MENU

即日融資の申し込みランキング

  おすすめ順 年利 限度額 公式
プロミス
プロミス
4.5%~17.8% 500万円 申し込み
アコム
3.0%~18.0% 800万円 申し込み
モビット
モビット

 

※申込の曜日、時間帯によっては
翌日以降の取扱となる場合があります。

3.0%~18.0% 800万円 申し込み
レイク
4.5%~18.0% 500万円 申し込み

即日融資への申し込みはまず受付時間帯に注意

即日融資対応のカードローンやキャッシングを利用するには、その受付時間帯に注意しておきましょう。審査に合格すると即座に融資可能となりますが、いくら即日融資可能とはいっても深夜の時間帯に申し込みんでその日に融資というのは無理があります。

 

即日融資を受けるには、最低でも平日の14時頃、できれば平日の午前中に申し込み手続きを完了させておきましょう。土日や祝日も申し込み自体は受付していますが、その日に融資可能としている金融機関は少ないのが実情です。

 

口座振込により融資金の受取を希望する方は、さらに注意が必要です。銀行などの金融機関の振込対応時間は、通常平日の14時までとなっています。それまでに審査を含めた全ての手続きを完了させておかなければいけません。そのためにも最低でも平日の午前中に申し込みを完了させておくようにしましょう。

 

14時までに申し込みできなかった場合には

どうしても平日の14時までに申し込みできなかった方でも、即日融資を活用する方法はあります。それは「インターネット申し込み」を利用する方法です。

 

最近ではほとんどの金融機関でインターネットを利用したローンの申し込みが可能になっています。パソコンだけでなくスマートフォンからも申し込みできますので、多忙な方でも安心して利用することができるようになっています。

 

インターネットを利用した即日融資の活用方法は以下の通りです。

インターネットのホームページから申し込みを行う。

→審査に合格すると、その結果を店頭や無人契約機に持参する。
→店頭や無人契約機で契約を行い、借入カードを受け取る。
→脇に設置されているATMやCDで借入を行う。

 

振込融資は利用できませんが、この方法であれば遅い先で20時頃まで融資を利用することができます。ただし対応は各社で異なっていますので、事前にきちんと確認しておくようにしましょう。

 

即日融資を選ぶポイント

最近ではほとんどの金融機関のカードローンやキャッシングが即日融資に対応しています。比較的審査が遅いとされていた銀行でも、即日融資対応のカードローンが商品化されるようになっています。

 

そこで問題となるのが「どこで借りればいいのか」ということです。各社で条件が異なっていますので、自分にあった最適な先を選ぶことが重要になってきます。

 

以下のポイントに注目して最適な一枚を探すようにしましょう。

 

金利

借入後の返済負担を考えると、金利の問題は外すことはできません。「できるたけ低金利で借りたい」と誰もが考えるでしょう。

 

カードローンなどの金利には一定の幅があり、どの金利が適用されるのかは実際に申し込みんでみなければ分かりません。そこで金利を比較する場合には「最上限金利」に注目してみていくようにしましょう。

 

一般的に銀行系のカードローンは金利が低く、消費者金融系のカードローンは金利が高いといわれています。ただし消費者金融の中には「無利息サービス」を提供している先があります。ほとんどの先が「初回利用者限定」となっていますが、お金を借りるのに無利息で利用できるメリットは計り知れないものがあるでしょう。

 

確実に返済できる目途があるのであれば、このような「無利息サービス」を活用するのが有効的といえるかもしれません。

 

借入限度額

自分の状況に応じた借入が可能かどうかも重要なポイントです。いくら即日融資可能とはいっても希望する金額を借りることができなければ、問題が解決できないこともあるでしょう。ただし実際にいくら借りることができるかは審査に合格しなければ分かりません。

 

一般的に銀行系カードローンは高限度額とされていますが、消費者金融系カードローンに比較して審査基準が厳しくなっています。自分の返済能力などをよく把握したうえで申し込みを行う先を決定しましょう。

 

返済方式

意外と盲点なのが借入後の返済方式です。同じ借入金額で、同じ金利であっても返済方式の違いによって返済金額や返済期間が大きく異なります。

 

とくに注意が必要なのが「リボルビング返済」です。

 

現在のカードローンの主流となっている返済方式で、毎月の返済金額自体を少なく抑えることができる半面、返済期間が長期化することもあります。それだけ返済利息の総額が大きくなりますので注意しましょう。

 


各社のホームページではそれぞれの返済方式によった返済シュミレーションを利用できるツールが整っています。申し込みの前に必ず確認し、念密な返済計画を立てるようにしましょう。

 

