状況別の制度が変わるので注意!国からお金を借りる方法とさまざまな制度

MENU

国からお金を借りる方法とさまざまな制度

 

国からお金を借りることが出来ることをご存じでしたでしょうか?実は日本には国が持っている融資制度が存在しています。あまり知られてはいないことが多いのですが、無利子であったり、非常に低い金利でお金を借りることが出来るようになっています。

 

しかしながら、この制度は日本国内での認知度が低いので、それをうまく活用することが出来る日本人が限定されてしまうということもあります。このサイトでは国が持っている融資制度について紹介をしていきます。条件に該当するかたであれば融資を受けることが可能になってきますので、条件の良いものとなります。

 

お金を賢く更に手堅く活用できるようになることが期待される制度であるといえます。

 

国からお金を借りる5つの方法

以下の5つの条件に合う方であればお金を国から借りることが可能になります。

 

  1. 仕事についていない方、あるいは非常に収入の低い方、一方で母子家庭の方も該当してきます。
  2. 体に障害をお持ちの方も国からお金を借りることが可能です。また、高齢者の方も国からお金を借りることが可能です。
  3. 教育に関する資金を必要とされている方も国からお金を借りることができます。
  4. 不動産をおもちの高齢者の方も国からお金を借りられます。
  5. 事業を展開するための資金やこれから事業を起こそうとする方も国からお金を借りることができます。

 

国の制度ではありますが、誰もが絶対にお金を借りることが出来るという訳ではありません。お金を借りるには一定の基準を満たしていないといけません。国から借りることが出来ない場合には、目的別のローンなどを活用すると良いでしょう。学費などは、奨学金に応募するという方法も考えられます。

 

国からお金を借りる5つの方法の詳細

1:仕事をお持ちでない方あるいは十分な収入が得られない方が、国が運営している生活福祉資金貸付制度から総合支援資金を借り入れることが出来るようになっています。

 

生活福祉資金貸付制度とは、社会福祉協議会と呼ばれるセクションが金銭的に困っている方の自立を助けることをおこなっていきます。すなわち、生活の再建に必要となってくる費用(2人以上:月20万円、単身:月15万円)や、住宅の賃貸契約を結ぶために必要な敷金や礼金などを借り入れることも可能です(40万円以内)。

 

利息は連帯保証人が要る場合には無利息ですが、保証人を立てることが出来ない場合には、1.5%(年利)となっています。また、生活を立て直すために必要な日常的な資金を60万円まで借り入れることも可能になっています。この制度を活用するためには、申請者が失業保険や年金を受け取っていないことが必要になります。

 

住む家が決まっていないような場合には、住宅手当の受給も必要になります。また、お仕事が決まっていないような場合には、同時にそれを解消するための自立支援相談機関に相談に相談することも必要です。この制度の内容はそれぞれの自治体で若干異なっていますので、詳しくはそれぞれの自治体の社会福祉協議会のホームページを調べてみるか、電話などでのお問い合わせがお勧めです。

 

母子家庭の方に対しても、国からの援助システムが用意されています。お金にお困りの母子家庭の方は、母子福祉資金・父子福祉資金からお金を借りることができます。利息は連帯保証人が要る場合には無利息ですが、保証人を立てることが出来ない場合には、1.5%(年利)となっています。使途は限定されていませんので、生活費にお使いになることもできますし、お子さんの学費としてお使いになることもできます。一方で冠婚葬祭などの費用にもお使いになれます。

 

例えば、東京都の場合には、事業をスタートさせるのに必要な費用として、母子家庭の場合には283万円を借りることが可能です。現在行っている事業を継続するための費用として142万円を借りることも可能です。事業を始めるにあたって必要となる技能を習得するための費用として最高で月額6万8千円を借りることができます。お子さんの方も同様に最高で月額6万千円を借りることができます。

 

また仕事をするにあたって自動車が必要になる場合には、33万円を借りることが可能です。医療や介護を受ける際にもお金を借りることが可能です。住宅を借りる費用や引っ越しをする費用も国から借り入れることが可能です。結婚をする際の費用や学校の授業料を支払う費用も借り入れることができます。

