カードローンの金利・利率はいくら払っているか知っておくべき!金利・利率の計算方法

MENU

カードローンの金利・利率の計算方法

 

カードローンを利用するときに気になるのが、毎月の返済額や金利の負担額です。同じお金を借りる場合でも毎月の返済額や金利が少ない方が負担が少なく安心して利用できます。

 

しかし、カードローンは、カードローンの発行会社によりあらかじめ金利が設定されています。カードローンの申し込みを行うときに借り入れ限度額と一緒に金利の利率も設定されることになります。

 

そのためカードローンの契約の見直しを行わない限り利用するときに発生する金利は、契約当初のまま負担していくことになります。現在利用できるカードローンの利息について考えてみましょう。

 

カードローンの利息を計算するには?

カードローンは、返済するときに契約により借り入れをした金額すべてを一括で返済するわけではありません。通常リボルビング払いの定額返済の方法を採用しています。リボルビング払いは、借り入れを行ったカードローンの残高の金額に応じて返済する金額が増えていきます。

 

カードローンで30万円以下の借り入れを行った場合には毎月1万円、カードローンの残高が30万円を超えた場合には1万円に1万円が加算され毎月2万円返済していく方法です。カードローンを利用した借り入れの残高が増えることで返済していく金額も増えていきますが、同時にカードローンの利息も増えていくことになります。それはカードローンの残高が増えていくからです。

 

カードローンの利息の計算は、借り入れを行った前月残高に契約により決められている利息の金利利率を乗じて計算した金額を1年間の年数である365日で除した金額に前月の支払日の翌日から当月の支払日までの月数を乗じて算出した金額が利息の金額となります。

 

この金額は、カードローンの借り入れ限度額の残高や返済までの月数が31日間、30日間と変動することで若干金額が異なってきます。カードローンを追加で利用しない場合には、毎月返済する元金と一緒に支払う利息は徐々に減額されていきます。   

 

カードローンの返済金額は、銀行系の金融機関や消費者金融系の会社により元利合計の均一の返済金額か契約により決められている元金に利息が加えられる方法により返済していきます。   

 

元利合計の均一の返済金額の場合には、カードローンの借入残高が一定金額の区部された範囲内の場合には、同じ金額を返済していきます。カードローンの残高が30万円以下の場合に毎月1万円返済していく場合には、カードローンの残高が1万円以上の残高になっているときには毎月1万円の返済が続くことになります。

 

しかし、内訳が異なります。同じ1万円の返済でもカードローンの残高が30万円に近い場合には、利息の割合が大きく元金の割合は小さくなります。反対にカードローンの残高が少ない場合には元金の割合が大きく利息の割合が小さくなります。この返済方法のメリットは、一定金額以上の返済を行う必要がないことです。しかし、元金が借り入れ当初はなかなか減っていかないことになります。   

 

カードローンの返済で元金に利息が加算される方法では、利息の計算は同じですが決められた元金に利息が加算されて返済していきます。こちらの返済方法では毎月決められた元金を確実に返済するため、早く借入残高が減少していきますが毎月の返済額の負担が大きいです。   

 

カードローンの利息を計算する場合にはこちらの計算式を利用することができますが、計算が面倒な人にはインターネットのカードローン利息のシミュレーションのサイトを利用して計算することができます。毎月の返済額やカードローンの残高そして利息の利率の情報が必要となります。

 

利息をできるだけ少なくしたいなら

お金を借りて返済するときに利息を加えて返済しますがだれでも利息をできるだけ少なくしたいと考えます。契約により利息が決められていますが、カードローンでは、申し込みの審査により利息の利率は異なります。  

 

同じ収入で同じ財産そして同じ信用がある人でもカードローンの申込の仕方により利息が異なることがあります。それが銀行系の金融機関や消費者金融系の会社でも同じですが申し込みをする時の借り入れ限度額の違いです。カードローンを発行する会社では、少額の借り入れ限度額の設定をするときには利息が高く設定されます。これは利率がある高く設定されることで毎月返済の時に支払う利息も高くなるからです。

 

少額であれば、貸し倒れのリスクも低いのに利息の利率が高いのは、申し込みを行った人の信用度の違いです。同じ信用度を持っている人であっても、借り入れ限度額を少額にする場合にはその少額の利率の設定を適用されるからです。信用度の高い人であれば、借り入れ限度額が高い申し込みを行い審査が通過することで、少額の借り入れ限度額の利率よりも低い利率でカードローンの利用ができます。

 

