知らないと損する!?自動車ローンの種類と特徴

MENU

知らないと損する!?自動車ローンの種類と特徴について

 

自動車を購入するときに現金で一括で購入できればいいですが、手元に一括で購入できる十分なお金がない時は、自動車ローンを組む人も比較的多いのではないでしょうか。

 

自動車ローンといっても、

  1. ディーラーローン
  2. 銀行などの自動車ローン
  3. カード会社のカードローン

があります。

 

それぞれのローンには金利が安かったり、高かったり、審査に通りやすいか否か、車の購入者が誰になるかといった様々な特色があります。こうした特色を踏まえておくことで、よりお得に後悔しないローンを組むことができるのではないでしょうか。

 

ディーラーローンのメリットとデメリット

車を購入するときに車について説明してくれる人をディーラーと呼びます。分からないことなどを親切に教えてくれ、購入時の悩み、お金についても親身に相談に乗ってくれるでしょう。金銭的な面で購入を迷っているというときに、ディーラーからローンの説明を聞かされた人も多いでしょう。

 

自動車ローンには様々な種類があります。こうした車の購入時にディーラーの勧めるディーラーローンは自動車の購入者であれば一度は耳にしたことがある人も少なくないでしょう。自動車を販売する会社には信販系の会社を持っていることがほとんどです。

 

このローンのメリットは審査が楽なことです。車の購入時にローンの手続きが行えます。もし、銀行でローンを組もうと考える場合には、銀行に出向きローンの相談をする必要がありますが、ディーラーローンの場合にはその必要がありません。

 

特に銀行の場合では平日に出向いて手続きをする必要がありますが、自動車の販売会社は土日も営業しています。そのため、土日でもローンの審査を申し込めます

 

また、審査結果が早いこともメリットの一つです。1時間ほどで結果が出ることもあります。そのローンの審査も銀行に比べて通りやすいというメリットがあります。

 

しかし、ディーラーローンにもデメリットがあります。

 

まずは金利です。金融機関の自動車ローンは3、4パーセント前後になっていますが、ディーラーローンの相場は高いもので10パーセントとなっているものも少なくありません。また、この金額は各金融機関やディーラーによって違っているため、申し込みたいと考えるローンと合わせて確認する必要があります。

 

また、ディーラーローンの大きな特色といえば、自動車が担保になっていることです。担保というのはローンの返済が終わるまで、名義が自分のものではありません。この場合は自動車ローンを扱う会社かディーラーのものになってしまいます。

 

もちろん、全てローンを払い終われば名義も変わり自分の車となりますが、滞った場合は車を取られてしまう可能性もあります。このシステムの大きなデメリットといえば、車を途中で勝手に売却できないことです。

 

それは名義が自分の名義でないことに関わっています。他人の車を勝手に売却できないのと同じです。名義を変えたい場合には、ローンを完済したうえで名義変更の手続きが必要となります。

 

そうなった場合、気になるのがローンを完済した後のことでしょう。お金を払ってしまえば自分の名義になるのではないかと考えてしまいがちになります。しかし、そういうわけではありません。売却等したい場合と同じようにローンの期間返済が終わっても、名義はディーラーや信販会社のままとなっています。そのため、変更したい場合には別に手続きが必要となります

 

名義が自分のものでなくても、基本はローン支払い期間中と同じように普通に使用できます。ただ、売却はしないものの、ローンが終わってしまえば実際は自分の車であるため、車をよりよくするために改造をしたいと考えてしまう人もいるのではないでしょうか。車は売却しないから、改造は自由ではないかと考えてしまうこともあるでしょう。

 

ディーラーローンを組んでしまった場合は、車の改造も勝手にはできません。ローンが完済していても名義が購入者でないためです。そのため、ディーラーローンを組むときには名義が誰のものになるかを確認しておきましょう。

 

また、支払い後の名義変更について詳しく聞きたいときには、ローンを組む前にどのような手続きをしたらよいのかをあらかじめ確認しておくとよいのではないでしょうか。

 

新車に載っていたい方におすすめ!?残価設定ローンって何?

