省くためには必要不可欠な条件なのです。

 

WEB完結申込に必要な書類は、パソコンならスキャナでの読み込みスマホなら写真撮影で送ることができます。

 

WEB完結申込をして、コールセンターに電話で融資の申込みをすれば、急な出費でも融資を受けることができます。コールセンターはフリーダイヤルで無料で掛けられます。ただし、受付時間が9時から21時なので注意してください。また、会員専用サービスのMyモビはとても便利です。パソコンやスマホなどから利用できるのですが、融資の振り込みを最短3分でしてくれます。

 

モビットは無利息期間がない

モビットを利用するにはメリットがたくさんあるのですが、残念ながらデメリットもあります。

 

口コミにも見られるように、無利息期間がありません。

 

無利息期間が無いと困る人もいます。例えば、短期間で返済する予定の人です。宣伝文句に、他社では初めてのお客様なら1ヶ月無利息で借り入れできることを売りにしている事があります。確かに、短期間で返済できる人には魅力的なシステムです。カードローンで気になることは利子がどれぐらい掛かってしまうかということだからです。

 

利息は言わば、自分が借り入れした上に足して払わなければいけないものなので、できれば払いたくないと思うのも当然のことです。お給料前の急な出費で一時的に借り入れする人もたくさんいます。冠婚葬祭があったときなどはよくあることです。次のお給料が出れば返済できるので、借入期間は1ヶ月も無い短期間になります。そんな人には利息を払うことが大きな不満になります。

 

モビットの唯一のデメリットであり弱点でもある無利息期間のサービスが無いことに関係するデメリットがあります。それは、提携するATMを利用するのに手数料が掛かることです。日本全国で加須多くのATMと提携しているモビットですが、手数料を負担しなければいけないデメリットがあります。

 

唯一手数料が掛からないのが三井住友銀行にあるATMだけなのです。便利でよく利用するコンビニのATMや三井住友銀行以外のATMでは手数料が掛かってしまいます。できるだけ早く融資が必要な人なら、どこにでもあるコンビニのATMを利用することが多いと思います。しかし、借り入れしたお金を引き出すにも返済するのにも手数料が掛かってしまいます。

 

短期間での借り入れなら問題ありませんが、長期での借り入れで何度も返済しなければいけないとなると手数料だけでも大きな金額になってしまいます。もちろん、自宅や勤務先の近くに三井住友銀行があり、ATMを利用すれば手数料は掛からないので安心です。

 

200円ぐらいの手数料でも、何度も利用していると結構な負担になってしまいます。それでも、モビットにはたくさんのメリットや利用しやすさがあるので、利用するお客様は減ることがありません。自分に合ったカードローンを選ぶ上で、一つの事柄だけでなく全体のメリットやデメリットを考慮する必要があります。

 

申込画面は簡単でわかりやすく、書類コピーの手間もなし!

先程も記載しましたが、モビットでは審査に書類はコピーする必要はありません。パソコンやスマホで必要事項に入力して、必要な書類の画像を送るだけで簡単に完結します。所要時間も人によりますが、だいたい15分程度です。分かりやすい画面なので、そんなに悩むことも無いかと思います。では、WEB申込の方法を簡単に説明していきます。

 

まず、WEB完結申込について説明していきます。

 

モビットの公式サイトにアクセスしてください。

 

トップページの右側にあるWEB完結申込をクリックします。ここで、WEB完結申込の条件をクリアしているかの確認がされます。三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に自分の普通貯金口座があるかどうか、全国健康保険協会(協会けんぽ)の保険証や組合保険証を持っているかどうかの確認です。

 

次に必要書類の確認になります。チェックボックスをクリックしてチェックを入れます。申込画面へをクリックし、会員規約を読んで同意するをクリックします。ここからが入力画面になります。間違えずに落ち着いて入力しましょう。氏名、性別、生年月日、メールアドレス、電話番号などを入力したら、下にある次の画面へをクリックします。次も住所などの個人情報の入力になります。

 

次の画面では、勤務先の情報や保険証について入力します。次の画面では借入状況や借り入れしたい希望額を入力します。できるだけ最低限の借り入れ額にすると審査も通りやすくなります。パスワードも入力すれば申し込みをするをクリックします。10秒で簡易審査結果表示されます。

 

融資が可能だと表示されたら追加で情報を入力します。5分ほどの作業ですので、ここまでくればあと少しで完了です。その後、必要書類の画像を送り、取り引きに使う口座の情報を入力すれば手続きは終了です。あらかじめ、必要書類の画像をパソコンやスマホに保存しておくのがポイントです。

 