カードローンの発行する会社が設定する少額の利率は、カードローンの申込をした人の信用度が低い人に設定する利率です。しかし、信用度の高い人であっても少額のカードローンの申込をすると同じように利率が設定されます。そのため信用度が高い人は利息をできるだけ少なくするために借り入れ限度額を高く申し込むことで利率を低くすることが可能です。   

 

銀行系の金融機関で利用できるカードローンでは、大手メガバンクの銀行では金利が2%から14%と幅広く設定されています。信用度が高い人が2%の金利となりますが信用度の低い人は14%と設定されてしまいます。これも借り入れ限度額の金額と連動しており信用度の違いによりこれだけ利率の幅があります。   

 

大手の消費者金融系の会社でも、利率の幅があります。大手消費者金融系の会社のカードローンでは、利率が3%から18%と設定している会社があります。これも信用度により利率の幅があります。利息をできるだけ少なくしたいならば、借り入れ限度額を高く申し込む方法があります。しかし、高く借り入れ限度額を設定しすぎても審査に通過しないことがあるので、仮審査などで通過するかテストを行いましょう。

 

利息なしでお金を借りる事は可能?

カードローンの利用は、銀行系の金融機関や消費者金融系の会社が発行する場合でも、利息なしで利用できる事は不可能です。カードローンを発行する会社は、利息で収入を得ることになります。

 

そのため利息なしでお金を貸すことが通常ありえません。

 

また、一定期間カードローンを利用した場合に利息が発生しないサービスがありますが、これはカードローンを利用したすべての条件に該当しません。

 

こちらのサービスを提供している消費者金融系の会社が発行するカードローンでも初めて利用する人に限って適用されるサービスとなります。  

 

新生銀行のレイクが行っている利息のサービスでは、初めてこちらのカードローンを利用した人が適用されるサービスで初めて利用した場合に30日間利息が無料のサービスとカードローンの利用金額5万円までが180日間利息が無料となっているサービスがあります。  

 

新生銀行のレイクが提供しているサービスの180日間無料サービスは、初めてカードローンの借り入れをする人が利用できるサービスです。そのためいつでも自由に利用できるサービスではありません。

 

こちらのカードローンに入会して初めて利用した時に利用金額5万円までが180日間利息が無料となるサービスです。こちらのサービスでは初めて新生銀行レイクで契約をした人が、借り入れ限度額1万円から200万円で設定されている人です。

 

無利息の開始日は、カードローンの契約をした日の翌日から開始されるため、カードローンの利用の予定がなければこちらの会社に申し込みをしてカードローンの発行をした時のこれらのサービスを利用できなくなります。そのためこちらの新生銀行レイクでカードローンの申込を考えているならば、こちらの利息がかからないサービスを利用する場合に、無利息の開始日を確認することが大切です。

 

契約して一定期間経過してしまうとこちらのサービスが適用されないことがあります。契約する時に確実に確認することが必要です。

 

30日間無利息サービスを利用できるカードローン

銀行系の金融機関のカードローンと消費者金融系の会社が発行するカードローンでは、借り入れ限度額に総量規制が適用されるかどうかにより借り入れの金額が異なります。また、利息の利率についても銀行系の金融機関と消費者金融系の会社を比較すると消費者金融系の会社の利率が高く設定されています。

 

これは貸し倒れのリスクを考えてまたは申し込みを行った人の信用度により利率の違いがあります。しかし、消費者金融系の会社は全体的に銀行系の金融機関が発行するカードローンの利率よりも高くなっています。そのためカードローンの申込をする人は、当然利率が低い銀行系の金融機関を利用したくなります。この考え方では消費者金融系の会社のカードローンを申し込む人が少なくなってしまいます。

 

そのため消費者金融系のカードローン会社では、独自のサービスを行いカードローンの利用者を増やす努力をしています。

 

大手の消費者金融系の会社が行っている独自のサービスでは、大手のプロミスアコムなどでは、初めてこちらのカードローンを利用する的に適用される30日間無利息サービスを提供しています。少額の借り入れをする人にとっては、この無利息期間で返済をすることが可能な場合には、利息を払わずにお金を借りることが可能となります。

 

無利息期間が30日ですが、この期間は利息が加算されないため銀行系の金融機関が発行するカードローンに比べて低い金利で利用できることになります。   

 

消費者金融系の会社が提供する無利息期間のサービスは、注意が必要です。ほとんどの消費者金融系の会社では無利息期間は30日となっており契約した日の翌日から適用されています。そのため契約した時からカードローンの利用をしていないと、無利息期間が短くなってしまいます