ローンと一言でいっても、銀行のローン、ディーラーローン、カードローンなど、その種類も様々です。新車を買い、尚且つ一定期間経過後に買い替える予定や車を手放す予定の人に勧められるローンもあります。残価設定ローンというローンです。車を購入時に、その車の下取り価格も考えてローンを組みます。

 

300万の車を買った場合、3年後の車の価値を100万と仮定します。そうした場合、残りの200万円をローンで返済することになります。残価というのは車を一定期間使用した後の価値のことです。そのため、通常の自動車ローンと比べてローンの金額が減るのが特徴です。

 

残価設定ローンの返済期間は3年から5年と設定できます。品物は新しいほうが価値が高いため、3年でローンを組んだほうが残価率は高くなっています。具体的な数字をあげれば、残価率は3年で5割に満たないほど、5年で3割ほどとなっています。

 

ディーラーローンの場合はローンの支払いを終えたら、支払いは終わりです。そのあとで名義を購入者のものにしたい場合には手続きが必要になります。基本的に自分の車になるという選択肢のみです。残価設定ローンはディラーローンとは違い、ローンが支払い終わった後にいくつかの選択肢があります。

 

第一の選択肢は車を販売会社に返却することです。

自分の車なのに返却というと違和感を感じる場合もあるでしょう。これは残価設定ローンが組まれているため、ローンを払い終わっても自分の車とならないためです。

 

残価設定ローンの支払い終了後は車を手放すこともできます。また、新しい車を購入することも可能です。

 

残価設定ローンを組んだからといって必ずそこでもう一度車を購入しないといけないわけではありません。その後、どうするかは購入者に選択肢があります。

 

第二の選択肢は設定した残価を支払い、車両を買い取ることです。

しばらく乗って気に入った、しばらくこの車を乗り続けたいという場合にはこうした選択肢もあるでしょう。もっと長期間必要になったというときにもこうした選択肢が候補に挙がるでしょう。ただ、自動車の下取りという選択肢があるため、ローンの価格を安く抑えられています。もちろん、残価分のお金の支払いは必要になります。買い取りたいというときには、その残価分のお金を貯蓄しておく必要があります

 

また、お金が貯蓄できなかったというときは、車を必ず手放さないといけないというわけではありません。もう一つの選択肢があります。第三の選択肢となりますが、残価部分の改めてローンを組むという方法です。100万の残価が残っている場合は、100万円のローンを組みなおします。

 

この方法のメリットは

ローンを二回に分けて組むことです。車の残価分を含めたローンを組み、次に100万のローンを組むことになります。そのため、最初から300万のローンを組むよりは支払額が抑えられます。

 

また、残価設定ローンはディーラーローンと比べて利息が安く抑えられていることもあるため、利息面でも大きなメリットがあると考えられるでしょう。このローンは車を頻繁に買い替えたいと思う人には便利なローンとなっています。また、年数が限られているため、ここ3年のみ、ここ5年のみ車がほしいという場合にも使えます。

 

このローンは新車購入時に販売店で案内しているため、興味がある人はディーラーに直接確認してみてはどうでしょうか。ただ、一般例について述べましたが、販売会社によってはこの残価設定ローンに様々な条件が付いている場合があります。そのため、不可条件がないか、前もって確認しておくと、こんなつもりではなかったといったトラブルも解消できるのではないでしょうか。

 

残価設定ローンにもメリットとデメリットがある

残価設定ローンにはメリットとデメリットが当然あります。

 

大きなメリットとしては、ディーラーローンより金利が低くなっています。金利は2パーセントから3パーセントの間となっています。これはカードローンより安く、銀行などの金融機関でお金を借りた場合と同じか、ローンの種類によっては安くすむことがあります。車の購入時に申し込めるにも関わらず、利息が安いというのは、残価設定ローンの大きなメリットでしょう。

 