即日融資のカードローンやキャッシングを利用することで、日常生活のピンチを脱出することができます。ただしあくまで借金であって、借りたお金は利息を含めて返済しなければいけません。つい借りることばかりに頭が働いて、返済のことがないがしろになるかもしれませんが、万が一返済できない状況に陥ると以後の人生に悪影響を与える危険性もあります。

 

利用前には必ず返済計画を立てて、無理のない利用を心がけるとともに、借りたお金はなるべく早期に返済していくようにしましょう。

 

即日融資の審査ポイント

「即日融資」のキャッシングやカードローンを利用する場合、必ず「審査」に合格しなければいけません。いくら「即日融資可能」といっても審査に合格しなければ借入を利用することができません。

 

ある意味「審査に合格できるかどうか」という条件は、金利や借入限度額といった条件よりも重要といえるかもしれません。

 

審査とは?

審査とは「利用者の返済能力を判断する」作業です。キャッシングやカードローンを提供する会社としても貸したお金が(利息を含めて)返済されなければ商売が成り立ちません。

 

そのため利用前に審査を実施し、貸したお金が(利息を含めて)返済可能かどうか判断する必要があるのです。

 

ただし審査基準は各社異なっており、また一般的には公表されていません。審査基準が厳しい先、緩やかな先の違いは確かに存在していますが、その内容は一般的に知ることはできません。

 

ただしどのような会社でも、審査に合格するために抑えるべきポイントというものは存在しています。このポイントさえ押さえておけば、審査に合格できる可能性が高くなるといえるでしょう。

 

審査のポイントとは?

審査で判断されるべきポイントさえ押さえておけば、最近ではパートやアルバイトの方でも合格できる「即日融資可能」なキャッシングやカードローンが増えてきています。

 

少なくとも「早く借りたい」と考えている方は、次のような審査ポイントを考慮して申し込みを行うようにしましょう。

 

安定した収入があるかどうか

「安定した収入」とは単に「収入が多ければいい」という意味ではありません。返済可能な収入が常に「安定している」ことが審査では重要視されます。

 

毎月の給料に多い時と少ない時の差がある方よりも、安定している方がより審査では高い評価を得ることができます。

 

年収ベースで考えると、一般的には「400万円以上」あれば十分といわれています。
逆に「200万円以下」である場合には、一般的に不利といわれていますが、審査は総合的判断により判断されますので、一概に「不合格」とはいえません。収入だけで審査結果を判断することはないのです。

 

勤務状態

安定した収入を確保するためには、利用者がどのような職業に従事しているのかをはずすわけにはいきません。当然「無職」という状況では審査でもかなり不利となるでしょう。

 

一番高評価を得ることができる職業は「公務員」で、次いで「大企業」に勤めている方が有利といわれています。公務員の方の給料自体はどこの会社よりも高いというわけではなく、一般企業でも公務員の方よりも高い給料を得ている方はたくさんおられます。それでも「安定性」を考えた場合、やはり「公務員」は断トツに高い評価を得ることができるのです。

 

また「勤続年数」の重要視される項目です。最低でも半年から1年以上同じ勤務先に勤めていることが求められます。あまり短い場合には、審査でも不利となることを覚悟しておかなければいけません。

 

過去の信用情報

過去に借入を利用しており、返済をきちんと行っている方は審査でも有利になることもあります。逆に返済に遅れていたなどの問題がある方は、審査でも不利は免れないでしょう。このような「個人信用情報」が審査でも重要視される項目の一つになっています。

 

「個人信用情報」では直近の申し込み情報も確認されます。あまり一度にたくさんの先に申し込みむとそれでけ審査では不利になります。お金に困っていて、一度に借りて逃げてしまうのでは、とみなされる危険性があるのです。

 

審査では申し込み書に記載される「全て」の情報が影響を与えます。常識で考えて「返済可能か」「返済に支障はないか」と判断するのが審査ですので、これらのポイントを押さえてなるべく不利とならない申し込みを行うようにしていきたいものです。

 

  • 「急な冠婚葬祭の予定が入ったけど、財布の中身が心もとない」
  • 「明日デートだけど、軍資金が足りない、彼女にかっこ悪い姿は見せれない」
  • 「公共料金の引き落としを忘れていた、口座の残高が足りない」

 

 


 

長い人生の中では時としてこのような事態に陥ることがあります。手元のお金が足りない、急な出費が重なった、どうしてもお金が不足する……

 

このようなピンチのときにあなたならどう対応しますか?

