カードローンで土日でも即日融資を受ける方法

MENU

カードローンで土日でも即日融資を受けれるの?

平日であれば、どこの金融業者からでも、即日融資を受けることができます。しかし、金融機関が閉まっている土日に限って、予期せぬ出費に追われるということは誰にでも起こりうるものです。そういう場合に、即日融資をしてもらうということは可能なのでしょうか?

 

カードローンであれば、土日であっても、即日融資をしてもらえる可能性があります。

 

しかし、どこの金融業者でも可能というわけではなく、さまざまな条件を満たす必要があります。では、実際にどのようなことをクリアせねばならないのでしょうか?

 

ここでは、土日に即日融資を受けたいという際に対応している金融業者、それから即日融資のカードローンの審査をするときに必要になる手続きについて説明しましょう。

 

即日融資ができる可能性が高いカードローン

土日であっても即日融資ができる可能性が高いカードローンですが、そこで一番重要なポイントとなるのは「無人契約機を設置しているかどうか」という点です。

 

土日は、残念ながら金融業者は店舗を閉めているところがほとんどです。つまり、窓口に出向いてカードローンを申し込み、即日融資を受けるというのは、まず不可能ということになります。さらに、平日であれば、カードの自宅郵送を待たずに、直接自分の銀行口座への振り込みによって即日融資をしてもらうことができます。

 

この銀行口座への振り込みという手続きも、残念ながら土日には対応していません。カードローンの申し込みだけは、WEBで24時間体制で受け付けています。しかし、実際に融資を受けられるのは翌営業日以降となります。

 

ここで大きな鍵を握るのが、無人契約機の存在というわけです。無人契約機があれば、WEBやフリーダイヤルでカードローンを申し込み、その後、審査に無事通過すれば、もよりの無人契約機からローンカードの発行をしてもらえることになります。そのカードを用いて、ATMから好きな額を引き出せるという方法です。

 

要は、ローンカードをすぐに発行ができるかどうか、それが土日の即日融資を左右するということです。

 

この無人契約機を設置している金融業者ですが、大手の消費者金融に限られます。テレビなどで大々的に宣伝をしているところであれば、大抵無人契約機を設置しています。しかし、街金など、小規模の会社では無人契約機はありませんので、即日融資してもらえる見込みはありません。

 

ですので、まずは自宅近辺に、消費者金融の無人契約機があるかどうかを、ネットで検索してみるとよいでしょう。せっかくカードローンの審査に通過しても、無人契約機があまりにも遠方では、そこまで出向けないということもあるでしょう。そうなると、すぐにお金を引き出すことができません。それを避けるためにも、申し込みをする前に必ず、無人契約機の位置を確認することをお勧めします。

 

さらに、カード発行ができる時間帯にも注意が必要です。無人契約機といえども、24時間経営ではありません。21時や23時などでいったん機械をクローズし、翌朝7時まで使用不可になるところがほとんどです。また、カードローンに申し込みをすると審査に時間がかかりますので、その時間も考慮せねばなりません。ですから、無人契約機が閉まるギリギリの時間帯に滑り込むのも考えものです。少なくとも、1時間ないし2時間程度の余裕を持って、カードローンの申し込みをすることをお勧めします。

 

次に、即日融資ができる可能性が高いカードローンのサービスを提供する金融業者について、具体的にみてみることにしましょう。

 

モビットならWEB完結で土日祝日も即日融資が可能!

土日でも、カードローンによる即日融資に対応している金融業者のひとつにモビットがあります。モビットはテレビコマーシャルでもおなじみの、三井住友銀行グループに属する大手消費者金融です。モビットの大きな魅力は、カードローンの申し込みのすべてが、WEB上で完結するという点です。

 

土日祝日など、予定がギッシリで時間がとれない人もいるでしょう。それに、土日に無人契約機の中にこもって、長時間必要事項を記入せねばならないのは、はっきりいって苦痛であるはずです。下手すると、偶然通りかかった友人知人に、消費者金融からお金を借りる姿を目撃されてしまうかもしれません。家族や友人に知られず、秘密裏に即日融資を受けたい人にとって、無人契約機の中にいる時間はなるべく最低限に抑えたいはずです。