また、300万の車を買った場合、300万のローンを組むのと200万のローンを組むのでは支払金額が大きく変わってきます。そのため、日々の生活にゆとりをもてるという大きなメリットもあります。また、決まった期間持ち続けた後で、その車をどうするか選択できます。そうした選択肢を先延ばしできるのはメリットの一つではないでしょうか。

 

ただ、残価設定ローンにはデメリットもあります。それは金利についてです。300万円の車を買い、200万のローンを組んだとします。その場合、ローンは支払うべき金額、すなわち200万のみにかかると考える方も少なくないのではないでしょうか。

 

ただ、残価設定ローンの場合はそうはなっていません。金利は300万円借りたものとしてかかっていきます。そのため、自分で計算したよりも割高になっていると感じる場合もあるでしょう。本当にお得なのかしっかりと計算する必要があります。

 

残価設定ローンが実際に得なのかというのは、どのくらいの利息でローンを借りるのかということに関わってきます。ディーラーローンと残価設定ローンの間に利息の差がある程度あればよいですが、そうでない場合は支払額がディーラーローンのほうが安くなってしまう可能性もあります。

 

また、車を買い取ると決めた場合、一括で払えるだけの費用があればよいですが、またローンを組みなおした場合、利息が加算されるため、トータルの支払い額が増えてしまう可能性もあります。そのため、車を買い取る可能性があり、一括で支払えない場合は、残価設定ローンは極力避けるようにしましょう。

 

残価設定ローンは所有権の扱いがディーラーローンと同じになります。そのため、返済が終わってからも、車が自分の名義とはなりません。これは残価分があると考えると分かりやすいのではないでしょうか。

 

また、返却するにしても、返却時にディーラーと関わりをもたないといけません。そのため、他の新車の購入を勧められるのは憂うつに感じられることもあるでしょう。

 

また、残価設定は確実なものではありません。車の返却時に車の審査があります。それは残価設定ローンを終えた後の車を中古車として市場に出すと考えると分かりやすいのではないでしょうか。

 

車体に傷をつけてしまった場合は、その分だけ価値が減少します。そして、見落としてしまいがちになるのが、走行距離です。走行距離は中古車として購入する場合には、価格を左右する大きなものです。そのため、ローン設定中に車をフル活用して、走行距離が長くなり、規定をオーバーしてしまうとその分車の価値が減って出費が増えてしまう可能性があります。

 

また、走行距離が規定内であっても、車の流通価値が低い場合にはその価値が減ったとみなされることもあります。車は自分の車であるというよりも、他の人から借りた車という意識に近いかもしれません。

 

残価設定ローンの場合はある程度残価が保障されている場合がほとんどですが、車の車種やディーラーによっては保障されていない可能性もあります。そのため、車の購入時に残価が保障されてるか、清算にはどのような事例があるかなどを確認しておきましょう。

 

最大のメリットは金利!?金融機関のマイカーローン

金融機関に行くと、様々な種類のローンの案内が置いてあります。カードローン、住宅ローンに加えて、よく置いてあるのが自動車ローンの案内ではないでしょうか。銀行等では車を購入した場合のカーローンの取り扱いがほぼあります。

 

ディーラーローンは車の購入時に審査を受け、車を購入します。しかし、金融機関のマイカーローンの場合はそうはいきません。購入したい車を決め、金融機関で審査をしてもらい、ローンが組めれば購入となるでしょう。

 

銀行での自動車ローンのメリットはなんといっても金利が安いことです。

 

ディーラーローンの半分から3分の1くらいの利息でローンを組むことができます。ローンを2年、3年組んだ場合は支払い単位が大幅に変わってきます。そのため、支払う額を抑えたいときには、金融機関のローンを積極的に活用しましょう。今すぐ車が必要というわけではなく、特に全額をローンで支払おうと思っていて、銀行の審査が通るかどうか待てるというときには金融機関のマイカーローンを検討してみましょう。

 