 

現在のキャッシングやカードローンには様々な申し込み方法が準備されています。自分の都合や生活スタイルに応じた方法を選択できますので非常に便利です。ただし申し込みを行ったその日に融資を受ける「即日融資」を希望するなら、申し込み方法には注意しておかなくてはいけませんね。

 

インターネットでの申し込みでも注意が必要

最近のキャッシングやカードローンはインターネットからの申し込みが主流になっています。自宅などから簡単に申し込みを行うことができるとあって、非常に人気が高まっています。ただし即日融資を希望する場合には、インターネットからの申し込みでも注意する点があります。

 

それは「借入方法」です。

 

キャッシングやカードローンは基本的に借入専用のカードを利用して現金を借入します。ところがインターネットで申し込みを行い、借入カードの受取を「郵送」と指定した場合、借入可能はそのカードが自宅などに発送されてからとなります。

 

これでは「即日融資」に対応することはできません。「即日融資」を希望するなら、カード受取方法を「店舗や無人契約機」と指定する必要があります。審査結果を持って、最寄りの店舗や無人契約機でカードを受け取るようにしましょう。

 

借入カードを利用しないで「振込」により借入を行う場合にも注意が必要です。通常銀行などが振込対応できるのは「平日の14時まで」となっています。

 

これを越えると振込受付は行われるものの、実際の振込処理は翌営業日となります。そのため「即日融資」を希望するなら、それまでに審査を含めた全ての処理が完了していなけれればいけません。逆算すると「平日の午前中」を目安に申し込み手続きは全て完了させておきましょう。

 

これらの対応は会社により異なっています。いざという場合慌てないためにも、事前にきちんと確認しておくようにしましょう。

 

即日融資申し込みランキングへ

 

電話申し込みでも同様

これらの状況は「電話」を利用した申し込みでも同様のことがいえます。固定電話・携帯電話・スマートフォンなどからの申し込みでも、即日融資可能かどうか十分確認するようにしましょう。

 

電話の場合には、その場で担当者と話を行いながら申し込みを進めますので、同時に融資可能時間帯やその方法についてアドバイスを受けるようにしましょう。

 

店頭・無人契約機なら即日融資も可能

一方店頭や無人契約機で直接申し込みむのであれば、十分即日融資に対応も可能でしょう。審査結果は早くて30分程度で完了しますので、それほど時間を気にする必要もありません。

 

店頭であれば直接担当者と話をすることもできますし、無人契約機でも専用電話を通じて担当者と会話を行うことができます。キャッシングやカードローンをりようする上での悩みや問題をその場で解決できる点は大きなメリットといえるでしょう。

 

親や友人に借りるのも立派な手段

身近な存在である親や友人に頼み込んでお金を借りることも、立派な方法のひとつです。お金が必要となる理由をきちんと説明して、相手の理解を得ることができればお金を借りることもできるでしょう。

 

通常、借りたお金に対する金利や手数料までは要求されないでしょうから、お金を借りる手段としては一番負担の少ない方法といえるかもしれません。

 

しかし相手の理解を得るには何度も説得を試みなければいけません。時間も日数も必要となり、急な出費には間に合わないかもしれません。またお金のトラブルは深刻な人間関係の悪化を招く危険性があります。

 

万が一約束通り返済できなければ、これまでの関係が一気に崩壊してしまうかもしれません。

 

即日融資対応のカードローンやキャッシングなら安心

自己都合でどうしてもすぐにお金を借りなければいけない状態では、即日融資に対応したカードローンやキャッシングが最適といえるでしょう。

 

審査にさえ合格できれば、すぐにまとまったお金を借りることができます。借りたお金は基本的に自由に使用することができ、その都度カードローン会社などに説明する必要もありません。最近の金融機関では、多くの先で即日融資のカードローンやキャッシングを商品化しています。

 

「即日融資」とは文字通り、申し込みを行ったその日に融資を受けることができるという意味です。店頭やインターネット、無人契約機から申し込みを行うと、すぐに審査が開始されます。早ければ30分程度で審査結果が回答され、1時間もあれば契約完了、まとまった融資を受けることが可能です。

 

融資を受ける方法は次の2通りがあります。取扱金融機関により対応が異なっていますので事前に確認しておきましょう。

 

専用カードを使用する

審査に合格すると借入専用のカードが発行されます。
そのカードを銀行やカードローン会社、コンビニなどのATMやCDに投入して現金を引き出すことで借入が成立します。

 

ちょうど銀行のキャッシュカードを利用して現金を引き出す要領ですが、あくまで借入であって自分のお金を引き出すのではありませんので注意しましょう。ちなみにATMとは「現金自動受払機」の略で現金の入金・出金の両方を行うことができます。

 

対してCDとは「現金自動支払機」の略で現金の出金はできますが、入金は利用できません。カードローンやキャッシングでは返済の際にもカードを使用することができますが、ATMでは返済できてもCDでは返済できませんので注意しましょう。

 

口座振込

融資金を指定した銀行などの口座に振込します。通常振込手数料は発生しませんので、費用負担を心配する必要はありません。

 

審査に合格すると早ければ瞬時に振込が完了しますので、その後現金を引き出すことができます。口座残高不足にも有効で、銀行に行く時間が無いという状況でも安心して利用することができるでしょう。

 

即日融資申し込みランキングへ

即日融資とは?

