MENU

事業者向けのローンとは?

 

会社や自営業を営んでいる人を対象としたローンは、事業者向けローンと呼ばれています。企業に勤務しているサラリーマンやアルバイトの人などは利用できない専用のローンです。金融機関の一般的なカードローンは借入の目的が生活費などに限定されており、事業のための資金として利用するのは規約違反にあたる恐れがあります。

 

消費者金融のフリーローンなら自営業や会社を営んでいる方でも借入できますが、厳しく審査されるケースが多いです。ほとんどの場合、所得の証明書などを求められることになるでしょう。また、高額の借入を行うのは困難であると考えられます。しかし事業者向けローンであれば、元から事業のための資金を対象とするものなので、審査はそれほど厳しくありません。

 

高額の借入

生活費などに比べて事業の資金は多額であるのが一般的ですが、事業者向けローンを利用すれば、そのような多額な資金でも借入できる可能性が高いです。資金繰りに困っている個人事業主や、事業拡大を目指す会社の取締役などにとって心強い存在といえるでしょう。

 

借入をする目的はさまざまですが、一般的にはつなぎ資金の確保や運転資金の追加のために利用されることが多いです。

 

特に会社を経営している場合は毎月多くの出費があります。従業員に支払う人件費や各種手当などの諸経費があるため、個人事業を営んでいる場合より多くの資金が必要になるでしょう。経営が順調でない場合は、毎月何らかの方法で資金を補填しなければなりません。たとえ消費者金融などが提供するカードローンを利用できたとしても、資金繰りが追いつかないケースがほとんどであると予想されます。

 

そのため中途半端にそれらを利用することは避けるのが無難であるといえます。最初から事業者向けローンの利用を検討した方が良いでしょう。

 

事業者向けローンはその他のローンと異なり、500万円以上の借入もそれほど難しくはありません。場合によっては1000万円の資金を借りられることもあります。そうなれば、多くの場合は経営状態が十分潤うのではないでしょうか。資金繰りに苦労している場合は、強い味方になってくれるでしょう。

 

総量規制

銀行のカードローンと事業者向けローンには多くの相違点があります。その中でも特に大きな違いといえるのは、ノンバンクから借りるという点です。貸金業法を知っている人は、改正貸金業法に則って総量規制を考慮する必要があると考えるかもしれません。

 

しかし事業者向けローンであれば、年収の3分の1以上を借りられるケースがあります。ただし、そのためには一定の条件を満たす必要があるので注意しましょう。その条件は大きく分けると以下の3つです。

 

1つ目の条件は個人事業主であることです。

開業届を出して事業として取り組んでいる人などを指します。その一方で、株式会社などの形態の場合は条件を満たせません。法人として経営している場合は、規制の対象になってしまうので注意が必要です。

 

2つ目の条件は確定申告を行えることです。

事業による収益を得て、確定申告書を提出していなければなりません。確定申告をする際、写しを用意しておくと税務署で押印してもらえます。借入の際にその写しを求められるのが一般的です。

 

3つ目の条件は、事業や資金に関する計画書を提出できることです。

銀行とは異なりますが、やはり借入を行う以上、十分返済できる可能性があることを示す必要があります。その審査を行うための参考資料として使用されるというわけです。今後の計画が不十分な場合は否認されることがあります。

 

オリックス銀行なら事業者の方でも

ここまでの説明で事業者向けローンの有用性をご理解いただけたのではないでしょうか。しかし、事業者がカードローンを利用したい場合は、どこから借りれば良いのか分からない人もいるでしょう。そのような場合は、オリックス銀行を利用するのがおすすめです。

 

オリックス銀行のカードローンは、高額でも借りられることが大きな特徴です。多額の借入を希望している事業者にとっても、非常に頼もしい存在といえるでしょう。

 

オリックス銀行は多くの場合、300万円までなら所得の証明書を提出する必要がありません。そのため他から借りる場合と比べて、ほとんどの場合は手続きが簡単です。資金不足で困っているときは、すぐに借りたいと考える人が多いでしょう。そのため、スムーズに借りられることは大きなメリットといえます。

 

さらに最大で800万円まで借りられるので、多くの場合はオリックス銀行を利用するだけで事足りるでしょう。このようにスピードと金額の面において、非常に利便性の高いカードローンになっています。

 

またオリックス銀行のカードローンにはもう1つ大きな特徴があります。それは法人を経営していても、総量規制の対象外として借りられることです。事業性のある用途に利用できない制限はありますが、限度額内に収まる場合はオリックス銀行のカードローンを利用してみてはいかがでしょうか。