金融機関のローンではもちろん審査があります。これはディーラーローンと比べて、厳しい審査となっており、一日で結果が出ることはまずありません。この審査では年齢、年収、勤続年数などが確認され、三日ほどかかります。そのため、ディーラーローンに比べると購入までの日数が長くなります。

 

金融機関のローンの場合には金利をどのようにつけるかが選択できる場合がほとんどです。

 

  1. 金利が変動する変動金利ローン
  2. 固定金利で支払いを終える固定金利ローン

です。

 

この二つを具体的に見ていきます。

①まず分かりやすいのは、固定金利です。

固定金利のものは金利が決まっているため、ローンを借りてから返済まで一定額を返却し続けます

 

固定金利は市場の動向を受けないため、金利が低い時にローンを申し込んだとしましょう。その後、金利が高くなった場合でも、その安い金利のまま払い続けることができます。毎月決まった額を返済し続けたいという人には合っている返済方法です。

 

②変動金利はその名前の通り金利が変動していきます。

市場の影響を受け、金利が高くなれば当然返済額も高くなります。これから先、金利がもっと下がるのではないかと考えているときは、この変動金利でお金を借りるのをお勧めします。

 

ただ、自動車ローンによっては変動金利や、固定金利で借りないといけない場合もあります。そうした金利についてはあらかじめ確認しておきましょう。

 

また、金融機関では様々なキャンペーンを展開しています。他のローンとの併用があれば、利息が安くなったり、インターネットの活用で利息が安くなったりします。他のローンを借りている金融機関があれば、そちらのほうで金利優遇サービスがないか検討をしてみましょう。

 

 

これらは一般的な事例です。最近はネットを活用した自動車ローンを老舗の金融機関でも展開しています。今までは自動車ローンは日数がかかるとされていましたが、ネットで申し込むことで、審査結果を即日教えてくれたり、来店不要で手続きを終えられたりと様々なサービスを展開しているところも増えています。

 

金融機関の自動車ローンの中には高額な自動車ローンを申し込んでいる人用に借り換えの自動車ローンを提供しているところもあります。もう利息の高いローンを申し込んでしまったから手遅れだとは考えずに、今から借り換えられるローンがないか検討してみるのもいいのではないでしょうか。

 

その場合にも申し込める人の条件や金利が変動金利か固定金利かどうなっているかなどが書いてあるため、あらかじめ確認しておきましょう。

 

損をしないマイカーローンのチェックポイントはこれだ!

自動車ローンを選ぶときには金利が大事です。2.0パーセントの金利と2.5パーセントの金利では前者のほうが支払額が少なくなります。そのため、自動車ローンの種類を比較しながら、実際に自分が審査に通るものを選んでいくことが多いでしょう。

 

いくつか通りそうな会社があれば、金利の安いものを優先的に選んでいくでしょう。金利のみでローンを選ぶというのは金利のローンの返済だけを考えると、間違いではありません。しかし、自動車ローンを選ぶ前に調べておきたいことがあります。それは保証料がどうなるかということです。

 

保証料は保証会社に保証人になってもらうための費用です。これはほとんどの場合、支払う必要があります。自動車ローンに限らず、住宅ローンなどを申し込んだ時もこの保証料が必要になってきます。

 

この保証料の支払いにはいくつかの方法があります。
一つは保証料は保証料として支払う方法です。

保証料は保証料として支払っていき、自動車ローンで借りたお金は利息とともに返済していきます。

 

もう一つは利息に保証料が上乗せしてある場合です。

例えば保証料が1パーセントの会社でお金を借りたとします。その会社の本来の利息が2パーセントとします。その利息に1パーセント保証料が上乗せされ、3パーセントとなります。これを自動車ローンの利息として提示されます。

 

その結果として、2パーセントの会社に保証料を支払うよりも3パーセントの会社で自動車ローンを借りたほうがお得だったということもあります。

 

あらかじめローンを組む場合には、目先の利息だけにとらわれずに、この保証料がどうなっているかを調べておきましょう。実は金利の高いほうが保証料が込みで、金利の高いほうが得だったということも少なからずあります。

