アイフルの審査に通らない人の原因とアイフルの審査基準

MENU

アイフルの審査に通らない人の原因と審査基準について

アイフルのキャッシングローンの審査の方法についてこのサイトでは特に解説していきます。特に審査に落ちてしまう場合の特徴について紹介をします。アイフルの公式サイトにはお金を借りるための条件はその対象者しか記載されてはいません。

 

つまり満20歳以上69歳までの方で一定の安定した収入があり更には借り入れに対する返済能力を有していることとなっていますが、実際の所具体的にはどんな感じの方がアイフルの審査にパスしているのかなかなかイメージがわかないのではないでしょうか?

 

ハッキリこの内容からわかるのは19歳以下の方や70歳以上の方はローン審査に落ちてしまうということです。これはどんな場合にも変更されることが無いアイフルのルールです。

 

一方で、一定の安定した収入があり更には借り入れに対する返済能力を有しているというのは具体的にはどのようなことであればいいのでしょうか?

 

このサイトではアイフルのキャッシングローンに通るために知っておくといい審査基準を紹介しながら、どのようなタイプの方がアイフルの審査に落ちやすいのかを紹介していきます。更には、審査はOKになっても借り入れの限度額が低く抑えられてしまうこともあります。

 

できれば、限度額は大きなものであることが望ましいのですが、どのような場合には借入の限度額が低く抑えられてしまうことになるのかについても紹介して来ます。アイフルからのお金の借入を検討している方にはお勧めのサイトです。

 

アイフルの審査に通らない人の特徴

 

アイフルからの借入の審査に落ちてしまう人可能性が高いのは以下のような特徴があります。

 

いわゆる信用情報(ブラックリスト)に長期間の延滞または債務整理についての情報が記載されている場合には100%の確率で審査に落ちてしまいます。ローンやクレジットカードの利用歴は信用情報機関のデータベースに記録されています。契約の内容や支払い(延滞)の情報、更には利用記録が全て記録されることになっています。

 

金融機関からのお金の借入に関する情報は日本国内に3つある信用情報を管理する機関のいずれかに登録されることになりますので、他の金融機関でトラブルを起こしてその記録が信用情報として記録されてしまっていると、アイフルからの借入にもそれは影響することになってしまいます。

 

アイフルに借り入れの申し込みが行われる場合には、アイフルの方で信用情報の内容を核にして、その方がアイフルも含めた金融機関と金銭的なトラブルを過去に起こしたことが無いかどうかの確認が行われます。仮に以前トラブルを起こしている場合にはアイフルの審査が通らないことになってしまいます。

 

ブラックリストに情報が掲載されている期間は5-10年と言われていますので、過去に遡って金銭的なトラブルを起こしてしまっているとアイフルからの借入の審査に大きなブレーキを与えることになってしまいます。

 

信用情報機関にその記録が掲載されてしまう長期間の延滞と債務整理とはどのようなものなのでしょうか?

 

長期間の延滞というのはクレジットカードやローン、更には携帯電話や奨学金の支払い期日に2-3月以上の遅れがでてしまうと、その場合には信用情報機関に長期間の延滞をしたことが記録されてしまいます。各種の支払いに遅れがでそうな場合にはそのままにせずに、すぐに相手に連絡をして相談していくことがお勧めです。場合によっては信用情報機関に記録されなくて済むことも考えられます。

 

一方で債務整理というのは、借りたお金を返すことが出来ないためにそれを法律によって相殺することを言います。債務整理にはいろいろな方法があります。任意整理・破産・個人民事再生などの方法がしられています。債務整理を行うことによって借りたお金の返済の負担を和らげることが出来るようになります。

 

また、完全に借金をなくすこともできます。しかしながら、債務整理を行ったという記録は当然のことながら、信用情報機関に記録されてしまいます。このような場合もアイフルの借入の審査にパスできないと考えて良いでしょう。

 

長期間の延滞や債務整理を行った場合にはその記録は5年は続きますので、その間はアイフルからの借入は不可能となってしまいます。

 