ここで改めて、「即日融資」について考えてみましょう。
どうしても今日中にまとまったお金が必要!!
このような場合には、即日融資対応のキャッシングやカードローンの利用を考えてみましょう。

 

「融資を受けるには時間が必要」というこれまでの常識を打ち破った「即日融資」の商品が最近は多くなっています。

 

即日融資とは?

「即日融資」とはその名の通り、申し込みを行ったその日に融資を受けるということです。
消費者金融などの民間金融業者だけでなく、最近では大手銀行でも即日融資可能なキャッシングやカードローンが登場しています。

 

申し込みを行い、審査に合格すれば、早ければ1時間もあれば契約から借入まで完了させることができます。急な出費、どうしても今日中にまとまったお金が必要な場面では非常にありがたい存在になるでしょう。

 

即日融資を受ける方法は次の2通りがあります。

 

借入専用カードを発行し、ATMやCDで借入する。

審査に合格すると借入専用カードが発行されます。
カードは有人店舗や無人契約機で受け取ることができ、脇に設置されているATMやCDでそのまま借入を利用することができます。

 

融資金を指定した金融機関の口座に振り込む。

審査に合格すると、あらかじめ指定された銀行などの金融機関の口座に融資金が振り込まれます。振込手数料は通常無料で、早ければ瞬時で振込が完了します。

 

「今日は公共料金の支払い日だったけど銀行に行く時間が無い」といった場面で活躍できるでしょう。

 

即日融資のメリットとは?

即日融資対応のキャッシングやカードローンのメリットは、「お金が必要な時にすぐに借りることができる」という点につきるでしょう。

 

必要書類や契約方法もそれほど複雑ではなく、考える以上に簡単に借入を行うことができます。また基本的に「無担保・無保証」ですので、借入に際し担保や保証人を準備する必要もありません。

 

即日融資の審査は早ければ30分程度で結果が回答されます。

「自分ははたして審査に合格できるのだろうか」
「万が一審査に不合格になったらどうしよう」

このような不安を抱えて数日を過ごすというプレッシャーも除くことができます。
万が一審査に不合格となった場合、すぐに次の手を考えることもできるでしょう。

 

即日融資のデメリットとは?

逆に即日融資のデメリットはどこにあるかというと、実はメリットがそのままデメリットであるといえます。簡単にお金を借りることができるあまり、先々を考えずに借入を利用してしまう危険性があります。

 

特に「返済」についてよく考慮しないで利用するのは非常に危険です。気が付けば借金が膨らんでいてどうしようもない状況に陥るかもしれません。

 

急いでいる状況では「とにかく早く借りなければ!!」という考えが先行してしまうでしょう。しかし返済についてきちんと考えなければ以後の人生に悪影響を及ぼす危険が高くなります。

 

また「金利」などの条件面もよく確認する必要があります。
「とにかく即日融資ならどこでも」というのでは、後から後悔するかもしれません。
多くの金融機関では即日融資対応のキャッシングやカードローンを商品化しています。
金利などの条件面やサービス内容をよく比較して、自分に合った先を選ぶようにしましょう。

 

即日融資申し込みランキングへ

即日融資を来店不要で利用するには?

突然お金が必要になったけど、消費者金融やカード会社に行くのはどうも気が引ける……
このような方も多いのではないでしょうか。

 

最近では即日融資対応のキャッシングやカードローンが増えています。
しかも直接店舗に赴くことなく、申し込みから契約、借入まで完了することができる商品が多くあるのを御存じでしょうか。

 

来店不要で即日融資!!

即日融資のキャッシングやカードローンを、直接店舗に行かないで、つまり「来店不要」で利用する方法は、ずばり「インターネットを利用」することです。

 

21世紀に入ってからの急速なインターネットの普及は、わたしたちの生活スタイルを大きく変化させてきました。キャッシングやカードローンでも同様で、最近ではインターネットを利用した申し込みが主流になっています。

 

自宅に居ながら申し込みから契約、借入まで完了させることができ、多忙な方でも十分キャッシングやカードローンを利用することが可能です。通常24時間365日受付対応していますので、日中忙しい方でもじっくりと申し込みむことができます。

 

ただしその日に融資を受ける「即日融資」を希望する場合には、申し込み時間帯に注意する必要があるでしょう。いくら「即日融資可能」といっても、深夜の時間帯に申し込みを行ってその日に融資、というのは無理があります。

 

最低でも平日の14時、できれば平日の午前中までに申し込みの手続きを完了させておきましょう。土日や祝日でも対応している金融機関もいくつかありますが、それほど多くはありませんので事前に確認しておくとよいでしょう。