 

そういうときに便利なのが、カードローンの申し込みと審査が、すべてWEB完結のモビットのカードローンです。

 

自宅や出先でネット環境さえあれば、誰にも知られることなくカードローンの申し込みをすることができます。しかも、モビットの大きな魅力は郵送物を送付する必要もなく、さらに電話連絡なしで審査を完了するという点です。

 

カードローンの審査で、一番のネックになるのが、在籍確認と本人確認という人もいるでしょう。勤め先に電話がかかることで、借金するということがバレてしまうのは誰もが恐れることです。

 

さらに、自宅に電話がかかって、家族に融資を勘繰られてしまうということもあります。その点、モビットであれば、一切連絡が入らないのが魅力です。すべてメールのやりとりのみで終了します。審査結果すらも、メールで通知されますので、周囲の誰にも気づかれることなく、カードローンの申し込みと審査が完了するというものです。

 

そのあとは、自宅近くのモビットの無人契約機まで出向いて、ローンカードを発行し、それを使用してATMから必要な金額をキャッシングするという流れになります。

 

なお、カードローンの申し込みをする際には、受け取り方法という欄があり、そこを「ローン契約機」に指定しておくことが重要です。そうしないと、通常通りの自宅郵送扱いとなり、カード到着まで何日も待たなければならなくなります。そうなると、土日の即日融資が受けられなくなりますので、くれぐれも注意しましょう。

 

また、融資を受ける際に当然気になる実質年率ですが、モビットの場合、最低が3.0%からとなっています。これは通常の消費者金融よりも、やや低めに設定されています。つまり、返済時の負担が軽いということでもあるでしょう。借りたお金は利息分を上乗せして返済しますので、金利の低さというのは非常に重要な点でもあります。その点、モビットであれば安心です。

 

申し込み前に必要なもの

モビットのカードローンの即日融資は、WEB上のやりとりだけで完了するのが魅力です。

 

その流れですが、まず10秒簡易審査というのを行います。これは、わずか10秒という短時間で終わるものです。ごく簡単な質問に答え、コンピュータが「審査できるかどうかの可能性」を速攻で調べるというものです。ここで、残念ながら「融資できません」と出てしまった場合は、本審査に進む手間が省けます。

 

長々とカードローンの申し込みに記入して、審査結果を待ちわびた挙句、「不可」という無駄な時間を過ごさずに済むともいえるでしょう。さっさと別の会社に申し込みをすることができるというわけです。

 

 

この10秒簡易審査に通過すると、本審査に入ります。そこで、さまざまな書類が必要になります。カードローンで即日融資を受けるためには、申し込みの前に必要なものを揃えておくようにしましょう。そうしないと、無駄な時間を過ごすことになり、下手すると時間切れになってしまうことがあります。

 

WEBは年中無休、24時間受付していますが、問題は無人契約機の営業時間です。この時間に間に合わなければ、たとえ審査に通過しても、即日融資を受けることはできません。そのためにも、必要なものは事前に揃えておくことをお勧めします。

 

では、何が必要なのかですが、まず「本人確認書類」です。

これは、申し込んだのが本当に本人かどうかを確認するために必要です。運転免許証や健康保険証、パスポートなどが有効です。

 

次に、在席確認書類です。

モビットを利用する最大のメリットは、職場に電話がかからないという点です。在籍確認の電話というのは、あまり心地よいものではないでしょう。周囲にバレる危険もあります。しかし、返済能力の証明が必要ですので、在籍を確認しないわけにはいきません。この証明になるのは、会社の社員証や最近発行された給与明細などとなります。

 

それから、高額融資を求める際には、収入証明を求められることになります。

50万円以上の借り入れをする際には必要となる可能性があります。これは、源泉徴収票や納税証明書、給与明細などとなります。

 