 

2:体に障害をお持ちの方やご高齢の方の場合には、生活福祉資金貸付制度の「福祉資金」を国から借りることが可能です。使途としては、それぞれの方の生活のための費用や家の修理、補助器具の購入や介護などのサービスな費用にそれを充てることが可能です。580万円までの国からの借入が可能となっています。利息は連帯保証人が要る場合には無利息ですが、保証人を立てることが出来ない場合には、1.5%(年利)となっています。

 

また、緊急性があって、一時的にお金が必要な場合にはこれとは別に10万円までを緊急小口資金の制度で借り入れることが可能です。この制度の場合も、それぞれの自治体レベルで内容が異なっていますので、まずは問い合わせてみるのが賢明です。

 

3:お子さんが教育を受けるための費用を低給与のために準備できない場合には生活福祉資金貸付制度の「教育支援資金」を国から借りることが可能です。就学に際して必要になってくる定期券や施設費などに充てることが可能な教育支援費(学校の種別によって最高の借入額が変わってきます)と教科書、制服代などに充てることが可能な就学支援費(50万円以内)があります、両方の制度を併用することも可能です。

 

教育支援資金の場合には入学金や学費などにそれを充てることはその納付期限の後では不可能となっています。また、法律で定める就業年限以上の貸し出しは不可能となっています。つまり、できるだけ早く申し込みをすることが肝要ですので、入学が決まったら出来る限り早いタイミングでの借入申請をしていくと良いでしょう。

 

4:生活をするための費用に困窮している不動産をお持ちの高齢者の方の場合には生活福祉資金貸付制度の「不動産担保型生活資金」を国から借りることが出来るようになっていますう不動産を担保にすることによって、一定のお金を毎月借り入れることが可能になります。高齢者の方がなくなられた時あるいは融資期間が終了した段階でその不動産を処分することで対応していきます。利率は毎年見直しが行われる仕組みになっています。

 

不動産担保型の生活資金の場合には土地の評価額の70%まで借り入れることができます。毎月の借入は30万円までとなっています。不動産の価格が一定の基準を満足していることが必要です。いくつかの審査基準がありますので、それを満たしていないとお金を借りることが出来なくなってしまいますので注意が必要です。不明の点がある場合にはあらかじめ窓口に問い合わせをしておくと良いでしょう。

 

5:企業を経営している方がそのための資金を借り入れる際には日本政策金融公庫からの借入がお勧めです。日本政策金融公庫は国が運営を行っている金融機関です。民間の金融機関から、事業資金を借りることが出来なかった場合でもここからであればお金を借りることが可能になることもありますので、問い合わせてみると良いでしょう。最高で4800万円までを借り入れることが出来ます。

 

利息などは、担保の有無や返還の期間によって変わってきます。と言っても多くの場合には民間の金融機関よりも低金利となっています。

 

しかしながら、借入の手続きに時間がかかることが多くなります。また、一度でも返済にトラブルを起こしてしまうと二度と貸してもらえなくなってしまうので、その点は注意しなくてはなりません。借入の際には自治体の担当者が事業者と会って、それを決めていきますので、非常に長い期間が審査には必要になってしまうことが多くなります。詳細については、公式のwebサイトなどを調べてみると良いでしょう。

 

一方で起業を考えている方も同様に日本政策金融公庫からお金を借りることが出来るようになっています。

 

新創業融資制度では3000万円(そのうち運転資金が1500万円)を借り入れることが可能です。新規開業資金(新企業育成貸付)制度では、7200万円(そのうち運転資金が4800万円)を借り入れることが可能です。女性、若者/シニア起業家資金制度では、7200万円(そのうち運転資金が4800万円)を借り入れることが可能です。(女性の場合には35歳未満、あるいは55歳以上の方が利用可能です)。

 

