即日発行可能なアコムのクレジットカードの特徴とは?

MENU

即日発行可能なアコムのクレジットカードの特徴とは?

 

クレジットカードはさまざまな会社が発行していますが、その仕様は会社ごとに異なっています。またサービス内容も違っているため、どの会社のクレジットカードを発行するかによって、その後のクレジットライフが大きく変わってくるでしょう。消費者金融のアコムはカードローンだけでなく、クレジットカードの発行も行っています。

 

アコムは知名度も高くテレビでもCMをしていますので、安心して利用することができるでしょう。アコムのクレジットカードにはどのような特徴があるのでしょうか。気を付けないといけない点はないのでしょうか。

 

アコムの「ACマスターカード」の特徴

アコムの発行しているクレジットカードは「ACマスターカード」という名称です。名前からもわかる通り、国際ブランドはマスターカードが搭載されています。世界的にみるとマスタカードはシェアの高い国際ブランドですが、日本国内では少数派です。国内で発行されているクレジットカードの多くはVISAやJCBがシェアを占めているからです。アコムはそのようなマスターカードを発行できる数少ない企業の1つです。

 

ACマスターカードの特徴は何といっても最短即日発行が可能な点でしょう。カードローンの即日発行が可能な金融機関はたくさんありますが、実はクレジットカードを即日発行できる会社はごくわずかです。スーパーや駅などの簡易カード契約デスクで発行されるカードは本契約のカードではなく、「仮カード」と呼ばれるものです。

 

仮カードは限られた店舗で限られた金額しか利用することができません。本来のクレジットカードのような利便性はないのです。アコムでは本契約のクレジットカードを即日発行することが可能ですので、カードを受け取ったその日から自由に利用することができます。クレジットカードの発行に時間がかかってしまう理由はただ1つ、カードの受取手段が郵送で行われるためです。

 

アコムには自動契約機がありますので、審査が下りたらすぐにカードが発行されます。

 

同様にカードデスクを用意しているエポスやセゾンカードも即日発行ができるクレジットカードです。アコムの自動契約機の中にはACマスターカードに対応していない機種もありますので、来店する前に機種が対応しているのかどうかをホームページ上で確認しておきましょう。営業時間は22時までのものと21時までのものがあります。審査にも時間がかかりますので、即日発行をしてもらうためにはある程度時間に余裕を持って契約に行かなくてはなりません。

 

クレジットカードの中には年会費がかかるものも多いのですが、ACマスターカードの場合は永年無料です。維持費がかからないので持っておいても損をすることはないでしょう。支払方法も数多く用意されていますので、自分の都合に合わせて支払いをすることができます。

 

  • 口座振替
  • 銀行振込
  • ネット返済
  • 店頭
  • アコムATM
  • 提携ATM

で返済ができます。

 

ACマスターカードにもデメリットはあります。例えば支払方法は強制的にリボ払いになってしまう点やポイント制度がない点です。リボ払いになっても毎月の支払額をカードの契約額にしておけば一括返済のように利用することはできます。ポイント制度がないことから、積極的に買い物に利用してもキャッシュバックを得ることはできません。

 

最短発行日を基に4種類のクレジットカードを比較

即日発行できるものや発行速度が速いクレジットカードとアコムのACマスターカードを比較してみましょう。

 

まずセゾンインターナショナルです。セゾンには2800万人の会員がおり、国内有数のクレジットカードブランドです。セゾンの発行しているカードの中にもPARCOカードやロフトカード、ウォルマートカード、MUJIカード、シネマイレージカード、タカシマヤカード、みずほマイレージクラブカード、JAFカード、三井アウトレットパークカードなど、さまざまな会社がセゾンと提携をしてクレジットカードを発行しています。

 

即日発行できるカードとできないカードがありますので、申し込みをするときには種類をよく考えて選ばなくてはなりません。有効期限のない永久不滅ポイントが人気です。

 

同じく即日発行可能なクレジットカードであるエポスカードも人気があります。全国5000店舗以上で、提示するだけで優待や割引を受けられるというサービスがあります。娯楽施設から飲食店まで幅広くカバーしているので、日常的に利用しやすいという特徴があります。

 

丸井のマルコとマルオの7日間ではエポスカードを持っていればバーゲン価格で買い物をすることができます。このバーゲンセールは年に4回行われていますので、日数で計算すれば1年のうちほぼ1か月間バーゲンをしていることになります。優待を受けることができる施設ではカード払いではなく提示だけでも良いところが多く、持っているだけで得をすることができるカードと言えるでしょう。