また、日本には総量規制という法律がありますので、借り入れが年収の3分の1以上になってしまう場合にはアイフルからの借入審査に落ちてしまいます。年収が600万円の人の場合にはほかの金融会社からの借入が200万円ある場合にはそれ以上の借入をできなくなります。ですから、この法律に抵触する場合にはほぼ100%の確率でアイフルの審査に落ちてしまうことになります。

 

総量規制の対象は銀行以外の金融機関ですので、住宅ローンなどの借入の場合には銀行から、年収の3分の1以上の借入が可能になります。また、先ほどの信用機関に問い合わせをすれば、他の金融機関からどのくらいの借金をしているかすぐに調べることができますので、総量規制の範囲を超えてお金の借入をすることは絶対にできない仕組みになっています。

 

更には、他のからの借入が5件以上あるような場合も、アイフルからの借入の審査にとおることが非常に難しくなってしまいます。(ほかの金融会社との契約の件数ではありません。

 

何件実際に借り入れを行っているかが、審査のポイントになって来ます)また、他の金融会社からの借入の状況は信用情報機関に問い合わせをするとすぐに判明してしまいますので、隠すことはできません。必要に応じておまとめローンなどをくんで、借り入れの件数を4件以下にすることが肝要です。

 

また、お金の借入について返済は行っているのですが、過去2年間で3回以上返済のタイミングに後れを出してしまっている場合にもアイフルの審査に却下されてしまうことになります。借入の返済については、金融機関からのそれだけでなく、携帯電話の使用料金や奨学金の返済も含まれてきますので、注意が必要になります。

 

返済すべき金額は確実に期日までに返済をするように心がけておくことが必要です。1日返済が遅れた場合でもアイフルの審査に落ちてしまう場合がありますので、注意が必要です。

 

以前、アイフルからの借入を行って、それをきちんと返済していない場合にもアイフルの審査に落ちてしまいます。このような場合には逆に返済していない分の督促が行われることになります。当たり前のことですが、借金を踏む倒すことはできないと考えておいていいでしょう。

 

また、アイフルへの借入の申し込みの際に虚偽の申請をした場合にも審査に落ちてしまいます。不注意による間違いであれば訂正によって、許可されることもありますが、わざとやった場合には絶対に通りません。本人確認書類として提示する運転免許証、パスポート、健康保険証などの番号を偽造することを行った場合には申請は却下されてしまいます。

 

また、名前を偽造している場合や女性の場合結婚前の旧姓を申請しない場合も却下されてしまいます。アイフルの審査は非常に厳格なものですので、申請者がわざと嘘の情報を申請しているような場合には100%それを見破られてしまいますので、注意が必要です。アイフルへの申請の場合には十分な注意を行って、正しい情報をいつも提示するようにするといいでしょう。

 

一方で、年金による収入のみの方もアイフルの審査に落ちてしまいます。年金にはいろいろなものがありますが、厚生年金・国民年金・遺族年金などのすべての年金についてこのルールは適用されることになります。しかし、借入後に年金収入のみになってしまった場合にはこのルールは適用されません。また、年齢のルールによって70歳になってしまうと新たな借り入れをアイフルから行うことはできなくなってしまいます。

 

アイフルからの借入の審査の際には在籍確認が行われます。アイフルの方から申し込みをした方の就職先に連絡を行って、就業状況を電話で確認する作業を行っていきます。電話での確認が難しい場合には、申し込みを行った方の社会保険証と給与明細の提出で代用できる場合もあります。更にはこれらいずれの方法も難しい場合には申し込みを行った方の自宅の固定電話に連絡があります。

 

これらの在籍確認に対応できない場合には確実にアイフルからの借り入れはできなくなってしまいます。

 

利用限度額が制限されてしまう人とは?