 

インターネットで来店不要

では実際にインターネットを利用した即日融資の手続きの流れはどのようになるのでしょうか。「来店不要」を希望する場合には、融資金の受取方法は「振込」となります。

 

インターネットで申し込み

キャッシングやカードローン会社のホームページを通じて申し込みを行います。
各社とも必要項目を入力するだけである程度の借入可能目安を知ることができる「簡易審査」のシステムを備えていますので活用しましょう。

 

本人確認書類や収入証明書類などの必要書類も画像化して送信することで対応できます。

 

審査結果

審査結果はメールなどで回答されます。
早ければ30分程度で結果が送信されるでしょう。
内容に同意することで借入を利用することが可能になります。

 

多くの先は審査内容同意→契約内容同意とみなしていますので、事前に契約内容などを確認しておきましょう。

 

融資金を振込

あらかじめ指定した銀行などの口座に融資金が振り込まれます。
通常は振込手数料は発生せず、早ければ瞬時で振込が完了します。

 

カード・契約書類の発送

借入カードや契約書類などは後日自宅宛に発送されます。
最近では借入カードを発行しない「カードレス」の金融機関も増えています。

 

一般的にはこのような流れになります。
ただ契約方法、カード発送などは各社で異なりますので事前に確認しておくようにしましょう。

 

即日融資申し込みランキングを参考にしてみましょう

即日融資の必要書類について

金融機関でお金を借りるには、必要書類を準備しなければいけません。
手ぶらでお金を借りることができると考える方は少ないでしょう。

 

逆にお金を借りるのに、どのような書類を準備すればいいのか悩まれる方も多いのではないでしょうか。取扱金融機関や希望商品により必要書類は異なっています。確実かつすみやかに必要書類を整えることが、素早い借入には大切なことです。

 

とくに「即日融資」を希望されている方は、緊急性を要するケースも多いのでしょう。
審査をスムーズに進めるためにも、必要書類を確実かつすみやかに整えることが条件となってきます。

 

ただ「即日融資」のキャッシングやカードローンは、その「スピード」が売りです。
そのため申し込み段階で準備する書類もそれほど多く、また複雑なものではありませんので安心しておきましょう。

 

本人確認書類

即日融資のキャッシングやカードローンに限らず、金銭契約には必ず本人確認書類が必要となります。

 

本人以外との契約によるトラブル防止と、審査上確認する属性書類としても本人確認書類は重要な意味をもちます。最近では「個人情報保護法」の観点からも本人確認が厳格に行われるようになっています。

 

一般的な本人確認書類としては「運転免許証」が挙げられます。
その他「健康保険証」「パスポート」などでも代用可能となっています。
外国籍の方は「外国人登録証明証」「永住許可証」などが別途必要となります。

 

注意すべきポイントは、本人確認書類に記載されている「現住所」です。
引越しして間もない場合には、書類上の住所変更の手続きが未了で実際の現住所と異なるケースもあるかもしれません。そのような場合には、現住所を確認できる次のような書類をあわせて提出しなくてはいけません。

 

  • 公共料金の領収書
  • 社会保険の領収書
  • 納税証明書
  • 住民票

 

万が一現住所などの確認が取れない場合、審査結果にも悪影響を与える危険もありますので注意しましょう。

 

即日融資の申し込みを検討するなら大手がおすすめ

 

収入証明書類

審査で重要視される「安定した収入」を確認できる書類です。
自己の収入がどれだけあるかは、申し込み金額などにも大きな影響を与えます。
次のような書類を準備するとともに、正確に自己の収入を把握しておくようにしましょう。

 

給与明細表

勤務先から原則毎月発行されます。
賞与がある方は「賞与明細表」も合わせて準備しましょう。
取扱金融機関によっては「社名印」が無い場合無効とされることもあります。

 

源泉徴収票

通常毎年年末に勤務先から発行されます。
こちらも取扱金融機関によっては「社名印」が無い場合無効とされることもあります。

 

所得証明書・納税証明書

管轄の市町村役場などで発行できます。

 

市民税決定通知書

通常毎年6月頃勤務先を通じて発行されます。

 

確定申告書

個人事業主の方などが必要となる書類です。
取扱金融機関によっては「税務署の受付印」が無い場合無効とされることもあります。

 

これらの収入証明書類の「直近1期分(給与明細表などは直近2ヶ月分)」を求められることになります。ただし審査の過程で2~3期分を提出しなければいけないケースもあります。とくに個人事業主や零細企業に勤めている方は、このような傾向にありますので担当者と念密な相談を行うようにしましょう。

 

その他にも書類が要求されることも!!