 

優待が受けられる施設はエポスの「エポトクプラザ」というページで確認することができます。

 

MUFGカードイニシャルも人気があるカードです。このカードは若者向けのクレジットカードで、18歳から29歳の人が申し込みをすることができます。最短で翌営業日に発行をしてもらうことができますので、郵送の時間を考慮しても1週間以内には手元にカードが届くことになるでしょう。

 

ニコスVIASOカードも人気があり、MUFGカードと同様に三菱UFJニコスが発行しているカードです。ポイントを貯めても結局使わずに期限を切らしてしまう人もいますが、VIASOカードの場合は1000ポイントごとに自動でキャッシュバックを受けることができます。1ポイント1円の価値があります。ポイントをうっかり失効することなく換金することができるのは便利な点でしょう。

 

他社のカードのポイント制度では、商品券に交換して金券ショップで換金するなどの手間がかかってしまうこともありますし、換金する場合は100%の価格で換金することは難しいでしょう。無駄なく交換できるのはこのカードのメリットです。

 

申込資格を基に5種類のクレジットカードを比較

カードの契約には必要な年齢が決められていますので、契約可能なカードとそうでないカードがあります。カードローンの場合は20歳以上が契約可能としていますが、クレジットカードでは18歳以上から可能としているところも多くあります。

 

ACマスターカードの契約可能年齢は20歳から69歳です。また、本人に安定した収入がないと申し込みをすることができません。専業主婦やアルバイトをしていない学生では契約が難しくなることもあります。セゾンカードやエポスカード、MUFGカードイニシャル、ニコスVIASOカードでは18歳以上から申し込みが可能となっています。ただしこの18歳という基準は高校を卒業している年度であることが必要です。高校生が申し込みをすることはできませんので注意しましょう

 

MUFGカードイニシャルは若者向けのクレジットカードのため、上限年齢が29歳とされていますが、そのほかのクレジットカードでは上限年齢に設定はありません。ただし退職して収入が少なくなってくると、契約ができたとしても限度額が低く設定されることがあります。クレジットカードのような信用取引をするアイテムは、実は若いうちに所有しておいたほうがあとあとメリットがあります。

 

クレジットカードには必ず審査が行われますが、その過程で信用情報のチェックが行われます。若いうちは信用情報に何のデータがなくても不思議ではありません。最初は誰しもまっさらな状態からスタートするからです。しかし年齢が上がってくると、何かしらの信用取引を行う機会は増えてきます。しかし年齢が高くなっても真っ白な状態だと、過去に金融事故を起こしてデータが消えるまで利用できなかった可能性が考えられるようになるのです。そのような申込者に対しては金融機関は慎重に審査を行います。

 

一度破たんしてしまった人は再び破たんしないとは限らないからです。しかし中には本当に信用取引をしていなくて「疑い」だけで審査に落ちてしまう人もいます

 

ACマスターカードの審査では過去の情報よりも現在に重点をおいていますので、年齢が上がってきてから初めての信用を作るカードとして所有する人も多くいます。信用取引の記録があることで別のカード会社の審査にも通りやすくなります。審査になかなか通らないという人は、何が原因なのか一度考え直してみるのも良いでしょう。

 

申し込み資格はカードによって異なりますので、申し込みをする前に自分の状態が当てはまっているのかどうかチェックすると良いでしょう。中には正社員にしか発行しないカード、女性限定、主婦向けなど特徴のあるカードもあります。

 

発行スピードを基に5種類のクレジットカードを比較

申し込みからカード発行までのスピードも気になるところです。クレジットカードはさまざまな申し込み方法が用意されていますが、即日発行をしてもらうためには条件をクリアしなくてはならないものもあります。

 

ACマスターカードの場合、電話、ホームページ、自動契約機(むじんくん)で申し込みをすることができます。このうち即日発行ができるのは自動契約機で受け取りを選択した場合のみです。郵送になれば即日発行は不可能ですので注意しましょう。自動契約機には営業時間がありますので、遅い時間になってしまうと即日発行が難しくなります

 

カード発行前には審査が行われ、時間もかかります。最短で90分程度かかりますので、営業時間終了より2時間以上前に来店すると良いでしょう。本人確認書類や、キャッシングを希望する場合は金額によっては収入証明書が必要です。

 