カード申込の場合はモビットのトップページのカード申込をクリックして手続きを進めていきます。入力項目もほぼ同じなので割愛しますが、必要書類が違うので注意が必要です。本人確認に運転免許証、パスポート、健康保険証のいずれかが必要です。収入証明書類も忘れずに用意しなければいけません。どちらも画像を送るだけなので簡単です。手続きが完了すれば、郵送でカードと書類が送られてきます。

 

モビットのメリット・デメリット

では、ここでモビットのメリットとデメリットについておさらいしてみたいと思います。

 

まずは、メリットについてまとめてみます。

何と言ってもモビットのメリットで一番だと思うのはWEB完結申込です。パソコンやスマホで申込みができるだけではなく、分かりやすい画面で入力しやすくて良いです。入力は15分ほどなので、思い立ったらすぐに申込みできます。10秒で簡易審査結果表示なので、ちょっとした空き時間でも充分です。

 

審査に必要な書類をコピーしなくて良いのも手間が掛からず助かります。前もって必要書類の画像があれば、よりスムーズに手続きを完結させることができます。WEB完結申込とカード申込では必要な書類が違うので注意しなければいけません。自分が用意しなければいけない書類が何なのか、ちゃんと確認する必要があります。カード申込はカードなどが後から郵送されます。返送する書類もあるので注意が必要です。

 

申込みに時間が掛からないので、急な融資にも対応してくれます。審査に通ればコールセンターに電話ですぐに融資してもらえます。フリーダイヤルで通話料金が掛からないのも良いです。注意しなければいけないのが、コールセンターは受付時間が9時から21時なので急な融資が必要ならできるだけ早く申込みをしなければいけません。

 

限度額の高さも他社に比べて目を見張るものがあります。800万円も借り入れできるカードローンはなかなかありません。高額になるほど審査が厳しくなりますが、それは他社でも同じことです。必要な人は申込みしてみるのも良いと思います。

 

メリットが多いモビットにもデメリットがあります。デメリットについてもまとめてみます。

デメリットで最初に思い浮かぶのは無利息期限のサービスが無いことです。他社では時々見かける無利息期限がモビットにはありません。給料日前に借り入れするような、返済がすぐにできる人には辛いです。しかし、他社でも無利息期間は初めての人のみという条件があるので、大きなデメリットではありません。長期返済をする人には影響はありません。

 

しかし、長期返済する人にもデメリットはあります。それは借り入れや返済の時に提携ATMを利用すると手数料が掛かってしまうのです。しかし、銀行の口座を使っての取り引きや三井住友銀行のATMなら手数料は掛からないので、これも大きなデメリットではありません。

 

まとめ

モビットのことをいろいろと説明してきて、カードローンを利用する方にとって、そのメリットとデメリットは重要なものだと感じるかと思います。カードローンを作るということは大切なお金の取り引きをすることなので、安心して任せられるだけではなく、取り引きを簡単に始めることができることも大きなメリットになります。

 

口コミの中でもモビットは高評価があり、利用者にとって使いやすく安心できるカードローンなのだと実感できます。ただ、やはり無利息期間サービスが無いことについての不評のコメントを見掛けます。短期間で返済しようと思うなら無利息期間サービスはデメリットになってしまうようです。しかし、それ以上のメリットがあるからこそ、利用する人がいるのです。

 

特に他社にはないWEB完結申込は条件に合えば面倒なことが一つもありません。WEB完結申込を利用するための条件はもう説明しましたが、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に自分の口座があること、会社勤めしていればもらえる保険証を持っていることです。簡単に言えば、会社勤めをしているなら三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に自分の口座を作ればWEB完結申込が利用できるのです。

 

WEB完結申込ならインターネットで申込みが完結するメリットだけでなく、周りに知られること無くカードローンが利用できるという大きなメリットがあります。口コミの評価でこのWEB完結申込についての評価が高いことからも、WEB完結申込がどれだけ役立つサービスなのかが分かります。やはり、WEB完結申込ならカードローンを利用したことを知られることがないという秘密性が大きいからだと思います。

 

カードローンを利用するのは誰しも何らかの事情があり、それを他人だけでなく家族にも知られたくないと思うこともあります。会社への在籍確認があると会社の人たちにカードローンを利用したことが知られてしまいます。会社での立場を考えると、それは良いことではない人が多いです。また、家族にカードローンを利用したことが知られると、家族の関係が危うくなってしまう人もいます。そんな人のためにもWEB完結申込は必要なサービスなのです。

 

他にもモビットのメリットは多く、WEB完結申込で審査が通ればすぐに融資してもらえたり、借り入れや返済に銀行口座を利用すれば手数料が無料になったりします。サポート体制が良いという口コミがたくさんあることからも、モビットは安心して取引ができると思います。