即日融資のキャッシングやカードローンで必要とされる書類は、基本的に「本人確認書類」「収入証明書類」の2点です。ただし審査の過程において、これら以外の書類を要求されることもあります。とくに審査基準が厳しい個人事業主や中小企業の経営者などは、業務実態を説明できる書類を別途要求される傾向が強くあります。

 

どのような書類が必要なのかは、取扱金融機関によって異なります。
審査担当者とよく相談するとともに、急いでおられる方ほど要求があればすみやかに提出できる体制を準備しておきましょう。

即日融資を収入証明不要で利用できる?

「即日融資」のキャッシングやカードローンでは「収入証明書類」を準備しなくてはいけません。しかし何らかの事情ですぐに準備できないこともあるでしょう。
例えば次のようなケースが考えられます。

  • 給与明細を紛失してしまった、勤務先に再発行を依頼しても日数がかかる。
  • どうしても役所に行く時間がとれないが、どうしても今日中に借りなければいけない。

 

このようなニーズに応える目的で、最近では「収入証明不要」のキャッシングやカードローンも登場しています。

 

収入証明不要の条件は?

そもそも収入証明書類の徴求は、金融機関にとって法律上定められている義務となっています。次の条件を満たす申し込みを受付した金融機関は、収入証明書類で利用者の年収を確認する義務が設けられています。
  • 新規申し込み金額が50万円を越える場合
  • 新規申し込み金額と他社の合計借入金額が100万円を越える場合

 

これは「改正貸金業法」における「総量規制」の制度で定められている条件です。
逆にいえばこの条件を満たさない場合には、「法律上」は収入証明書類を徴求する義務は無い、ということになります。

 

そのため多くの金融機関では顧客の利便性を考慮して「○○円以下の申し込みで収入証明書類提出不要!!」という宣伝を掲げています。もちろん利用者にとってありがたいサービスであることはいうまでもありません。

 

銀行融資はさらにハードルが低い!!

銀行カードローンなどは、さらに収入証明書類不要とする申し込み金額のハードルが低い先も多くなっています。そもそも銀行カードローンは「総量規制」の対象とはなりません。そのため法律上収入証明書類を徴求する義務はないのです。

 

もちろん無条件に提出不要とすることはできませんが、「総量規制対象」の金融機関よりも高額の申し込みでも提出不要となっている銀行が多くある点は魅力の一つといえるでしょう。中には「500万円程度」の申し込みでも不要としている先があるのは驚きです。

 

条件を満たしていても必要となるケースも!!

ただし申し込み金額が提出不要の条件を満たしている場合でも、審査の過程で収入証明書類が要求されることもあります。審査上何らかの問題点が生じた場合には、やはりきちんとした書類で確認する必要があるのです。

 

利用者によって異なりますので、どのような状況なのかを一概に説明することはできません。しかし誰にでも起こりうることですので注意が必要でしょう。

 

万が一提出に時間がかかってしまうと、借入需要に間に合わないかもしれません。
いざという場合に慌てないように、できれば申し込み金額に関わらず事前に準備したうえで審査に臨むようにしましょう。

 

収入証明書不要で即日融資をお探しなら

即日融資を銀行で利用するには?

「銀行で融資を受けるのは時間がかかる」多くの方がこのように考えているのではないでしょうか。最近では大手銀行を中心に「即日融資」対応のキャッシングやカードローンが登場しています。

 

申し込みを行ったその日に融資を受けることが、普段利用している銀行でも可能かもしれません。

 

銀行で即日融資が可能になった背景は?

銀行で即日融資が可能になった背景には「消費者金融」の台頭が一因といわれています。
これまで銀行では申し込み者の返済能力などの判断に時間を要し、早くて1週間、長ければ1ヶ月程度も日数がかかるのが当たり前の状況でした。

 

しかし消費者金融が個人ローンの分野で台頭してきたことで状況が変化します。
大手消費者金融を中心に審査業務システムの構築が進み、必要項目を入力するだけで瞬時に審査結果の目安が判断されるような状態となりました。

 

個人向け無担保ローンの分野では消費者金融は銀行をしのぐ審査能力を備えるようになったのです。

 

大手消費者金融の審査システムの仕組みは、銀行個人ローンでも活用されるようになります。多様化する金融情勢に対応するため、消費者金融と銀行の間で教務提携の流れが加速し、審査を含む情報共有のシステムが構築されていくようになりました。

 

銀行個人向けローンでも消費者金融の審査システムが導入され、銀行でも素早い審査対応が可能になったのです。

 

銀行ローンの最大のメリットは「金利」

銀行ローンを利用するうえでのメリットはいくつか挙げることができます。
その中でも「金利の低さ」は一番魅力ある項目といえるでしょう。

 