セゾンカードやエポスカードも同様にインターネットやカードカウンターで申し込みをすることができますが、どちらも即日発行ができるのはカードの受取をカードカウンターにした場合のみです。申し込みはインターネットで、受取はカードカウンターにすることも可能です。カードカウンターの営業時間が終了するまでに受取に行かなくてはなりません

 

どちらも即日発行可能ですが、繁忙期では仮カードで対応されてしまうことがあります。急ぎで本契約のカードを発行して欲しいことを、あらかじめ連絡しておくと良いでしょう。本人確認書類の他に、キャッシュカード、金融機関届出印も必要です。

 

MUFGカードイニシャルとニコスVIASOカードは即日発行をすることはできません。カードの受取手段が郵送だけだからです。審査は当日中、もしくは翌営業日に行ってもらうことができ、最短翌営業日に発送されます。郵送にも何日か時間がかかりますので注意しておきましょう。

 

来店は不要ですが即日発行ができないので、即日発行に重点を置いている人には適していません。即日発行を希望する人は必ず自動契約機やカードカウンターが用意されている会社のカードに申し込みをしなくてはなりません。

 

駅やスーパーの簡易契約デスクでは発行できても仮カードですので、好きなお店で利用することはできないと覚えておきましょう。MUFGイニシャルカードでは国際ブランドを選択することができますが、JCBを選んだ場合は最短2日、アメックスを選んだ場合は3日かかります。このように複数のブランドを選択できるカードでは、選んだブランドによって発行までの時間が違う点にも注意しておきましょう。

 

これらのクレジットカードの中でも特に急いで即日発行をしたいときに便利なのがACマスターカードです。自動契約機が全国に300以上設置されていますので、住んでいる地域に関わらず利用できる場所が多いからです。

 

在籍確認を基に5種類のクレジットカードを比較

審査内容についても確認しておきましょう。特に多くの人が気にするのが、仮審査後に行われる「在籍確認」です。在籍確認は申込書に記入された職場で本当に働いているかどうかチェックする審査です。カードは原則、安定した収入がある人しか所持することができません。嘘の情報で収入があるように見せかけて契約されないためのチェックなのです。

 

在籍確認の内容についてですが、まずカード会社が職場に電話をします。ACマスターカードのアコムの場合は会社名を明かさず、個人名でかけてきてくれます。そのため電話応対した人がカードの審査だと気づくことはないでしょう。本人がいれば本人に代わってもらい、生年月日や住所などで本人確認を行って在籍確認が終了となります。本人がいない場合でもその会社に勤めていることがわかるセリフを聞くことができれば、審査は終了です。「ただいま席をはずしています」、「本日はお休みです」などの答えで問題ありませんが、お休みの場合は次の出社日を聞くことがあります。

 

デスクワークをしている人にとっては外部から電話がかかってくることもあるかもしれません。しかし飲食店だったり、雇用形態がアルバイトのような人はまず外部から電話がかかってくることはありません。そのため電話があれば在籍確認ではないかと思われることがあります。

 

カード会社によっては給料明細の提出や保険証などで確認を完了にしてくれるケースもありますので、一度相談してみると良いでしょう。審査の方法は申込内容や担当者次第では融通の利いた方法に変更してくれるかもしれません。

 

セゾンカード、エポスカード、MUFGカードイニシャル、ニコスVIASOカードでは基本的には在籍確認ありとしていますが、必ずしも行うわけではありません。

 

在籍確認はカード会社のリスクを抑えるための審査です。アルバイトの場合は職をいくつも持っていたり、すぐに転職することも可能ですので、あえて在籍確認を行わないこともあります。希望している限度額が低い場合は行われないことがあるのです。

 

キャッシング枠を希望していると在籍確認が行われる可能性が高くなりますので、不要であれば希望しないほうが審査はスムーズに進むでしょう。在籍確認は会社に電話がかかってきますので、土日など会社が営業していない日に審査が行われてしまうと、即日発行ができるカードでもそこで審査がストップしてしまうことになります。

 

休日に申し込みをする人は、在籍確認が行われても大丈夫かどうか考えておかなくてはなりません。在籍確認が必要になった場合、確認ができない限り審査は完了にはならないのです。

 

年会費・国際ブランドを基に5種類のクレジットカードを比較

クレジットカードには必ず国際ブランドが搭載されています。国際ブランドのロゴの入ったお店で利用することができますので、いろいろなお店で利用したいのであれば、広く流通したブランドを利用するべきです。

 