新規事業をスタートさせる方のための融資システムですが、事業を開始して一定期間内であれば借入可能となる場合もあります。借入に際しては事業計画書の提出は必須となります。これ以外にもいくつかの融資制度が用意されていますので、詳細についてはwebサイトを確認するか、問い合わせてみると良いでしょう。

 

市役所からもお金を借りられる

今まで紹介してきた国からのお金の借入の方法は基本的に全てが自治体が窓口になっていますので、お金に困ったら、まずはお住まいの地域を管轄する地方自治体にお金の相談をしてみるといいでしょう。

 

それぞれの方の生活状況に合わせた対応を自治体の方で判断してタイプしてくれることになるはずです。お金を借りるということは、必ず返すことが必須ですので、返済のあてがないような状況の場合には生活保護を受けるということも必要になってきます。

 

国からお金を借りいれる制度の他にお住まいの地方自治体がお金の融資を行ってくれるというシステムも調べてみると良いでしょう。特に大きな都市などに住んでいて財政状況が豊かな場合には、国の制度とは別の貸付制度を用意していることも考えられます。もしも生活に困ったら、市役所に問い合わせてみると良いでしょう。生活に困らないような知恵をアドバイスしてもらえるようになるかもしれません。

 

お金を借りることも生活を楽にするための方法ではありますが、借りたお金は返すことが必要です。自治体だから、お金を返さなく良いというルールは全くありませんし、更には保証人の方にも迷惑をかけて仕舞うことにもなりますので、制度があるからと言って気楽にそれを使うことは避けたほうが良いでしょう。

 

まずは、仕事に就くことが必要です。仕事をすることによって、給与を得ることが出来るようになれば、それをもとに生活をしていくことが可能になります。例えば、そのための支援を市役所にしてもらうというのは非常にリーズナブルな考え方です。

 

したがって、お金を将来安定して得ることが出来るようになるために、損ための準備費用としてお金を借りいれるという考え方を常に持っていなくてはなりません。病気などで体を動かすことが出来ないというような場合以外は、労働してお金を得ることを考えていかなくてはなりません。

 

働くこともしないで、国や市役所からお金だけを借りるということをしてしまうと、結局自分を破滅に追い込むことになってしまいます。

 

自立の支援を行うための制度であることを考えるのであれば、借りたお金を元手にして、それを大きく増やして生活に余裕を与えるようにすることが必要になります。就学支援についても同様で、勉強することによって、将来の就職について有利になるようにして、それを活用してお金を返済していくことを考えていくことが必要になってきます。

 

どんな場合においても、人生設計はしっかりとしたものでなければなりません。それを十分に検討をしておかないと後で大きな後悔をすることになります。

 

また公的な支援制度は生半可なものでは審査に通らないというようなこともでてきます。そんな時に、いわゆる高利貸しからお金を借りてしまうと、自己破産などをしてしまう可能性もでてきますので、そんなことにならないように十分な注意を持って生活を送っていくことも必要です。

 

自己破産をしてしまうと、その後のお金の借入に大きな支障をきたしてしまうことになりますので、自立支援の機会を失ってしまうことにもなってしまいます。借りたお金は絶対に返すという強い信念が必要なのです。

 

カードローンでお金を借りるなら賢く!

 

国や市役所からお金を借りる制度はもちろんありますし、しかも低金利であるので大変便利なものなのですが、残念ながらお役所仕事ということもありますので、手続きに案外と時間がかかってしまいます。したがって、あらかじめ十分な時間的な余裕を持っていないとそれを活用することが出来なくなってしまいます。そんな時にお勧めになるのがカードローンです。

 

カードローンの場合には即日融資に対応してもらえるものもありますので、それを使えば急にお金が必要になってしまっても直ちにお金を準備することが可能になってきます。しかしながら、誰もがカードローンでお金を借りることが出来るという訳ではありません。

 

カードローンには審査がありますので、それにパスすることが必要になります。審査におちてしまうとお金を借りることができなくなってしまいます。カードローンの審査は一定の収入が継続的にあることが必須となってきますので、無職の方はお金を借りるのがほとんど不可能になってしまいます。