キャッシングやカードローンの金利は利用者により異なり、また取扱先によっても差がありますので一概に比較することはできません。しかし全体的に比較すると、やはり一般金融機関に比較すると銀行では一段階低い金利の商品が多くなっています。

 

銀行では顧客から「預金」を預かり、そのお金を「貸金」として運用しています。
一般の金融業者は自社利益の中から貸金原資を提供しなければいけません。その点、銀行は豊富な資金力を備えていることから、貸金の金利も低く設定することが可能なのです。

 

最近では「ネット銀行」のカードローンが低金利で人気を集めています。
ネット銀行は基本的に有人店舗を保有しません。人件費や店舗管理費を削減できる分、低金利に還元することが可能になっています。

 

審査基準が厳しい点がデメリット

銀行カードローンは金利が低い分、審査基準が厳しい傾向にあります。
銀行は顧客の大切なお金を運用している以上、審査基準を厳しくし、少しでも回収不能になるリスクを抑える必要があります。

 

また長年不良債権問題に苦しめられてきた同じ過ちを繰り返すわけにもいきませんので、各行とも厳しい審査基準で対応しています。

 

銀行ローンはいわゆる「総量規制」の対象外です。
借入金額は「年収の3分の1」という制限は法律上受けません。
ただし審査基準が厳しい傾向にある以上、「年収の3分の1」を越えるレベルの借入は厳しいといえるでしょう。

 

ただし銀行が決して「借りにくい」というわけではありません。
返済能力その他に問題なければ、むしろ積極的に貸出に応じてくれます。
厳しい審査を合格できるということは、それだけ安心して借入を利用することができるという意味もあるのではないでしょうか。

 

 

即日融資を消費者金融で利用するには?おすすめはどこ?

「即日融資」を希望する場合、申し込み金融機関とて第一候補に挙げられるのが「消費者金融」です。街中の支店や無人契約機、インターネットなどから簡単に申し込み手続きを進めることができる消費者金融のほとんどが「即日融資」に対応しています。

 

最近ではゴールデンタイムにも有名タレントを起用した独特のCMが放映されるなど、すっかりわたしたちの身近な存在になっています。

 

消費者金融の最大のメリットは「スピード」

消費者金融を利用する場合の最大のメリットは、まさにその「スピード」にあります。
申し込みを行ったその日に融資を受ける「即日融資」はもはや当たり前、早ければ1時間程度で契約から借入まで完了させることができます。

 

  • 「どうしても早急にまとまったお金を借りなければいけない」
  • 「できるだけ早く借入したい」

 

必要書類・申し込み手続きなどもそれほど複雑ではなく、手軽に利用できる消費者金融を利用する機会は生活上の様々な場面で登場するといえるでしょう。

 

  • 「はたして自分は審査に合格できるのだろうか」
  • 「万が一審査に不合格となったらどうしよう」

審査スピードが早い分、このような不安を抱える時間も短く、万が一不合格となった場合でもすみやかに次の手段を考えることができます。

 

審査基準が緩め

消費者金融のもうひとつのメリットは「審査基準が緩め」という点です。
銀行などに比較すると借りやすい審査基準といえるでしょう。

 

とくに銀行などでは敬遠されがちな「複数の借入を利用されている方」でも柔軟に対応する先が多くなっています。2~3社程度であれば十分審査に合格することもできるでしょう。

 

ただし審査に合格できるかは、あくまで返済能力に問題無いことが大前提です。収入、その他の属性、個人信用情報などの審査項目を総合的に判断し、返済に問題ないと判断されなければ審査には合格することはできません。

 

また消費者金融は「総量規制」の対象です。
「年収の3分の1以上」の借入(新規申し込みだけでなく他社の借入も含みます)は利用できませんので注意が必要でしょう。

 

金利は高め

消費者金融の金利は銀行などに比較するとやや高めの水準となっています。審査基準がゆるやかな分、そのリスクを金利でカバーする必要があるためです。

 

適用される金利は利用者により異なりますので一概に比較することはできませんが、全体的にみて数%高い金利は否めないでしょう。

 

ただし消費者金融の利用実績を積んでいき、信用力を高めることで適用金利の引き下げが可能なケースもあります。消費者金融側で信用力の高い利用者と判断されると、借入限度額の引き上げとともに適用金利の引き下げが提案されることもあります。

 

それでもやはり消費者金融の利用の場合には、「スピード>金利」という条件が当てはまると考えておきましょう。自分のおかれた状況から最適な借入方法を選ぶようにしましょう。

 

即日融資申し込みランキングへ

即日融資を無利息で利用するには?