ACマスターカードはその名の通り、マスターカードしかありません。国内では発行している会社が少ないのですが、クレジットカード払いが可能なお店であればほとんど対応していると考えても間違いありません。特に海外でも利用できる場所が多いので、カード決済という機能面で見れば不便に感じることは少ないでしょう。

 

セゾンカードはVISA、マスターカード、JCBから選択することができます。エポスカードはVISAのみです。MUFJカードイニシャルはVISA、マスターカード、JCB、アメックスから選択できます。ニコスVIASOカードはVISAとマスターカードを選ぶことができます。シェアでいえばVISAが世界一です。

 

国内だけで見ればJCBもシェアが高いのですが、海外では対応していないお店もあります。

 

ただしアメックスと提携しているため、アメックスのロゴがあるお店であればJCBでもカードが利用できる可能性が高くなります。同じブランドのカードを複数枚持っていても利便性が広がりにくいので、カードを何枚か持っている人は、まだ持っていないブランドのカードを持つのもよいかもしれません。

 

ETCカードや家族カードの有無も気になるところです。残念ながらACマスターカードにはどちらもありません。エポスカードには家族カードはありませんが、そのほかのカードでは家族カードを作ることもできます。この5種類の中ではACマスターカード以外にはETCカードも発行することができます。

 

家族カードは契約者の家族が持つことができる個人用カードです。家族カードの貸し借りはできません。請求はすべて契約者の元へいきますが、家族カードの場合は所有する人に対する審査がないため、学生や主婦でも問題なく持つことができるでしょう。ただし利用はすべて契約者の管理下に置かれることになりますので、自分の好きなように利用すれば問題になることもあります。

 

ETCカードは高速道路を自動で通過するためのカードです。料金所でいちいち止まる必要もありませんし、ETCを利用すれば割引価格で高速道路を利用することができます。レンタカーでも車載器が搭載されているものが多いので、車を持っていなくても免許を持っている人はETCカードがあると便利になるかもしれません。カードの機能面でいうとACマスタカードはやや物足りなく感じるかもしれません。

 

手数料・限度額を基に5種類のクレジットカードを比較

カードを持った時のコストはカード利用をしてリボ払いをした時の金利手数料や、キャッシングを利用した時のATM手数料、年会費などがあります。年会費は利用金額によっては無料になるカードも多くあります。

 

スタータスの高いカードほど年会費が高くなる傾向があります。それはさまざまな保険付帯やサービスがついてくるからでもあります。ステータスの高いカードは何枚も持つようなものではありませんが、年会費無料のカードであればシーンによって使い分けるのも良いでしょう。

 

また、カードによっては限度額や手数料の設定はバラバラです。

 

ACマスターカードのショッピング枠は限度額10万円~300万円、金利10%~14.6%です。キャッシング枠は1万円~490万円で金利3%~18%です。セゾンカードはショッピング枠が30万円~150万円で金利14.52%、キャッシング枠が1万円~300万円で金利12%~18%。エポスカードはショッピング枠が10万円~60万円で金利15%、キャッシング枠が1万円から99万円で金利18%。MUFGカードイニシャルはショッピング枠が10万円~100万円で金利15%、キャッシング枠が社会人は10万円で金利14.95%~17.95%。ニコスVIASOカードはショッピング枠が10万円~100万円で金利15%、キャッシング枠が50万円までで金利14.94%~17.94%です。ACマスターカードは他社のカードと比較するとかなり最大限度額が高くなっています。

 

キャッシング枠も合わせれば800万円近いカードになります。いずれの会社も金利はそれほど大きく変わりませんが、まとまった金額でキャッシングをするのであればACマスターカードが有利でしょう。

 

アコムは消費者金融ですので、本業はお金を貸すことです。クレジットカードでもキャッシングを利用してほしいと思っているのが会社側の本音です。

 

一般的なクレジットカード(銀行発行以外)のキャッシング枠は貸金業法の総量規制によって規制されています。総量規制では年収の3分の1以上の貸し出しをすることが禁止されていますので、キャッシング枠を希望する人は年収の3分の1までにしましょう。この年収の3分の1とは他社からの借り入れも含めた金額です。

 

複数のカードでキャッシング枠を利用していると総量規制をオーバーすることがあります。また、1社での限度額が50万円以上になる場合、他社の借り入れと契約額が100万円を超える場合は収入証明書が必要になります。キャッシング枠を希望することで審査はより慎重になりますので、買い物だけで利用したい人は希望しないほうが契約がスムーズです。