 

もう一つ確認しておきたいのが繰り上げ返済という方法です。自動車ローンに限らず、カードローン、住宅ローンなど様々な種類のローンがありますが、これらのローンは基本毎月払っていきます。

 

しかし、金銭に余裕ができた場合、借りたお金を繰り上げて返済することができます。残りの残額を一括で払ったり、多めに払ったりとその方法は様々です。早めに返済するメリットは利息がその分だけかからなくなるということです。また、住宅ローンなどの他のローンを申し込みたいというときも、自動車のマイカーローンを支払い終えたほうが審査に通りやすくなります。

 

こうした繰り上げ返済を積極的に活用することで、支払いの総額を抑えることができます。臨時収入等があれば積極的に活用したい方法ですが、繰り上げ返済をするには注意が必要です。

 

繰り上げ返済はどの自動車ローンも問題なく行えるというわけではありません。中には繰り上げ返済を認めていない金融機関もあります。そうした会社を選んでしまった場合は、最後まで払い続ける必要があります。また、繰り上げ返済は完済できるときという条件があるマイカーローンもあるので注意が必要です。

 

問題なく繰り上げ返済ができる会社でローンに通ったから、安心とはいえません。他にも確認しておくことがいくつかあります。繰り上げ返済時に手数料がかかるかどうかです。繰り上げ返済が無料の会社は多いですが、そうした会社ばかりではないためです。

 

繰り上げ返済をするだけで1万円程度の、自動車ローンとしては高額の手数料がかかるようになります。そのため、せっかく繰り上げて返済をしても、結果的に多くのお金を支払わないといけなくなったり、あまり得ではなかったとなってしまいます。後から知らなかったとならないためにも、こうした細かいことを確認しておきましょう。

 

低金利=審査が厳しい!?マイカーローンの審査ポイント

お金を借りるときには必ず金利がかかります。その金利は住宅ローンやカードローンなどどういった目的のローンかによって変わってきます。金利は安ければ安いほど、返済金額が少なくなりますが、誰でも安い金利でお金が借りれるというわけではありません。

 

金利の低さというのは、必ずお金が回収できるということです。すなわちどれほど収入があるか、資産があるかという判断にも由来します。それらは信用があるか否かで判断されます。ローンを申し込むときに必ずかかる保証料も、信用があれば保証料がかからないこともあります

 

職が決まっている方や会社勤めをしている方の場合は、安定的に毎月決まった額以上の収入があります。車は住宅ローンに比べると、そこまで高価なものではないなのでローンには間違いなく通ると考えている方も少なくないでしょう。ある程度の収入があれば通りやすいのは事実ですが、他のローンを組んでいるときには注意が必要です。

 

ローンの支払いは年収によって制限が設けられているためです。収入の35パーセントまでをローンの支払いに充てられると決まっています。そのため、住宅ローンをぎりぎりまで組んでいると、カーローンに通らなくなる可能性もあります。他にも教育ローンなどのいろいろなローンがあるため、他の種類のローンを組んでいるときには、そちらのローンのほうの返済額も確認しておきましょう。

 

他のローンを組んでいて、お金が借りられるか分からないときは、金融機関としっかりと相談し、保証人を立てると審査が通りやすくなることがあります。確実ではありませんがこうした方法も検討してみましょう。

 

また、住宅ローンがないから、他のローンを借りていないからといっても安心はできません。お金を借りるというのはいわば信用問題です。そのため、過去の金銭の借り入れ状況も審査の対象となります。カードローンやキャッシングをよく利用している場合は審査から漏れてしまうこともあります。

 

こうした審査はお金に関することは一通り確認されると考えておきましょう。クレジットやカードローンの返済の滞納をした場合も審査で落とされる一因になります。一か月程度では落とされる要因にはなりませんが、二か月、三か月と滞納実績を作ってしまうと、信用情報に関わります。

 