アイフルの審査にはOKとなりましたが、利用限度の最低額である50000円の制限を受けてしまう方もいます。ではどのような条件の方がその制限を受けてしまうのでしょうか?実は就職することが決まっているのですが、また実際には就職先で働いていない人の場合には50000円の制限を受けてしまうことになります。

 

更には、働き始めるタイミングかなり先に設定されていると審査に落ちてしまうことになります。一般的には30日以内に仕事を始めることが必須と考えておいていいでしょう。それよりも短い期間で働き始める場合には50000円の制限を受けない可能性も出て来ます。

 

また、周期的な収入はないのですが、収入がある場合も50000円の制限を受けることが多くなります

 

給与や事業収入の場合には周期的な収入になりますので、50000円の制限を受けることがないのですが、アパートなどの賃貸物件などからの家賃による収入、家庭で行う内職やパートなどの不定期な収入、ネット上のビジネス収入、株などの投資による収入のみの場合には50000円の制限を受けることがおおくなります。

 

アイフルの方でお金に困っていると判断できるような場合にも50000円の制限を受けてしまいます。例えば、3社以上の消費者金融からトータルで150万円以上の借入を行っている場合には制限を受けてしまうことになります。場合によってはアイフルの方からかりかえMAXを提案されることもあります。

 

かりかえMAXを用いますと複数の借り入れをまとめることが可能になりますので、返済の負担を軽くすることが可能になる場合がおおくなります。また、返済の箇所が1つになりますので、手間を省くことも可能になります。

 

在留カードまたは特別永住者証明書を有する外国人の場合もアイフルへの借入の申し込みをすることが可能ですが、多くの場合において50000円の制限を受けてしまいます

 

しかしながら、外国人の方のお勤め先が上場企業である場合やその方の収入が600万円以上の場合、配偶者の方が日本人でその方が上場企業のお勤めの場合や配偶者の方が日本人でその方の収入が600万円以上の場合には50000円の制限を受けない可能性も出て来ます。(30万円から50万円の借入限度額に設定される場合があります)

 

なぜ利用限度額が少なくなってしまうの?

50000円の最低限度額ではないにしても、アイフルからの借入の限度額が少なくなってしまう方は以下の様な特徴をもっています。具体的にいくら下がってしまうことになるということを数字で表すことはむずかしいのですが、下がりやすい傾向にあります。

 

アイフルに借り入れの申請をした日から逆算して7日間の間に3社以上からお金の借入をしているような場合には、アイフルへの給与明細(8か月分)または源泉徴収票の提出が必要になります。書類の提出によって、アイフルからの借入の審査にはパスできるようになりますが、借り入れの限度額は下がってしまうことが多くなります。この場合の借入は銀行からの借入もカウントされます。

 

アイフルに借り入れの申請をした日から逆算して2年間の間に、ローンなど返済に対して2回以上の遅れがある場合には、借り入れの限度額が下がってしまいます。ローンの返済に加えて、携帯電話の費用や奨学金の返済の遅れもカウントされますので注意が必要です。1日遅れてしまっても遅れとしてカウントされます。

 

また、住宅ローンや家賃などの支払いが年収の3割以上を占めている場合にも利用限度額が下がってしまう可能性が考えられます。しかしながら、その他のローン、携帯電話の費用、奨学金の費用などに遅れが無い場合には下げられない場合もでてきます。

 

水商売をおこなっている、飲食店などの店員、パチンコ店の店員、新聞配達を行っている場合には限度額が下げられてしまう可能性が出て来ます。しかしながら、水商売や飲食店、パチンコ店などの経営者の場合には下げられることはありません。

 

これまで上げてきたような限度額が下げられてしまうような条件がいくつか重なっているような場合には、更に限度額が下がってしまう可能性が高くなるといえます。

 

アイフルの審査と限度額についての疑問

アイフルの借入の審査に関してしばしば聞かれる内容についてまとめてみました。

 

一度アイフルの審査に落ちてしまうと再びパスすることは難しい

ここに回答を入力決してそんなことはありません、その時に比べて状況が変化していればパスする可能性がでてきます。

 

たとえば、新たに定職についた、借り入れの件数が5件から2件に減ったななどの状況の変化によってパスすることが期待できるようになります。

 

アイフルからの借入の限度額をアップすることは不可能?

決してそんなことはありません。アイフルからの借入を行い期日に遅れることなく返済を続けていけば、アイフルからの借入の限度額を上げることが可能になります。

 

要はアイフルからの信用を得られるようにアイフルと付き合っていくことが肝要です。

 

アイフルからの借入の際の審査に重要と考えられるポイントは?