しかし、あまりにも高額な融資額だと、審査が慎重になります。そのために、即日融資してもらえないことがあります。ですので、その日のうちにどうしてもお金が必要だという場合は、本当に入用な金額だけを融資額に記載するほうがよいでしょう。小口の融資であれば、難しい審査をすることなく融資してもらえる可能性があります。

 

そのあとに、月々きちんと支払いをしていれば、返済能力を評価されて、借入限度額をあげてもらうという方法もあります。ですので、とりあえずは、土日の急場をしのぐという形をとるのがよいでしょう。

 

即日融資を受ける場合のポイント

即日融資を受ける場合に一番重要なのは、融資限度を低めに記入して申し込むという点です。

 

「どうせなら、たくさん貸してもらいたい」と思う人もいるでしょう。しかし、金融業者は到底返済できそうもないような額を安易に貸すことはありません。つまり、高額の貸し付けに対しては、当然慎重な対応をされることになります。あっさりと数百万円を貸してもらえるとは期待しないほうがよいでしょう。

 

特に、確実に即日融資を受けたいなら、金額は徹底的に低くしておくことです。収入証明を求められない程度の金額で、なおかつ、安定収入があると認められれば、審査に通過する可能性が高まります。ですので、その点を考慮して、カードローンの申し込みに記載することが大切です。

 

それから、すでに別の金融業者で借り入れをしている、多重債務者という人もいるかもしれません。その場合、「別口からの借金は、できれば隠しておきたい」という衝動に駆られることもあるでしょう。しかし、それは絶対にしてはいけません

 

たとえ他社からの借り入れがないと記載しても、金融業者はそれをそっくりそのまま鵜呑みにすることはないのです。必ず、信用情報に照会をします。この信用情報ですが、他社借入のほか返済状況も包み隠さず現れます。たとえば、別の会社の返済が滞っているなども、一目瞭然というわけです。

 

金融業者によっては、他社借入がある多重債務者のカードローンの申し込みは、あっさり門前払いするケースもあります。しかし、特に滞納することなく、毎月きちんと支払っており、しかも限度額が収入と比較して低いという場合には、融資に対応してもらえる可能性が十分あります。それよりも、むしろ、虚偽の記載をする方が問題です。信用できない人物という判断となって、融資を見送られてしまうこともあるので注意が必要です。

 

カードローンの申し込みの際には、一切嘘をつかず、正直にありのままの状況を伝えるほうがよいでしょう。

 

それから、無人契約機の位置確認も忘れないようにしてください。せっかく面倒な審査を通過しても、無人契約機が近くになければカードが発行できません。車でしか行けない国道沿いなんて場合も困るでしょう。そうなると、即日融資は受けられなくなります。ですので、申し込みをする前に、無人契約機の位置情報はネットで簡単に検索できますので、必ずどこにあるかを調べておきましょう。

 

また、土日に直ぐに揃えられない書類もあるかもしれませんので、もし「土日に、ひょっとしたらお金がいるようになるかもしれない…」という心配があるのなら、事前に必要となる書類を全部揃えておくことです。源泉徴収票などは、年度末に受け取るはずですので、捨てたりせず大事に保管しておきましょう。

 

銀行カードローンで即日融資を受ける場合のポイント

 

銀行カードローンというと、何だか敷居が高いと感じる人もいるかもしれません。審査が非常に厳しくて、アルバイトやパート程度の収入では絶対に借入できない印象を持っている人もいるのではないでしょうか?

 

確かに、消費者金融と銀行とでは審査が異なる場合があります。より厳しく審査して、即日では結果が出ないというところも実際にはあります。しかし、そんなところばかりではなく、最近では即日審査に対応している銀行も存在します。

 

特に、普段から普通口座を利用している銀行であれば、即日融資してもらえる可能性がとても高いでしょう。それまでの利用実績があるため、本人確認等の審査もないのがほとんどです。申し込みをすると、銀行口座に直接振り込みをしてもらえることもあれば、キャッシュカードに融資枠を加えてもらうことで、即日融資が利用できるようになることもあります。

 