こうした事例を金融事故として扱います。5年ほど信用情報に残ってしまうため、その間はどうしても審査が厳しくなってしまいます。こうした場合、自動車ローンを借りにくくなるだけではなく、クレジットカードを作れなくなったり、他のローンを借りるときに審査で落とされるといったほかの面でも問題が出てきてしまいます。

 

日常生活に問題が出てくる場合も少なくないため、できるだけ金融事故を起こさないように、支払いをわすれていたとならないようにしましょう。

 

あとローンとして見落としてしまいがちなのが、携帯電話です。

携帯電話は高額なものが多いため、分割で購入するという人も少なくないでしょう。携帯購入時にもお店のほうで分割払いを進められたという人も少なくないでしょう。

 

この携帯の分割払いもローンの一種です。そのため、滞納してしまうと、信用情報に記載されてしまいます。携帯は数万円程度のものが多いため、一括で買える場合には一括で買うようにしましょう。もし、分割払いをするときでも、必ず支払いができるようにしておきましょう。

 

普段は自分の信用情報がどうなっているか確認したことがないという人も少なくないのではないでしょうか。自分の信用情報がどうなっているのか知りたいときには、開示してもらうこともできます。気になる場合はチェックしてみましょう。

 

自動車ローンの種類と特徴

自動車ローンにはいくつかの種類があります。

 

まずは車を販売しているディーラーで申し込めるディーラーローンです。ディーラーローンは金利が高く、金融機関の倍近い利息を払わないといけないことも少なくありません。

 

また、自動車がローンの担保となるため、購入したときは自分の名義となりません。これはローンを完済したときも同じです。ローンを完済して自分名義にしたいというときは、別に手続きを踏む必要があります。普通に使用する場合には、名義が自分のものでなくても問題はありません。しかし、売却や譲渡、車の改造等も行いたいというときには、名義変更の手続きをする必要があります。

 

ただ、ディラーローンは購入時に申し込めるため、忙しい人、利息が高くても気にならない人にはお勧めのローンです。

 

残価設定ローンはディーラーローンと同じように、ディーラーで申し込むことができます。車両の一部をローンの返済に充て、残りの金額をローンで払っていきます。ディーラーローンに比べて安い金利で購入できます。また、車をローンの返済に充てているため、ローンの支払額自体も安くて済みます。

 

ローンを支払い終わっても、車の残価分の返済が終わってないため、車を続けて保持したい場合は残価を払って車を買い取る必要があります。その残価は一括で払うことも、ローンで払うこともできます。

 

ディラーローンと同じように、名義は購入者のものとはなりません。そのため、名義は別に変更しなければなりません。

 

残価設定ローンは車の価値がローンの一部に充てられています。残価保証がされていない場合、走行距離が長い、車に傷があるといったことで、その残価が減らされてしまうことがあります。その場合は残価の費用を払ったりと予想外の出費が出てくる場合もあります

 

車の購入費用を抑えられるため、定期的に新しい車に乗り換えたい人や、一定期間だけ車に乗りたい人には便利なローンです。残価設定ローンは車の返却が前提となっているので改造等はできません。

 

金融機関のマイカーローンは金利がディーラーローンや残価設定ローンに比べると安く抑えられています。固定金利か変動金利のどちらかを選ぶことができ、変動金利を選んだ場合は、もっと安い金利でローンを借りることができる可能性もあります。ただ、自動車ローンによっては固定金利か変動金利で指定されていることもあります。

 

キャンペーン等が展開されている場合、他の金融ローンを借りているときは、より利息を抑えられることもあります。また、インターネットでの申し込みによる金利優遇が行われているところがあります。

 

車は金融機関から一括で払ってもらい、ディーラーに支払います。そのため、ディーラーから買い取った形になり、車はディーラーローンや残価設定ローンとは異なり、自分名義となります。そして、金融機関に月々決まった額の現金を返済していくようになります。

 