アイフルからの借入の際の審査に重要と考えられるポイントは仕事の内容・就業先・給与・住宅ローンおよび家賃の返済(支払い)額になります。仕事の内容や就業先としては公務員や一流企業に勤めている方が審査には有利に働きます。勤続年数が長い方が有利にはたらきます。給与については当然高い方が審査には有利です。

 

給与が低いからと言って審査に落ちてしまうことはありませんが、借り入れの限度額が下がってしまうことになります。また、年収の3分の1以上はお金を借りることが出来ないという総量規制に抵触するようなお金の借入は法令上不可能ですので、そのような場合には確実に震災に落ちてしまうことになります。

 

また、借家住まいよりも持家に住んでいる方の方が審査には有利です。住宅ローンや家賃の占める割合が年収の3割以上ですと審査に不利に働くことが多いので注意が必要です。一人暮らしの方は審査に不利に働く場合があります。家族と同居している方が審査には有利です。

 

また、自分をよく見せようとして、審査に対して嘘の申告をしてしまうのはマイナス効果にしかなりませんので、絶対にやらない方が良いでしょう。

 

アイフル審査のまとめ

このサイトの要点をまとめて見ますと以下のようになります。

 

アイフル審査において却下されてしまう人とは
  • 信用情報に長期間の延滞または債務整理の情報が記録されている人(ブラックリストの方)
  • 消費者金融からの借入の総額が年収の3分の1以上の方(総量規制に抵触する方)
  • 過去2年間においてカードローンの返済、奨学金の返済、携帯電話の利用料金の支払いなどで3回以上の遅延を起こしているかた
  • 以前にアイフルからお金を借りて、完済していない方(このような方の場合にはアイフルからの審査に却下されるだけでなく督促を受けます)
  • アイフルの審査時に故意に嘘の情報をアイフルに提示した方
  • 年金のみの収入の方

 

アイフルの利用限度額が50000円以下になってしまう人とは
  • 仕事はすでに決定しているが、まだ仕事を初めていない方(30日以内に働き始める方)
  • 収入はあるが、給与または事業収入を得ていないかた、
  • 3社以上の消費者金融からトータルで150万円以上の借入がある方
  • 外国人の方

 

アイフルの利用限度額が低く決められてしまう人とは
  • 遡って1週間の間に3社以上の借入を行っている方(銀行からの借入も含まれます)
  • 遡って2年間の間に2回以上カードローンの返済、奨学金の返済、携帯電話の利用料金の支払いなどで遅延を起こしているかた
  • 住宅ローンと家賃の占める割合が年収の3割以上のかた
  • 水商売をおこなっている、飲食店などの店員、パチンコ店の店員、新聞配達を行っているかた。(経営者は含まれません)

 

アイフルから借入の審査においては、申し込みをされた方の各種情報に応じてその信用情報などを総合的に鑑みて行っていきます。ですから、ここに挙げた内容以外のことで申請が却下されたり、借り入れの限度額が下がってしまう場合も時にはあります。

 

逆に、総合的に判断して、アイフルの借入の審査にパスするようなこともあります。アイフルからの借入を考えていて、上記の内容に抵触していないのであれば、審査にパスする可能性が高いので申し込みをしてみてもいいでしょう。

 

しかしながら、アイフルの借入の審査はアイフルにとっても利用者にとってお理由のある厳しさですので、借入れの審査にパスしないということは、申請自体を見直さないといけないことであるという認識が必要です。

 

ですから、審査が甘いと巷で評判の激甘審査ファイナンスや極甘審査ファイナンスからのお金の借入は絶対に避けないといけません。そのような金融機関からお金を借りてしまうとたちまち大きな返済の負担に苦しめられることになりますので、最悪の場合には債務整理の手続きを取らなくてはならなくなります。

 

債務整理をすることになってしまいますと、ブラックリストにその情報が掲載されてしまいますので、その後ローンを組むことが出来なくなってしまいますので、制約の大きな生活を余儀なくされることになります。