さらに、注目すべきなのは無職の専業主婦でも利用可能という点です。収入がないと、消費者金融からの借り入れはできません。これは、貸金業法の総量規制という法律があるためです。総量規制とは、収入の3分の1までしか貸してはならないというもので、すなわち、無収入の専業主婦には貸せないということになります。

 

しかし、銀行は実はこの規制の対象外になっているのです。そのため、収入の有無に関わらず貸し付けが可能です。しかし、当然ながら返済能力が必要です。この場合、配偶者の収入が世帯収入と考えられることになります。そのため、消費者金融では断られても、銀行では貸してもらえる可能性があるというわけです。ですので、即日融資が必要になったなら、まずは普段から利用している銀行に問い合わせをしてみるとよいでしょう。

 

では、気になる即日融資ですが、土日祝日は残念ながら、銀行では受け付けしていません。土日祝日に対応できるのは、無人契約機を設置しているところだけです。

 

しかし、この無人契約機があるのは消費者金融のみとなっており、銀行では土日にローンカード発行をする術がないために利用できないというわけです。

 

しかし、平日であれば、銀行カードローンでも、即日融資を受けることは十分可能です。さらに、銀行カードローンは、消費者金融系よりも一般的に低金利に設定されているのも大きな魅力です。ですので、どうしてもという場合は、平日になるのを待って申し込みをすることをお勧めします。あるいは、事前にカードローンの申し込みだけをしておき、土日の万が一の状況に備えるというのもよいかもしれません。

 

カードローンを利用するといっても、銀行にこれといった手数料を支払う必要がない場合がほとんどですので、いざというときのために準備しておくのもよいでしょう。

 

まとめ

土日になって、急にお金が必要になるということは誰にでもあることです。自分や家族などが病気やケガをして治療費が必要になることもあれば、ペットの具合が悪くなることもあるかもしれません。お葬式も予期せぬものですし、旅費やお香典を準備せねばならないこともあるでしょう。あるいは、友人から楽しい遊びに誘われたり、気になる異性とデートのチャンスが巡ってくることもあるかもしれません。

 

それから、もしかすると、ずっと欲しかった何かがセールになることもあるのではないでしょうか?絶好の機会を逃したくない、あるいは窮地をしのがねばならない。そういう状態は、すべての人に起こりうることです。そんなとき、金銭的に頼れる身内がいなければ、どうすればよいのでしょうか?

 

残念ながら、銀行は週末にはすべて閉まっており、融資を申し込めないほか、定期預金などすぐにお金が引き出せないこともあるでしょう。そういう際に、便利なのがカードローンによる即日融資です。

 

無人契約機さえあれば、土日であっても、速攻でキャッシングに対応することができます。

 

けれど、カードローンの即日融資を利用するには、いくつか事前に準備しておく必要があります。たとえば、本人確認ですが、運転免許証や健康保険証などを紛失しているとなると、残念ながら審査に通過することはできません。申し込みの時点で、あっさり断られてしまうでしょう。

 

それから、カードローンの審査の最大の難関であるのが、在籍確認です。申込者の返済能力の有無を確認しないことには、金融業者は貸し付けすることができません。土日でも経営している会社に勤めている場合は、容易に電話連絡によって在籍確認が可能でしょう。しかし、土日が休日という会社に勤めている場合は、電話連絡が不可能で、その時点で審査が保留になってしまいます。

 

これを突破するには、在籍確認に相当するさまざまな書類を提出する必要があります。

 

これらの書類は、普段持ち歩いていなかったり、更には保管していない人も多いことでしょう。源泉徴収票などは、年度末に受け取りますが、特に内容を確認しないままに捨ててしまう人もいるかもしれません。そういうものをすべて保管しておけば、カードローンの即日融資を申し込む際にとても役に立ちます。すぐに審査に通過できることもあるでしょう。

 

さらに、今すぐにキャッシングの必要性を感じない場合であっても、事前にカードローンの申し込みをしておく、というのもおすすめです。ローンカードさえあれば、土日祝日、あるいは遠い旅先であっても、いつでもどこでもお金を融資してもらえます。今はともかく、いざというときのための安心に、1枚準備しておくのもよいのではないでしょうか?