「どうしても早く借りたい!!」
このようなときには「早く借りることのできる先」という条件に思考が働き、他の条件を考える余裕が無いかもしれません。しかしお金を借りる場合には、様々な条件を把握して比較することが大切です。

 

とくに「金利」の条件は重要な意味を持ちます。
なるべく低金利で借りることが、借入以後の返済負担を減らすことにつながるためです。
なかでも消費者金融などが提供している「無利息サービス」は、ぜひとも比較対象としたい条件といえるでしょう。

 

しかもそのほとんどが「即日融資」に対応していますので、素早い借入も可能であることを考える余裕を持ちたいものです。

 

無利息サービスの条件

文字通り「金利0=無利息」で借入できるサービスは、多くの消費者金融などで提供されています。ただし無条件に無利息で借りることができるわけではありません。無利息サービスのほとんどは「初回利用者」という条件が付与されています。

 

キャッシングやカードローンで借入を行う利用者は、同じ商品をなんども利用する傾向にあります。一度審査にさえ合格できれば何度でも借入することができるので、返済が済んだ後でも資金需要のときには最初利用したキャッシングやカードローンを利用する傾向があります。そのため初回利用を「無利息」で提供することで顧客の獲得につなげようというわけです。

 

無利息の期間は取扱先により異なります。
1週間、1ヶ月、180日などの無利息期間が商品により決められています。
自分の都合を考え無利息期間内に返済できる商品を選ぶようにしましょう。

 

無利息期間には注意

当然無利息期間が経過すると、通常の金利で計算される利息を支払わなくてはいけません。しかも通常は「無利息期間=返済期間」となっていますので、経過とともに「延滞利息」を支払う必要があります。

 

「延滞利息」の金利は通常金利よりもはるかに高く、一般的には法律の上限金利である「20.0%」での契約となります。わずかな遅れでも大きな負担となりますので注意しましょう。

 

また「いつから無利息期間が計算されるのか」という条件にも注意しておきましょう。
「借入開始から」もしくは「契約開始から」の2通りが取扱先や商品により決められています。後者の場合には、たとえ実際に借入を利用しなくても契約と同時に無利息期間が始まってしまうことを覚えておきましょう。

 

ブラックという言葉にはもっと注意

  • 「即日融資、激甘審査!!」
  • 「ブラックでも即OK!!」
  • 「誰でも低金利でお貸しします!!」

 

このような宣伝を掲げている金融業者が存在しています。
街中のチラシだけでなくインターネット広告などにも大々的に宣伝しています。

 

「どうしても借りたい」という方には魅力的な内容で、即飛びついてしまうかもしれません。しかしこのような金融業者には要注意です。

 

「貸します詐欺」の内容

このような一見魅力的な宣伝を掲げている金融業者は、いわゆる「闇金」と呼ばれる存在です。甘い勧誘でお金をだまし取る「貸します詐欺」の特徴といえるでしょう。

 

すぐにお金が必要な方が、このような好条件に飛びつくと、次のような話が行われます。
「借りるには保証人が必要ですが、適当な方がいなければ保証金を払えば大丈夫ですよ」
そして大変な思いをして保証金を集めて送金したとたんに、相手と連絡が取れなくなってしまいます。融資を受けるどころか保証金を騙し取られるという結果に陥るのです。

 

このような金融業者の中には大手消費者金融業者に似せた名称やロゴマークを使用している先も多くあります。安心して申し込みんだとたんに多額の保証金を騙し取る「闇金」の常套手段といえるでしょう。

 

すこし冷静に考えると「ちょっと変だな……」と気づくのですが、どうしても早急にお金を借りたいという方はこのような詐欺に陥りやすい状況であるといえるでしょう。
このような消費者心理を巧みについてきますので注意が必要です。

 

一度「闇金」に手を出してしまうと、2度3度と勧誘が続きます。
しつこい程に電話やDMの勧誘が行われ、以後の人生にも悪影響を与える危険がありますので注意しましょう。

 

「ブラックOK!!」の業者も確かに存在している!!

「ブラック」とは、過去に金融事故を起こしている方の総称です。
過去に長期の延滞(概ね3ヶ月以上)や自己破産、民事再生などの債務整理を行った方は、「個人信用情報」に「事故情報」としての情報が記録されています。

 

「事故情報」は通常5年~10年間は保存されますので、その期間はキャッシングやカードローンの利用が難しくなります。

 

ただし「ブラック」だからといって「貸出をしてはいけない」という法律の規定は存在しません。実際に過去に金融事故を引き起こした方でも銀行や消費者金融が利用できた方もおられます。しかしあくまで会社側と念密な交渉を行った結果であり、やはり「ブラック」での利用は基本的に難しいと考えておくべきです。

 

街中の金融業者の中にも「ブラックOK」と宣伝している業者が存在しています。
しかしブラックの方が、すんなり借入を利用することが難しい以上、このような金融業者も「闇金」である可能性が高いとみなすことができるでしょう。