 

また、知らないうちに無利息期間が終了してしまうことがあります。そのため消費者金融系の会社でカードローンの利用をしてこの30日間無利息サービスを利用したい場合には、契約した日の翌日にはカードローンの利用を行う必要があります。

 

この無利息期間のサービスを利用したいと考えているならば、カードローンを利用する必要があるまで消費者金融系の会社のカードの申し込みをすることを待つ必要があります。

 

利用額で金利が低くなる仕組み

カードローンの利用をするときに、利用額により金利が低くなることがあります。これは借り入れ限度額が関係しているものです。

 

カードローンの申込をするときには、借り入れ限度額の希望を記載します。銀行系の金融機関や消費者金融系の会社のカードローンでは、最低30万円や50万円から高額では500万円または1,000万円の限度額を設定しているものがあります。これらの借り入れ限度額の違いにより金利が異なることになります。

 

通常高額な借り入れをする場合には金利が高くなると思われがちですが、カードローンの場合には借り入れ限度額の違いにより金利が異なります。

 

借り入れ限度額が少なければ少ないほど金利が高くなる仕組みとなります。そのため少額の借り入れを考えてカードローンの申込をした人は、金利が高く負担することになります。

 

年収が一定金額以上あり、借金を返済すべき財産を有している人で、信用度の高い場合にはカードローンの借り入れ限度額は高く申し込みを行いましょう。借り入れ限度額が高ければ高く信用度が高いほど利用した金額の金利は低くなります。高額の利用額を行っても金利が低くなる仕組みがカードローンです。

 

返済する信用度が高いため借り入れ限度額が高く設定できる人は、貸し倒れのリスクが低くなります。そのため同じ利用額でも借り入れ限度額の設定の違いにより金利が高い人と低い人は現れます。カードローンでは、借り入れ限度額により金利が低くなる仕組みです。

 

借り入れ限度額の違いにより利用額の金利の違いがあります。利用額で金利が低くしたい場合には、カードローンの申込をするときに借り入れ限度額を高く申し込む必要があります。しかし、審査が厳しくなるため審査が通らないことがあります。必ず仮審査サービスなどを利用してカードローンの申込の信用度を調べておきましょう。

 

信用度の範囲内であればカードローンの借り入れ限度額を高く設定することで利用額の金利を低く負担することが可能となります。

 

低金利のカードローンを選ぶ際の注意点

カードローンで低金利のものを選ぶ事は、毎月の返済の元金と利息の割合が異なります。低金利であれば元金の割合が高くなり返済する期間を短くすることができます。そのためだれでも低金利のカードローンを利用することを考えます。銀行系の金融機関のカードローンと消費者金融系の会社が発行するカードローンでは、金利の設定が異なります。

 

カードローンの審査に厳しい銀行系の金融機関が発行するカードローンは、若干金利が低くなっていますが、借り入れ限度額によってはあまり大差のない金利になります。

 

低金利のカードローンにするためには、借り入れ限度額を高く申し込む必要があります。カードローンの申込でだれでも借り入れ限度額を高く申し込み審査が通過するわけではありません。カードローンの審査によって借り入れ限度額が低く設定される場合があります。また、消費者金融系の会社に申し込むカードローンでは、申込情報が信用情報機関に登録されてしまいます。

 

審査が通過しない場合には他の消費者金融系の会社に申し込みますが、信用情報機関に登録されていることで何度も申し込みを行っても一定期間登録が抹消されない限り審査に通過することが難しくなります。そのため審査に通過できる借り入れ限度額を設定することが大切です。

 

低金利のカードローンを選ぶならばやはり銀行系の金融機関が発行するカードローンが低金利です。中でも借り入れ限度額が高いカードローンと発行してもらうことが低金利につながります。信用の高い人ほど借り入れ限度額が高く設定でき金利も低く設定されます。カードローンの回収による貸し倒れのリスクが低い人ほどこの条件でカードローンの利用が可能となります。

 

また、申込当初は金利が一般的や高い金利の人でも長く利用することで信用の見直しが行われます。カードローンの申込した人から借り入れ限度額を高くすることや金利を低くしてもらう提案をしても簡単に審査が通過しません。

 

しかし、銀行系の金融機関や消費者金融系の会社からの提案の場合には、これらの条件の見直しの審査を通過しやすいです。見直しの提案を相手側からしているため、相手側の提案通りになる可能性が高いからです。