 

一方で主婦や学生の方であっても20歳以上でパートやアルバイトなどによって継続的な給与をもらっていればカードローンの審査にパスすることも可能になってきます。しかしながら、総量規制と呼ばれる法律がありますので、年収の3分の1までしかお金を借りることができませんので、他からの借入がある場合に、この法律に抵触するような借入の申請をしてしまうと100%の確率で審査におちてしまうことになります。

 

総量規制に抵触してしまうような場合には返済を行って、借入の余裕を作り出すことがお勧めです。

 

また、非常に多くの金融機関からお金を借りているような場合も、カードローンの審査におちてしまうことになります。これは金融機関の方で、申請者がお金に困っているのではないかという印象を持ってしまうからと考えられます。このような場合には、おまとめローンなどを使うことによって、借入の件数を減らすことが肝要です。

 

一方で、これまで債務整理などの金融トラブルを起こしてしまっていることがあるような方もそれが原因で、お金の借入が難しくなってしまいます。日ごろからお金を借りたら必ず返すようにすることが重要なポイントになります。

 

 

お金を借りいれる際の審査には、在籍確認と呼ばれるプロセスがあります。

在籍確認とは、金融機関の方から、申請者の勤務先にその勤務状況を電話で確認する作業です。

 

電話できちんと在籍確認ができないと、やはり、カードローンの審査におちてしまいますので、正しい勤務先の情報を金融機関に伝えておくことが必要です。間違ってしまうと、それだけで信用を失って審査におちてしまうことも考えられます。

 

国や自治体からの借入にくらべて、カードローンの利息は高いものとなっています。すぐにお金を融通してくれることを考えればそれも仕方がないとはいえますが、一部の金融機関では初回の借り入れの際には、30日間に限り無利息での借入が可能な金融機関もありますので、場合によってはそこからお金を融通してもらえば、お得にお金を用立てることも可能になることが期待できます。

 

国からお金を借りる方法まとめ

一定の条件を満たす場合には、国からお金を借りることが出来るように我が国はなっています。しかしながら、公的な機関からお金を借りるには手続きに時間がかかってしまい、急にお金が必要になった場合に時間的な余裕がないことも考えられます。

 

例えば事業を展開するために国からお金を借りることを考えているような場合には逆算していつまでにお金が必要になるから、このタイミングでの申請が必要になるということを十分に確認して、手続きを行っていくことがどんな場合においても重要です。

 

また、公的な機関は非常にルールに対して厳密であることが多いので必要な書類が一つでも欠けていると、それだけで申請できなくなったり、審査におちてしまうこともありますので、注意が必要です。

 

といっても、国からお金を借りることが出来れば、無利子または低金利となりますので、返済の負担は小さいものになります。ですから、採択率は非常に低いかもしれませんが、必ず借入の申請は上げてみると良いでしょう。国からのお金の借入の窓口はお住まいの市役所などに設置されていますので、そこに不明の点がある時には問い合わせてみるといいでしょう。

 

また、それぞれの地方自治体には国の制度とは別のその地域独自の借入制度が用意されていることもありますので、その際に確認してみると、良いでしょう。国からの借入と同様に地方自治体からの借入の場合も、低金利であることが多くなっています。

 

国や市役所などからのお金の借入は低金利であることが魅力なのですが、その審査に時間がかかってしまって、明日にもお金が必要という時にはあまり役に立たないことが多いものです。そのような緊急の事態のときには、カードローンを活用するといいでしょう。もちろんカードローンの活用には審査が必要ですので、審査に通るためには日ごろからお金の管理は十分に行い、無駄な借入は基本的にしないようにすると良いでしょう。

 

お金の借入をする際には、本当にそれが必要なものであるかどうかの確認をまずすることが肝要です。次に、それを本当に借りないといけないのかについても確認しなくてはなりません。倹約などによってその費用を作り出すことが可能であれば、わざわざお金を借りる必要はありません。お金の借入はどんな場合でも計画的に行っていくことが必要です。