車の購入と別に金融機関での申し込みが必要となるため、時間がかかります。通常三日ほど要します。審査もディーラーでのローンに比べると厳しくなっており、手間はかかります。

 

しかし、金融機関のマイカーローンの中にも種類があり、ネットでの申し込み専用の自動車ローンもあります。そうしたものの中には、カードローンのようにネットで即日審査結果が出るものもあるため、金融機関や信用情報によってはよりスピーディにお金を借りることができるでしょう。

 

金融機関のローンは金利が低いため、払う金額を抑えることができます。また、車をすぐに自分名義にできるため、改造も自分の好きなようにできます。自分の車という意識を持ちやすくもなります。

 

 

まとめ

自動車ローンには多くの種類があり、それぞれメリットとデメリットがあります。そのため、買いたい車を見つけた場合には、どのような使い方をしたいか、金融機関で申し込む場合にはその時間を取れるかどうかを確認しておきましょう。

 

時間がなく、少々の利息の差は気にならないというときはディーラーローンを、できるだけ節約したい、少々の手間がかかってもいいというときには金融機関の自動車ローンを、新車に乗り換えたいときには残価設定ローンをといったふうに使い分けもできます。

 

また、新車を買いたいか、中古車を買いたいかによって借りられるローンに違いが出てきます。新車が中心となる残価設定ローンは中古車を買いたい場合には申し込めません。金融機関の自動車ローンやディーラーのローンは申し込むことができます。

 

購入後の名義も大事です。ディーラーローンや残価設定ローンは自分の名義になりません。完済後も手続きが必要となります。そのため、購入時から自分名義にしたい場合には、選択肢が金融機関の自動車ローンだけになります。

 

ただ、金融機関のローンはディラーローンや残価設定ローンに比べると審査が厳しくなっています。そのため、必ず通るとは限りません。申し込んでも通らないという可能性もあります。また、会社によって審査方法が違うため、自動車ローンが通ったり、通らなかったりという場合もあります。

 

自動車ローンの審査に落ちても、次の会社ならいけるのではないかと闇雲に審査を申し込むのは避けましょう。購入者の信用情報に問題があるときもあります。ローンを借りたいときには信用情報が大切になります。

 

信用情報は購入者に信用力があるか判断するもので、そこに記載されているとローンの審査が通らないことがあります。カードローンやクレジットの支払いの長期の滞納があった場合には信用情報に掲載されていることもあるため、過去に滞納をしてしまった場合などは注意しましょう。

 

こうした信用情報に記載されないためには、借りたものは確実に返すということを大事にしましょう。滞納しないためには、ローンを使わないですむものはローンを使わずに購入するというのも一つの選択肢です。

 

また、カーローンを借りる場合には利息にまず目がいってしまいますが、忘れていけないのが保証料です。自動車ローンの保証料の扱いにも注意しましょう。

 

  1. 保証料を別に払うか
  2. 利息に加算されているか

の二種類があります。

 

保証料を考えると、別の会社のほうが安かったという可能性も十分にあるため、保証料の扱いについて十分に確認しておきましょう。

 

高いローンを借りてしまった場合には別の自動車ローンを借りて借り換えをすることができます。より安いローンを見つけた場合には、借り換えも検討してみましょう。

 

また、金銭に余裕ができたというときには、積極的に繰り上げ返済をしていきましょう。繰り上げ返済をすることでローンの返済額を抑えることができます。しかし、どの会社でも繰り上げ返済を行っているわけではありません。中には繰り上げ返済を受け付けてくれない会社もあるため、繰り上げ返済が可能かどうかもあらかじめ確認しておきましょう。

 

繰り上げ返済は完済のみに限る、もしくは手数料がかかるなど条件がつく場合もあります。そうした条件も前もって確認しておくと、繰り上げ返済はスムーズになります。

 

どのローンにもメリットがあればデメリットもあります。そのメリットとデメリットを比較したうえで、どの自動車ローンを借りるか決め、もしより良い会社が見つかった場合には借り換え等も検討してみましょう。